公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

プロポーズされました!

 子供たちと一緒に、エイリカ村まで戻るとアレクやエイリカ村の男性達が漁から丁度戻ってきたところだったらしくエイリカ村からは賑やかな声が聞こえてくる。
 声色から、どうやら豊漁だったのかな? と思ってしまう。
 私や子供たちが、エイリカ村の西側の森側から出ていくと私の姿を見た男性達が近寄ってくる。

「ティアちゃん! 今日はたくさん獲れたんだよ!」
「いやー俺が今日の主役だったんだよな! 見ろよ、この魚の大きさ!」

 などなど10人近くの15歳から20歳ほどの男性達が私の前で、どのくらいの魚が取れたとか、自分アピールをしてくる。
 まったく……女性の数が少ないと行ってもエイリカ村には20人近い結婚適齢期の女性達がいるのだから、私ばかりにアピールせずにそちらにアピールに行って欲しい。

「ティア、お帰り……何か収穫はあったか?」
「ううん、これと言って何か収穫があったという感じは無かったよ?」

 私は首を傾げながらアレクに何もなかったと伝える。
 生活魔法が使えた事は、何となくだけど言わない方がいい気がして言わない事にした。
 それに、生活魔法発動条件もなんとなく出来てしまったし……やっぱり良く分からない。

「そうか……よかった」

 アレクは、私が海に行って何か問題があったと思っていたのかな?
 私が何の成果もなかった事を伝えると安心した? ような表情を見せてきた。

「アレクの方はどうだったの? 何か収穫はあったの?」

 私は、エイリカ村の男性達が獲ってきた魚を見ていく。
 一際大きい魚を見ると、私は手に取る。
 ずっしりと重い。
 大きさは全長1メートルくらいで重さは10キログラムくらいあるのかな?
 結構重い。

「よく俺が獲ってきた物だと分かったな?」

 アレクが私の表情を驚いた顔をして見てくる。
 私はアレクの指摘を聞きながらも困ってしまう。

「えっと――一番、大きかったから! これが欲しかったから!」

 そうこれだけ大きければ色々な料理に使えそう。
 そんな風に思って選んだだけだから、どの魚と誰か獲ってきたという事はあまり考えていなかった。

「そ……そうか……」

 アレクが少し肩を落として落ち込んでいるように見えるけど……この魚は貴方が獲ってきたのよね! みたいな探偵顔負けの事は私には出来ないわけであって……って!? 探偵って何なの? と、私は思わず自分に突っ込みを入れてしまう。
 時々、訳のわからない知識が頭の中から思い浮かんでくる。
 私は、以前何をしていたんだろう? 謎ばかりが深まっていく。

「おいおい。そりゃあ、ねえぜ! アレクがどうしてこんな別嬪さんと……」
「本当だ! エイリカ村の女どもと比べたら月とスッポンなのに、どうしてアレクを選んだんだが……」

 私の周りの男性達が、エイリカ村の女性達の悪口を言い始めた。
 すると男性達に声をかけられるのを待っていた結婚適齢期の年齢の女性達は一斉に私へと敵愾心を含んだ視線を向けてきた。
 私は、女性達のそんな視線を受けながら内心、溜息をついてしまう。

 私が暮らしているエイリカ村はそんなに大きい村ではない。
 ――って、どうして私はこの村が大きい村じゃないって理解しているんだろう? 時々、ふと言葉が頭の中に浮かんで来る時があって決まって小さな頭痛がする。。

「大丈夫か?」

 頭の痛みでふらついた私は、10キロ近い魚を両手に抱きかかえていた事もあり転びそうになる。
 すると、私の体を力強く抱きしめてくる方がいた。

「エモルト!」

 アレクが、村長の息子さんの名前を批難の声色を込めて叫んでいる。
 転びそうになった私を抱きしめたのは、エイリカ村の村長さんの息子さんでエモルトさん。
 彼は、私がこの村に来た当初からよくしてくれている。
 エモルトさんは、私に村長の家で暮らさないか? と言って来たけど、数日間暮らしていたエイダさんに面倒を見てもらっていた私としては、村長さんの家に今更行ってもという気持ちが大きくてエイダさんの所で厄介になっていたりする。

「ありごうとう……エモルト。」
「いや、いい。それよりも大丈夫か?」

 エモルトが眉元をひそめて精悍な表情で私を見てくる。
 どことなく私を心配している気持ちは伝わってくる。
 彼は、エイリカ村の女性達にアレクと並んで人気があるみたい?

「うん、もう大丈夫だから! だから腕を解いてね!」
「ああ――」

 エモルトは私の言葉を聞きながら名残惜しそうに離してくれた。
 エモルトから離れた私とエモルトの間に、アレクが立ちふさがるように立つと。

「俺の家族に気安く触るな! エモルト、お前は婚約者がいるんだろう? 婚約者がいるのに他の女性の体に触れるなんてリメイラール教会の教義に反するだろう!」

 アレクの言葉にエモルトは肩をひそめると。

「そうだな……だから婚約は解消した」
「え?」

 私は、エモルトの言葉に驚いてしまう。
 前はエイリカ村の女性達は私にやさしくしてくれて、その時にユルメさんという女性がエモルトの事を大好きみたいな事を言っていたのに……。
 もしかして……。
 ええっと……もしかして……。

「俺は、ティア・フラット。君に惚れたんだ、結婚してほしい」

 エモルトは私にプロポーズしてきた。
 私は、村長の一人息子のエモルトの言葉を聞きながら思う。
 最近の、エイリカ村の未婚の女性達から敵愾心の篭った目で見られてきた原因を作ったのは、エモルトかと。


「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く