公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

商工会議を設立しましょう!(1)ユウティーシアside

 私は自分の部屋から出て階段への廊下を歩いて1階へ続く階段を下りていく。
 するとそこは、修羅場だった。
 パニックに陥ったブラウニーさん達が飛びまわっており、レイルさんや部下の兵士さん達もどうしたらいいか分からずにアタフタしている。

 私が下りて1階に姿を現すとブラウニーさん達が一斉に私の方へ飛んできて抱きついてくる。ブラウニーさん達の大きさは5センチくらいだから40匹? 40妖精? 40人? くらいに抱き着かれても問題ないけど、顔に貼りつかれるのは困ったりする。

「ユウティーシア公爵令嬢。それは一体……」

 妖精さん達が私に抱き着いて安心しているのを見たレイルさんが話しかけてくる。
 さて、なんて答えたらいいものか。

「えーと……彼らは妖精さんです」

 私の言葉に兵士やレイルさんの間で動揺が広がっていく。
 何で、動揺しているのか分からない。
 私は首を傾げて、ハテナマークを頭の中で浮かべていると。

「ユ、ユウティーシア公爵令嬢は、妖精と話せると言うのか? 姿が見えるというのか?」
「え? レイルさん達だって見えていますよね?」
「あ! ……そ、そうだな……」

 まったく、私がおかしいような言い方をされても困ってしまいます。
 私は抱きついてきたブラウに―さん達をあやすように。

「皆さん、お家内の清掃と片付けと補修をお願いしますね。終わったら、あとで魔力をあげますからね」
「「「「はーい」」」」

 私の言葉に、40匹近い妖精さん達が兵士さん達を無視してお仕事に取り掛かる。
 そんな私の様子にレイルさんや兵士さんが呆けた顔をして見ているけど――。

「えっと……レイルさん?」
「――! ……なんだ?」

「市場を管理していた有力者が居なくなったのでしたら、その後釜に座られた方がいると思いますので、その方に話しを通して頂けますか? 大至急、1時間以内と言う事で」
「何をするつもり……なのだ?」

 レイルさんが私に問いかけてくるけど……ここは正直に説明をした方がいいかも知れませんね。
 でも、あまり期待を持たせるにもあれですから……。
 当たり障りの無い感じの言葉が丁度良いでしょうか?

「町を経営されていた有力者の方が居なくなると言う事は、他の町や村とのパイプが無くなった可能性もあります。そうすると経済停滞起こり市場経済がダメージを受けて商店が倒産する可能性があります。商店が倒産すれば、働き口が無くなって路頭に迷う人だけではなく犯罪発生率も増えますし……」

 何よりも力の無い子供達に皺寄せが言ってしまいます。
 それに……海洋国家ルグニカでは奴隷制度が推進されていると小さい頃に習った。
 人が人を奴隷として扱う。
 それは派遣制度も同じような物ですが、この世界は給金すら払ってないし、ローマ帝国時期みたいにお金を稼いで自分の身分を買い戻すような奴隷制度ですらない。

 だから、本当の奴隷制度。

 そんなの私は認められない。
 だって、その行きつく先は破滅なのだから。
 必ず憎しみの連鎖が生まれそれが引き継がれ身分の差を生みだす。
 でも、目の前の兵士さん達やレイルさんに言っても、理解されないと思う。
 何故なら、それは地球の知識を知っているから理解できる事だから。

「だが……すぐには無理だぞ?」
「すぐにしてください。もし、逃げたりされるようでしたら捕まえて連れてきてください。これはお願いではなく、命令です。貴方達は忘れかけているようですが、この町は私の気分一つで灰燼へとすることも可能なんです。ですからすぐに行動してください」

 私の言葉に兵士さん達が溜息をつくと宿屋1階のホールから出ていく。
 レイルさんは私を一瞬見た後、何も言わずに宿屋から出て行った。
 私は椅子に座るとテーブルの上にうつ伏せになる。

「疲れました……」
「御主人さま! お水どうぞ!」

 ブラウニーさんが木のコップに水を持ってきてくれたみたい。
 私はお水を受け取り口に含むと、それはお水ではなくアルコールだった。
 蒸せてしまい、何度か咳をしてから、木のコップを渡してきたブラウニーさんの方へ視線を向けると。

「ティアさん、一体何が起きているんだい?」

 そこには、意識を取り戻したフェリスさんが両手を腰に宛てて仁王立ちして私を見降ろしてきていた。




「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く