公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

学園長さん頑張ってくださいね?

 早朝の貴族学院内を歩きながら、先ほどまでの女子寮でのお母様の姿を見た出来事を思い出す。

 ブラウニーさん達の言葉が真実なら私は愛情に飢えていると言う事になる。
 でも、私にはそんな自覚はないし、第一、前世の知識から含めると私は十分に大人だし。
 それなのに愛情に飢えているなんて……そんなのはあり得ない。

 私は、大人。
 だからそんな事を考える時点で間違っている。

 私は頭を振って余計な事を考えていた思考を破棄する。
 今、私がしないと行けない事は、私のために市民を貴族学院に通えるようにした事の後始末をきちんとしないと行けない事。
 自分の些細な感情で他人に迷惑をかけたらいけない。

 そう考えて歩いていると、いつの間にか貴族学院の校舎についていた。
 私は、いつも通り昇降口から入り、2階の購買部に向かう。
 朝早いと言う事もあり、購買部は開いているようだけど、誰も人はいない。

「すいません」

 私は、購買部の女性店員に話しかける。
 話しかけられた購買部の女性は私を見て微笑みかけてくる。

「どうかしましたか?」

 私は女性店員の言葉を聞きながら急いでカタログから、今日と明日に使う食材を選んでいく。正確な女子寮の人数は分からないけど、妖精さんが全部で500人、女子生徒が20人? 30人? もう50人でいいや。
 ということは……。

「すいません、ここからここまでの食材を100人分、旧女子寮まで配達をお願いします。それと、私が以前購入したベッドを部屋数分……えっと48個発注をお願いします」

 私の大人買いならぬ、纏め買いに女性店員は驚きながらも頷いてくれた。
 これで購買部の用事は済みましたね。

 私は、そのまま購買部から出て階段を上がっていく。
 そして、階段を伸び理切った先にある学園長さん室の扉の前に立つ。
 何度か扉をノックすると中から「どうぞ」という声が聞こえてきた。
 中に入るとそこには、学園長さんが座っていたけど、私の姿を見ると表情を真っ青にして立ちあがってきた。

 そして……学園長さんは口を開いたと思うと――。

「ひぃいい。ユウィテーシア様、私はもう心を入れ替えて仕事をしております」

 ――と。一人語りだした。
 私は頷きながら答える。

「学園長さん大丈夫ですよ? 今日はですね、私は理事長になりましたので、そのご報告にきたのです」

 私の言葉に、学園長さんは一瞬呆けた後、少しずつ顔色を悪くしていく。
 そして私に尋ねてくる。

「そ、それは……王宮魔法師筆頭に?」

 私は頷く。
 そして体を震わせている学園長さんの瞳を見ながら話す。

「はい。これからは私が上司ですので報告は毎日きちんと上げてくださいね。以前と違って武力は振るいませんので安心してください。
ただ、お仕事に適正が見られないと肩を叩くことになってしまいますので気をつけてください」

 私は、学園長さんにニコリと笑いかける
 なんか、空笑いにしている学園長さんの肩を軽く叩いてあげる。

「きちんと仕事してくだされば、クビにはなりませんので気をつけてくださいね。私は学園長さんには、期待していますから」

 さて、頑張って学園の改善に取り組まないといけませんね。

 私は、学園長さんにこれからのビジョンを説明するために、ソファーに座り話しを始めた。



「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く