公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

ATM発見です!

 さてと……そろそろいいか――。
 俺は、ティアとアレクの姿が見えなくなった所で、膝をついた。
 やはり、一度に大量の魔力を使った影響からなのか体が上手く動かない。
 それにしても、上手くいったと思う。

 体細胞クローンの増殖は、地球の知識を持つ俺だからこそできる肉体再生を応用した魔法に過ぎない。
 髪の毛を構成した細胞を無理矢理魔力に物を言わせて強制的に増殖分裂させてティアの体を作り、そこに俺の意識が押さえられている間に見たアウラストウルスが俺の体から出て行く時に見たスクリプトを無理矢理転写することで魔力量に物を言わせて発動。

 一か八かの賭けと言う事もあり、ティアに伝える事はできなかったが、精神の移動をすることは出来た。

「お腹すいた……」

 ここ数日間まったくと言って良いほど、ティアは何も食べていないらしい。
 結婚資金の金貨100枚が入った袋も格好つけて全額、アレクとティアに返したこともあり今の俺は文無しだ。

 マジでどうしよう……。
 とりあえず、考えられることは――。
 俺が雲隠れなんてしたら、アレクに容疑が掛っている可能性がある以上、アレクとティアに兵士が向かう可能性がある。
 つまり、俺は隠れて行動する事は許されない。
 ならせいぜい派手に行動するしかない。

 まったく……総督府スメラギだったか? ずいぶんと面白い事をしてくれるじゃないか。
 俺はやられたら100倍にしてやり返す流儀だぞ?

 それにしてもお腹すいたな……。
 やっぱり魔力を使うと回復のために膨大なカロリーが必要になるのかもしれない。
 俺は、少しだけ回復した魔力で【身体強化】の魔法を発動。
 立ち上がるとミトンの町へと向かう。
 しばらく歩いていると20人ほどの騎馬兵団が向かってくるのが分かる。
 そいつらは俺の前で止まると。

「ユウティーシア・フォン・シュトロハイム公爵令嬢だな! 大人しくついてぶけらあああ」
「あ……」

 つい、お腹過ぎすぎてイラついて殴ってしまった。

「すまない。ところで何だっけか?」

 俺は男達の方へ視線を向ける。
 それと同時に、俺が殴って空中で回転していた男が地面の上に落ちて痙攣している。
 ふむ、死んではいないようだ。
 問題は、四肢が曲がったらいけない方向に曲がっているくらいだが、あとで直してやれば何とかなるだろう。

「い、いくら他国の大貴族の令嬢だとしても逆らうならば実力行使で!」

 男達は一斉にブロードソードを抜いて俺に向けてくる。
 あーやっぱり……。

「お前らみたいな奴らの方が気が楽だわ」

 俺は【身体強化】の魔法の精度を一気に引き上げると地面を踏みこんで男達の懐に飛び込む。

「なっ!?」

 信じられない者を見るような目で兵士は俺を見ている。
 俺はその顔向けて上段蹴りを繰り出す。
 兵士はとっさにブロードソードの刃の部分で防御しようとするが、そのことに兵士は気が付き顔を青くしている。
 いくら、抵抗したからと言って他国の大貴族の令嬢の足を斬り落とした日には一平卒の首など物理的に飛んでしまう。
 ただ、俺の【身体強化】の魔法は普通ではない。
 兵士がガードしようとした刃の部分を、俺の蹴りが粉砕した後、刀身も粉々に破壊したあと兵士のヘルメットを破壊した後、兵士は空中で3回転した後に地面に倒れ込む。

 誰もが――俺以外の兵士の全員が唾を飲み込む音が聞こえてきた。
 さて……少しだけ戦闘モードに切り替えるとするか。



 ――10分後。

「本当に金ないんだろうな?」
「は、はい!」

 まったくしみったれやがるな。
 全員で金貨20枚と銀貨7枚か……。
 さて、とりあえず話し方を公爵令嬢ぽく戻さないとな。

「えっと、本当にもう手持ちはないんですか? 隠していたらまた空中をアクロバットした後に回復をするコースが待っていますけど隠していませんよね?」

 私の言葉に、兵士の皆さんは素直に頷いてくれる。
 彼らを殴って治療魔法で回復してまた殴って回復をしていたら、いつの間にか素直にお話を聞いてくれて治療費まで多めにくださるとても良い人になっていました。

「はい! もうありません!」

 私の回復魔法には、きっと人の気持ちを浄化する力があるかもしれません。
 それにしても20人で寄付して頂いたお金が金貨20枚に銀貨7枚は少しばかり少ないですね。
 でもよく考えたら、私が町で存在感を示すとATMさんが勝っ手にやってきてくれる訳で……そう考えるととても効率的ですね!
 えーと地図地図と……。

<a href="//655400.mitemin.net/i227973/" target="_blank"><img src="//655400.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i227973/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>

「さあ兵士Aさん! まずは総督府スメラギに向かう前にミトンの町まで馬に私を乗せて連れていってください!」
「イエッサー!」 

 さあ、ミトンの町にまずは向かうとしましょうか!



「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く