公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

貴族は大変です!

 私が乗るシュトロハイム公爵家の馬車は、公爵家の門前に到着したみたい。
 しばらくすると何人もの声が聞こえてきた後、馬車はまた走りだした。
 以前は、2人しかいなかったのに、今は6人も門兵の方がいる。

「お父様、門兵の方を増やされたのですか?」
「ああ――そうだな。一応は、アリシアの事もあるからな」

 何故が少しだけお父様は言いにくそうに私に説明してきた。
 もしかして――。

「お父様、もしかしてアリシアもリースノット王家にと考えていらっしゃるのですか?」

 それだったら――でも、アリシアがどう思っているのか……元が男だった私とは考えが違うかもしれないし、そう一方的に私の意見を押し付ける訳にもいかない。 

「――それは、まだ決まってはいない。お前が王妃とならない場合は、アリシアが王妃となるからな。そうなると婚姻関係も変わってくる。シュトロハイム家は後継者は、お前達の兄がいる。だから、お前達は他家に嫁ぐ事が前提になるな」
「なるほど――つまり、私が王妃として婚姻・結婚をしない場合には血筋を重視している王家としては妹アリシアを娶る事になると……」

 私の言葉に、お父様が頷いてくるが――。

「だが、アリシアが王妃になる事は限りなく低いだろう。今回の騒動はかなりの問題だが……それ以上に――ティア、お前の魔法と白色魔宝石という国家戦略の根底を覆しかねない問題があるからな。リースノット王国としては、そういう稀有な血筋は優先的に確保しておきたいと言うのが実情だろう」
「……そうですか」

 私は溜息をつく。
 でも、クラウス王子が王位継承権を剥奪された以上、酷い王子はいないと思う。
 ……というか思いたい。

「それで、アリシアには婚姻の話しなどはされていらっしゃるのですか?」
「そうだな――。一応は第三王位継承権のアルハルド王子と王家からは話は着ていたが、今回の問題もあるからな。お前次第だろうな」
「私次第ですか……」

 私は深く溜息をつく。
 まったく、どうしてこうも私の人生に絡んでくるのか。
 私としては一生独身のままの方がいいんですけど。

「それよりも、一週間後に控えている貴族学院で初めて行われる一週間の体験学習の方は上手く出来そうなのか?」
「はい、問題ありません。そもそも今回は庶民の仕事、私生活を体験する事で今後の為政に役立てるという題目での学習ですし」

 毎年一回行われる市井体験学習。
 男爵以上の男性は強制参加、貴族令嬢は希望した方のみ。
 市井の場で庶民の仕事や私生活を学ぶ事が可能なカリキュラムを私は作ったのだ。

 今回参加している貴族令嬢は、私一人だけというアレな感じだけど。
 そもそも私が一般の方がどのような私生活を送っているのか知りたい、体験したいというためだけに作ったカリキュラムであり私的な物である。

 最悪、今回をめどに終わらせてもいいとまで思っている。

「そうか――ならいいが……一人だけ貴族学院から女生徒が参加すると小耳に挟んだからな――くれぐれも責任問題に発展しないように気をつけるのだぞ?」
「はい、お父様。その辺は、どんな事が起きても大丈夫なように万全の状態を整えております」

 私は、微笑みながらお父様に伝える。
 まぁ、私が参加する時は理事長の権限を使い、ティア男爵令嬢という形でカフェに一週間の間、住みこみの体験学習をする事になっている。
 そして、恐らく問題が起きても私が問題にしない限り問題にはならない。
 だから問題にはならないと思う。
 それよりも問題は貴族の男性達の方。
 彼らは大丈夫なのか? と、不安に思ってしまう。
 問題を起こしたら退学扱いにしてもいいかも知れない。

 そう思っていると馬車はシュトロハイム公爵邸に到着したのか、ゆっくりと停まった。

「アリシア、起きなさい」

 私はアリシアの頭を撫でながら、目を覚ますように話しかける。
 何度か呼びかけるとアリシアが目を覚まして――。

「お姉さま?」

 寝ぼけた声で目を擦りながら私に話しかけてくる。
 その仕草がとても可愛い。

「ほら、御屋敷についたから起きなさい」 
「はーい」

 私はアリシアをエスコートしながら馬車から下りていく。
 すると目の前には、お母様が立っていた。

「ティアにアリシアお帰りなさい。バルザック、私はティアに話がありますからアリシアをお願いね」

 お母様がお父様の事を名前で呼ぶ時は、すごく怒っている時だけ。

「ティア、着いて来なさい!」
「は、はい」
「返事は一度!」
「はい……」

 お母様は、私の腕を取られると、シュトロハイム家の本宅とは別の別宅に向かって歩き出した。 

 

「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く