公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

罪の償い(後編)

 レイルさんは私の言葉に動揺したそぶりを見せる。
 そこで私は、自分が犯した過ちにきがついた。

 そうでした。
 私は、また同じミスを犯すところでした。

「レイルさん、ミトンの町にいる兵士の方は……ここにいる方で全部ですか?」
「いや……北と東に南門にも兵士はいるはずだが……」

 私はレイルさんの言葉を聞きながら頭の中でシナリオを組んでいく。
 そして――。

「そうですか。それでは、この町出身の方ではない人を選んで最小限の人員を門に配置してください。そして残った兵士の方、全員を宿屋の前に集めて頂けますか?」
「――何をするつもりなんだ?」
「説明はのちほど致します。それとこれはお願いではなく命令です。もし承諾して頂けないようでしたら、廊下にいらっしゃる兵士の方がどうなるか……」

 私が、先ほど一人の兵士の足を消し飛ばしたのを見ていた兵士達は顔を青くするとレイルさんの方へ視線を向けている。

「い、いったい何を?」
「レイル隊長……この女は魔法でカルキの足を一度、消し炭にしたんです!」
「な……なんだと?」

 動揺したレイルさんに私は頬笑みながら言葉を語りかける。

「私が説明しようとしたのに、おしかったです」

 私は少しだけ残念そうなそぶりをレイルさんに見せた。
 すると彼は嫌悪感を含んだ表情を見せてきてくれた。

 よかった。
 レイルさんとは移動中に話をしていたから少し仲良くなっていたから。

 嫌悪感を抱いてくれるなら、それが一番いい。
 下手に詮索されてボロがでると困るし、彼が苦悩するのは見たくない。

「早くしてくださいね? 私は気が長いほうではありませんので……」

 私は廊下に佇んでいる兵士さんが逃げられないように無数のファイアーランスを生み出し空中に待機させる。
 それを見たレイルが顔色を変えて宿屋の1階へと降りていった後に扉の開閉の音が聞こえてきた。
 私は、心の中で溜息をついて、ファイアーランスを消す。

「それでは、貴方達は宿屋の前に移動しておいてください。それと、この町の出身の方はいらっしゃいますか?」

 私の言葉に30人中18人が手を上げてきてくれた。
 思ったより多い。
 これなら十分な牽制が出来ると思う。

「それでは、貴方達にお伝えする事は、ミトンの町中にいらっしゃる兵士の方を宿屋の前まで連れてきてもらえますか?」
「ど、どうして……この町の出身者だけを選んで?」

 当然の疑問を私に彼は投げかけてきた。
 よかった。
 お伝えする手間が省けます。

「だって、貴方達は――この町の出身の方なのでしょう? それなら町にファイアーランスが落ちてきて大切な方、知り合いの方が傷つくのは心苦しいですよね?」

 私の言葉に彼らは一斉に顔色を変える。
 そう、簡単に言うなれば力で人を町を人質にして脅迫して利用しようとしているのだ。

「き、きさま!」
「私としては、私が原因で怪我をされた方を見るだけです。それは私の過失であり、それは私の矜持であるからこそ手当をするだけです。ですが、貴方達は私と敵対していました。そんな方々にお手伝いを頼むなんて信頼できません。……ですから、わかりますわよね?」
「わ、わかった……だから町には手を出さないように」

 私は途中まで言葉を言いかけた彼に対して頬笑みかける。

「お約束しましょう。私は、あなた達のように命令を受ければ何でもする誰かを傷つけて平然としてられるほど常識の無い人間ではありませんから。実行に移すときは、自分で自分の責任を持って実行致しますから、では早く移動して頂けますか? 時間は有限ですから……早くしてくださいね?」

 私は、宿屋の階下を指差しながら彼らに告げる。
 彼らは互いに頷くと階段を降りていく。
 そして扉が開いて閉じる音――ベルが鳴り、気配が宿の中から消えると私は、その場に座りこんだ。

「大丈夫……私は大丈夫……」

 ずっと人に嫌われるのが怖くて、いい子ぶってきた。
 でも結果が、今回の誰かが傷つく事。
 そう、最初から私は自分が大事で自分の事しか考えてなくて、その言い訳で色々な知識をリースノット王国で広めてきただけに過ぎなかった。

 私は震える指先を抑えながら立ち上がる。
 そう、きちんと言わないと行けない。

 私が彼らを脅して利用していると言う事を大勢の人がいる前できちんと宣言して命令を下さないと、彼らは、国から裏切り者扱いされてしまう。
 そしたら、きっとたくさんの人が不幸になる。

 私が犯した過ちが発端になっているなら、その過ちは私が全部、背負わないといけない。
 気持ちを切り替えましょう。

 私は宿屋の階段を降りていき、外へ通じる扉を開ける。
 すると100人近い兵士さんの方が集まっていた。
 そしてその兵士達さんを、何事かと多くのミトンの町に住んでる住民の方が遠巻きに見てきている。

「たくさんいますね……」

 私は宿屋から出ると胸の上から心臓の位置に手を当てて一度、深呼吸する。
 そして――。

「私の名前は、ユウティーシア・フォン・シュトロハイム! 世界最高の大魔法師です! 今日からこのミトンの町は私の支配下に置かれる事となります。 スメラギ総督府が私を探していたのは私が、国家に反逆している者だからです!」

 もう後戻りはできない舞台上の芝居を始めましょう。



「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く