公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

魔法で治療を施しましょう(前編)

 私の宣言を聞いた兵士達の顔色が変わる。
 レイルさんも私を見て驚いた表情を見せた後に思案顔をして――。

「私は、リースノット王国で魔道の研究を行っていたものです。少し調べて頂ければ、私がお城を破壊した事が分かるはずです」

 私は一度、話すことを止めて当たりを見渡す。
 遠巻きに見ていた住民は、私が何を言っているのかと! 何を話しているのかとご理解されてはいない様子。

「今回、総督府スメラギがリースノット王国から要請で私を探していたようですが――」

 私は西方に見える山を見てから、ファイアーランスを作りだして打ちだす。
 放たれたファイアーランスは、山の山頂部分に着弾すると、巨大な爆発を巻き起こし轟音と爆風が遅れてミトンの町まで吹きつけてくる。

「このように、この国の軍隊程度では私をどうにかする事はできません。一応、お伝えしておきますが逆らっても私に攻撃してきても構いませんが、その時は――同じ攻撃魔法がミトンの町を対象にする事をお忘れなきよう……」
「い、一体……君は何が目的なんだ?」

 レイルさんが兵士を代表して私に話しかけてくる。
 目的……何がいいでしょうか。
 一応は、男性と結婚したくないからリースノット王国を出てきたのですけど。
 それを言ったらいけない気がしますし。

「レイルさん。貴方程度の方の質問に答える必要が有用性が価値があるとは私には到底思えないのですが? ――それと、今後ですがしばらく町に逗留することもあり、私もただではとは言いません。こう見えても貴族の端くれですからね。そうですね……怪我人・病人の方がいらっしゃたら宿屋まで訪ねてきてくだされば治療致しましょう。治療費はもちろん頂きますが、御代は一律ではありませんので私の気分で決めさせて頂きます」

 私はレイルさんへ視線を向ける。

「それではレイルさん、町の怪我人と病人の方を宿屋まで連れてきてきてくれださい。これは命令ですから断る事は許しません」

 レイルさんは、眉元を顰めながらしぶしぶ頷いてくれた。

「それでは皆様ご機嫌よう」

 私は踵を返し宿屋の中に入ると扉を閉めてから扉にもたれかかる。
 粗ばかりある演説、でも――魔法で山の一角を消し飛ばし見せつけた衝撃は大きいはず。
 リースノット王城を吹き飛ばした事実だって少し調べればわかると思う。
 逆らうようなら町も魔法で攻撃すると言った言葉は、彼らに重くのしかかり正常な判断を狂わせる。

 そして、人は自分の信じたい事、見たい物しか見る事をしかしない。

 彼らの中では、私のことは倒さないといけない相手と同時に、ミトンの町を人質にとっている魔法師として認識されてるはず。
 それに、私が回復魔法で兵士を回復して、また殴って回復してお金を財布からもらっていた事実もあるから私は悪い人というイメージが兵士達に浸透するのも、人伝で拡散するのもすぐでしょう。

 そして拡散したなら、もしかしたらリースノット王国にいるお父様とお母様にも私の話は伝われるかもしれない。
 その時に、町の方々を人質にとって暮らしてると知られたら幻滅されてしまうと思う。

 でも……これは仕方ない事。
 誰も悪くない。
 悪いのは私だけだと思わせておけば何とでもなる。
 それにどうせ、総督府スメラギとは敵対関係だから。



 しばらく考えていると、外がずいぶん騒がしいような気する。
 この町の住人でない兵士さん達が、町から出ていくらしい。
 止める必要もないし、下手に引きとめたら問題になりそう。

「課題は山積みですね。とりあえず治療が終わりましたら町の有力者とあってみましょう」


「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く