公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

異世界には、紙がありました。

「わかりましたわ」
 私は、答えを返しながら国王陛下が目の前のテーブルの上に平積みした広辞苑なみの分厚い本2冊を見ながら溜息をつく。

 そして本を手にとる。
 重い……。

 《身体強化》の魔法を発動。

 肉体を細胞レベルで強化する。
 筋肉、骨、血管を強化し本を持ったまま捲る。
 色々な言い回しがあって理解に時間はかかるけど、簡単に言えば。

 王宮魔法師筆頭の職業は、リースノット王国内で最強の魔法師に与えられる称号であって、国の有事の際に働いてくれって事。
 今だとアルドーラ公国と問題が起きてるから、それは私が原因で起きてるから問題はないかな?

 まぁ戦争になったら生活魔法で相手の首都に大量の水をぶっかけて戦意損失させれば、物的損害は結構ありそうだけど、人的損害よりはマシなのかな?

 それと1週間に一回は王城で、訓練を魔法師にするようにと書かれているけど、私の魔法って普通の人とは逆で、制御をしないと魔法はとんでもない威力を発揮するけど、基本に沿って魔法を発動すると、魔法が発動しないんだよね。

 生活魔法は、制御すれば発動するけど本来の生活魔法よりはるかに威力が落ちるし、魔法師に教えるのは私では不向きなんだよね。

「言い忘れていた。ユウティーシア嬢は、魔法師達の指導をする必要はない。君クラスの魔法師が生まれたら国が滅んでしまうからな」
 またまた、ぶっちゃけてきましたね。
 この国王陛下は……。
 つまりストレートに言わないと私が理解しないとでも?
 本当に失礼ですね。

 もう少しオブラートに包んでラッピングして話をして欲しい物です。

「給料は、年収で金貨3200枚ですか……」
 本を読んでいた私は思わず口に出してしまう。
 今の私の資産は7億。
 つまり金貨7万枚ある。
 あまりお金には、苦労はしてないけど……。
 ずいぶんとお金が貰える! と思いながら本を閲覧していく。
 魔法師筆頭補佐の年収が金貨1300枚、その下にいくと800枚とか400枚とか下がっていき、王宮魔法師新人の年収が金貨280枚と書かれている。
 ふむー。
 なかなか大変な感じですね。 
 やっぱり新人さんは、どこの世界でも大変なようですね。

 私は、魔法師の事が書かれている本をテーブルの上に置く。
 まだ読んでない所は9割くらいあるけど、概要だけまずは目を通したから、自宅か寮に戻ったときにきちんと読んでみましょう。

「これが理事長の概要が書かれている本……」
 私はゴクリと唾を飲み込む
 本の分厚さが、広辞苑の倍くらいある。
 これ1冊で武器として扱えそう。

「それにしても、この2冊とも羊皮紙ではないんですね?」
 私はこの世界で生まれてから大半の本や公的文書は、羊皮紙だったのを思い出しながら口にした。
 これは、どう見ても木材を原料としたパルプから作られた正真正銘の紙。
 この世界に、紙を作る技術があるとは思っていなかっただけに少しだけ驚いていた。

「ああ、それは神代文明から語り継がれていた技術が、利用できる段階になり試作と作られた物だな」
 なるほど、神代文明ね……。
 ……神代文明?

「神代文明と言うのは何でしょうか?」
 そんな文明があるなんて私は、この世界で生まれてから聞いた事がない。
 私の言葉を聞いた国王陛下は少し驚いた顔をした後に、顎髭を弄ったかと思うと――。

「それはシュトロハイム公爵バルザック。君の父親に聞いた方がいいのではないか?」
 ――と。国王陛下は私に告げてきた。


 

「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く