公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

内堀が埋められていました!

 と、とりあえず――まずは、現状の確認が必要ですね。
 私はアレクを見てから首を左右に振る。
 まずは現状の確認が必要。

「あの……エイダさん。少し痛いです……」
「あ、ごめんなさいね」

 エイダさんは慌てて、私から離れてくれる。
 私は、佇まいを直してから、アレクの母親であるエイダさんを見ながら言葉を紡ぐ。

「あの、私のアレクの婚約の話はエイリカ村では、どのくらいまで広がっているんでしょうか?」

 私は、自分の予想が外れていますように! と、アレクのお母さんに話を聞く。
 アレクのお母さんは、どうしてそんな事を聞くの? という表情を見せてくると両手をパンと叩いて――。

「そういうことね! 直で私に言いたかったということね! そうね、息子と婚約したということは、結婚するんでしょう?」
「……」
「フレーリ―村長さんとかね、エモルトは女にだらしない! って言ってね、息子とティアちゃんの結婚には大賛成でね。これでエモルトも少しは理解するだろうって言っていたのよね」
「はぁ……そうなんですか……」
「それでね! 結婚するなら早いうちがいいって! 2人だけの新居を作るとフレーリ―村長が言い出してね、息子とティアちゃんの二人だけの家を明日から作ってくれるって! それに建築費用もエモルトがティアちゃんに迷惑をかけたから出してくれるみたいだし、結婚式もやってくれるみたいよ?
今は、エイリカ村の皆が総出でフレーリ―村長の指示で結婚式の準備と、新居の用意をしてくれているみたい。
でもこれでやっと肩の荷が下りたわ。
こんなに器量のいい家事もできる娘さんが嫁いできてくれるなんて……やっとお父さんとの誓いを守れたわね。
息子を一人前の男に育てるという約束が達成出来たわ、ほんと! なかなか結婚しないんですもの……」

 それだけ言うとエイダさんは布地を瞼に当てている。
 きっと女一人で育ててきて色々な苦労があったと思う。
 世界は、そんなにやさしくないから。
 でも、それ以上に問題が――。
 エイダさんが、エイリカ村の方々がこんなにも喜んでいるのに水を差していいものなのだろうか?
 でもはっきり断らないと、あとになったら問題が起きそうだし。
 本当にどうしよう……。
 とりあえず、これだけ喜んでいる方に嘘とも言えないし、フレーリ―村長にも実はウソでした! などとも言えない。
 言ったらフレーリ―村長の顔を潰す事になるし、何より村にきてから 初めて同性と仲好くなれたのにそれを手放すのもあれだし――。

「エイダさん」
「エイダさんなんて他人行儀ね! お義母さんでいいわよ!」
「あ、はい……お義母さん」

 もうニコニコほほ笑みながら私を見てくるエイダさんに、冗談でした! と、この状況で言えたら本当にすごいと思う。

「少し、今後の事でアレクと2人きりでお話をしたいんで、少し外に行ってきますね」

 私はエイダさんに頭を下げた後、どうしたらいいか迷っていたアレクの手を取ると、そのままアレクの手を引っ張ってアレクと共に家を出る。 

「大変なことになりました! 婚約破棄が簡単に出来なくなっています」
「ああ、そうだな。それで、どうするんだ?」

 どうするんだ? と言われても対策なんて何もない!
 だって、お金が必要な生活ならお金が溜まるまでとか、そう言う事が出来るけど……。
 ここでの生活はお金を必要としないから。

「仕方ありません! もうここはビッグウェーブに乗るしかありません!」
「ビッグウェーブ?」

 アレクが私の言葉を聞き返してくるけど、私も何を言っているのか良く分からない。

「とにかくですね! 嘘が真になってしまったので、ここは私とアレクだけが知っていると言う事にして、ほとぼりが冷めるまで何ちゃて夫婦をしましょう! エルモトさんが結婚すれば少しはエイリカ村も落ち着くと思いますし……」

 そうすれば離婚すればいいですしね! と私は心の中で付け加える。
 とにかく、いまは現状を何とかしないといけません。
 でも、アレクが私と隠し事を共有してくれたのは助かりました。
 これで仮面夫婦が何とかできそうです!


「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く