公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

宿とお風呂は大事です!

「ティア・フラットにアレクかで間違いはないな?」

 私とアレクは、ミトンの町に到着した後、門番の方に身分証を渡していた。
 門番の方は私をジッと見たまま首を傾げて何か考えた後に身分証を差し出してきたので、私はアレクの分を含めた2人分を受け取る。

「それでは失礼いたします」

 通行を許可されたアレクの後を追って私は、町の中に足を踏み入れた。
 町の中の路地や道は石が綺麗に並べており高さが揃えられている。
 おかげでアレクが荷車を引いていても大きな音が出ない。

「アレク! これ!」

 私は小走りに走ってアレクに追いつくと、アレクに身分証を差し出す。

「町を出る時にも身分証を見せないといけないからな。ティアがもっていてくれ」
「うん!」

 私は、アレクの言葉に頷きながら自分で作った布のポーチの中に2人分の身分証を入れる。
そして、まだ足が痛い事もあり走り出した荷車の上に腰かける。

「ねえ? アレク……少し市場を見ていかない?」
「いいが、もう日が暮れるぞ?」

 本当は市場の相場を確認しておきたかったけど、無理を言ってアレクを困らせたらアレだし、やっぱり足首も痛い。市場を回ると悪化する可能性もあるから無理もできないから今日は大人しく明日のためにも宿に向かった方がいいよね。

「う、うん……宿に向かいしょう」

 私の言葉にアレクは頷いて荷車を引くと、アレクのお母さんのエイダさんに紹介された【銀の鈴】という宿にの敷地に荷車を置くと、売り物の上に防水効果のある魔物の皮を被せると紐で縛って固定していた。
 さすがに見てるだけだと、アレクに迷惑が掛ってしまう。
 私は立ち上がり歩こうとした所でバランスを崩してその場で尻持ちをついてしまう。
 そんな私に気がついたアレクはすぐに走って近づいてくる。

「大丈夫か?」

 アレクはすごく心配そうに私に声をかけてくるけど。
 少し動かしただけですごく足が痛い。
 でも、エイリカ村を出てから、ずっとアレクに迷惑をかけてばかりだから少しでもがんばらないといけないから……。

「あっ!?」

 無理に立ち上がろうとして転びかけた私の体を、アレクの力強い腕が抱き締めてきた。
 ずっと荷車を引いて来たからなのか、汗で湿った男性の匂いがしてドキドキしてくる。
 これ以上、密着していたら変な気持になってしまう。

「まって!」

 私はアレクの腕を解こうとしたけど力が入らない。
 あーもう。一体、どういう事なの……?
 そしてアレクの顔が近づいてきた所で、私は目を閉じる。
 そして、もう少しでキスと言ったところで、「あんたらうちの店の庭で何をしているんだい!」と、言う声で私は我に返った。
 でも、足が痛いからアレクから離れたくないし。

「すまない。母からここの宿を紹介されたんだが?」
「母? 名前は何て言うんだい?」
「エイダって言うんだが?」

 アレクが、お母さんの名前エイダと名乗った途端、女性は顔を和らげて私達を見てきた。

「私の名前は、フェリス。なるほどね……あの子供だったアレクがこんなに成長して、しかも、こんな綺麗な子を嫁にもらうとはね」
「俺の母親の事を知っているのか? それより俺は、フェリスに会った事が?」
「もちろんだとも……それよりも……」

 フェリスが私を見てきて意味深な言葉を言ってくる。
 何か、気にいらない!
 アレクが他の女性と話しているのを見るとイライラしてくる。

「なんですか?」

 私はフェリスさんを見ながら、私に何かようなのかとそれだけ聞く。

「いいや。なんでもないさ。それよりも家に泊まっていくんだろう? 夫婦……でも無いのかな? まぁ部屋は一つしかないが、ベッドは大きいから2人で寝られるだろうよ。ついてきな」

 アレクは私を抱き上げるとフェリスさんの後についていく。
 宿の中は結構大目に廊下が作られている事もあり、お姫様抱っこされている私を連れていても楽々と通れるくらいの幅がある。
 部屋は2階の角部屋。

「それじゃ、ごゆっくり!」

 フェリスが部屋から出ていくのを見て――。

「あ、あのお風呂に入りたいんですけど?」

 ――とっさにお風呂の事を口に出していた。
 そんな私の言葉を聞いたフェリスさんは、「そうだね。男性と一緒に寝る前にお風呂に入っておきたいものね」と、私に言ってくる。

「そんなんじゃありませんから!」

 フェリスさんは、どう見ても私の事で遊んでる感じがする、


「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く