公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

ファーストキス!?

 新居建築の様子を見にいった翌日。
 私とアレクは、2人の新居で使うための諸々の物を購入する為に、ミトンという名前の町に向かうため用意をしていた。
 木材で組まれた荷車? みたいな物を私は見ながら首を傾げる。

「アレク、これってどのくらいまで荷物が積めるんですか?」
「ん? そうだな……大人3人から4人ぐらいまでの荷物なら積めるはずだぞ?」
「そうなんですか」

 私はアレクの言葉を聞きながら、内職して作ったカバンや帽子を乗せていく。
 素材は枝や蔓などを利用している事からとても重さは軽いけど、それなりの量になるとやはりそれなりに重くなるわけで。
 たぶん10キログラムくらいある。

「これが売れたら、私達の生活に役立つ物を購入しましょう!」
「それはいいんだが、ティアは売る方法を考えているのか?」
「はい! 完璧な作戦を考えています!」

 私はアレクの言葉に返事をしながら、最後の帽子を荷車の上に置く。
 あとは……っと。

「これも必要ですね!」

 私は、魚を干す時に使っている麻で編まれた敷物を手に取ると丸めていく。
 丸められた敷物は2メートル近くあって私の身長よりもはるかに長い。
 私は、敷物を荷車の上に置くとアレクのお母さんから借りた白色のワンピースについた埃をはたいて落とすと。

「用意ができたのか?」

 アレクが実家であるエイダさんの家から出てくると話しかけてきた。
 私とアレクは、新居が出来ていたと言っても、まだ新居には暮らしてはいない。
 なぜなら、暮らしていく上で必要なフライパンなどを作ってくれる鍛冶屋などがエイリカ村には存在しないから。
 だから、町に言って生活用品を買わないといけない。
 生活用品を購入して、生活が出来るようになってから新居に移る形になって、安定してから結婚式を上げることになっている。

「はい! できました!」

 私の返事を聞いたアレクは頷くと私に近づいてきて抱きよせてきた。
 唐突の事で私は――。

「あ、あ、アレク!? 一体なにを!?」
「落ち着け、村長の息子エモルトと取り巻きの連中が俺達を見ている。ティアが俺とあまり関わらないようにしているから、もしかしたら俺達の偽装結婚と言ったか? それを疑っているのかも知れない」

 疑っているって……そんな事を言われても困ってしまう。
 だって、関わりにならないって言っても私には男女がどういう感じで関わっていくのか今一、理解できないのだから仕方無いのに。

「えっと……どうしましょうか?」
「そうだな、とりあえずは、その話し方はやめたほうがいい」
「はい。それでアレク、どうするの?」

 うう……違和感がハンパない。
 でも仕方が無いと身から出た錆だと自分自身に言い聞かせる。

「あとはそうだな――顔を上げてくれないか?」
「顔を?」

 私は疑問に思いながらも、顔を上げる。
 先ほどまでは胸板しか見えなかったのに、アレクの顔が見えてきて彼と視線が絡まった。

「ティア、すまないな」
「え?」

 気がついた時には、私はアレクにキスをされていた。
 突然の事にパニックになる私は思わず口を開けてしまう。
 すると口内にアレクの舌が入ってきて私の口の中を蹂躙した。
 数秒? 数十秒? 素分? 酸素が不足して朦朧としていた私は、キスが終わるとそのままその場に座りこみそうになる。
 体に力が入らない。
 でも、アレクが私の体を抱きしめて支えておいてくれているおかげで辛うじて立っていられる。
 私は浅い呼吸を繰り返しながら、アレクに寄りかかって彼の体温を頬で感じていると。

「どうやらエモルトと取り巻き共は、今の俺達の様子を見て去っていったようだな」
「……そうなの?」

 私は返事をしながらも、うまく回らない頭で考えて。
 女の子の同意も得ずにキスをするなんて……と喉元まで出かかった言葉を呑み込んだ。
 元はと言えば私の嘘が招いた事態なのだから……。
 諦めようとしよう。
 それからしばらくして、私とアレクはミトンの町に向かった。
 もちろん荷車はアレクが引いて私は荷車の上に座っていた。
 だって……腰が抜けて歩けないんだもの。

 

「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く