公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

公爵令嬢の身に迫るアルドーラ公国の影

 これは誰の記憶……?
 一人の少年が勇者として召喚された記憶?
 私には、分からない。
 どうして、こんなに胸が締め付けられるの?
 どうして貴女は泣いているの?
 どうして私は人間じゃないの?
 どうして私は……。

 そこで私は、自分の意識が覚醒していくのを感じた。

 規則正しい馬の蹄の音が私の意識を呼び覚ました。
 目を開けても周囲が、暗くてまったく見えない。
 違う……この感覚は、布で顔を覆われている?
 手にも足にも枷がつけられていて、首にも首輪のようなものが付けられている感覚がある。
 体もしびれて動かす事ができない。

 その時、首筋に鈍い痛みを感じた私は意識を暗闇の中に呑み込まれた。

 私は、茫然とはっきりしない意識のまま、馬車とも荷馬車とも言えない中で転がされたまま放置されていた。

 そして……。

 揺れが泊まった。
 どうやら移動は終わったみたい。
 私は、抱き上げられ連れていかれているけど、目隠しをされている事で、どこに連れていかれているのか分からない。
 それでも危機感は募ってくる。
 体がまったく動かせないからなのか、魔法がうまく発動できない。
 私の場合は、《身体強化》《生活魔法》《治癒魔法》ともに地球の科学力に沿った魔法発動形式を取っている。

 その為、意識が希薄な状態だと魔法を発動させる際の事象をうまく想像できずに魔法を使う事が出来ない。
 つまり、今の私の状態は普通の10歳の女の子と同じ能力しかない事になる。
 今の状態で男の人に迫られたら抵抗できない。
 考えただけでも怖い。

「それが例のか? 例の薬は投薬してあるか?」
 唐突に声が聞こえた、若い声だと思う。
 それよりも……例の薬って何?
 ま、まさか……同人みたいに同人みたいにと言うセリフが頭の中を過る。

「目隠しを外してもらえるか?」
 男の言葉に、誰かが頷いたのがわかる。
 こ……このパターンは、最初見た人を大好きになる薬!?
 そして、私は目隠しを外された。
 目の前にいたのは……誰?

「目を見る限りでは、薬はきちんと効いているようだな?」
 男は私を見て満足げに頷くと自分の手を少しだけ切ってから、私の口をこじ開けるようにして血を飲ませてきた。
 心臓が跳ねあがる。
 目の前の殿方が愛おしく感じる。

「もういいだろう。外せ!」
 目の前の御方の命令で、部下の方々が私の手と足についていた枷をはずしていく。
 すると――。

「俺は、アルドーラ公国第2王子。スペンサー・ド・アルドーラだ。今日からお前の飼い主だ。分かったな? ユウティーシア」
 私は、スペンサー様のお言葉を聞いて嬉しくなる、

「はい、ご主人様。ご主人様にお楽しみいただけるよう誠心誠意御尽くし致すわけあるかあああああ」
 私は、心臓の鼓動が落ち着いたと同時に思考がクリアになった。
 そして無理矢理、全魔力を解放し私に纏わりついていた相手の支配魔法を完膚までに破壊しスペンサーとやらを殴った。

 空に舞い上がるスペンサーと、その周囲を固める数十人の男達。

 そして怒りに燃える私。

 地面に落ちてきたスペンサーは、その場で「痛いよ! どうなっているんだよ!」と叫んでいる。
 私はスペンサーに一歩近づく。
 すると――。

「とまれ!」
 ――スペンサーが私に命令してきた。
 それと同時に私の中で止まらないといけない衝動が湧きあがってきた。
 歩みを止めた私を見てスペンサーが怒りに歪ませた顔で私を見てくる。

「もう許さない。ユウティーシア、お前の体を蹂躙して俺に服従する奴隷に仕立ててやるよ! その首輪がある限り俺の命令には逆らえないんだからな!」
 なるほど……。
 私は無造作に、首輪に両手をかけるとそのまま首輪を真っ二つに引き千切った。

「へ?」
 スペンサーが、何が起きたか分からないような表情をしている。
 私は周囲を固めているアルドーラ公国の騎士30人程と、あとは学園長とその他、大勢を見て微笑む。
 そしてひさしぶりに男口調で話す。

「ひさしぶりに切れちまったよ。お前ら、五体満足で生きて帰れると思うなよ?」



「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く