公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

ヒロインが騎士に連行された!?

「ケットシ―さんは、何時まで私について来られるのですか?」
 私は足元に纏わりついて着いてくるケットシ―さんへ確認する。
 するとケットシ―さんが、尻尾を振りながら

「どうせ、普通の人間には妖精は見れん」
 それだけ言うと、ぴょんと跳ねると私の頭の上に乗って丸くなって寝てしまった。
 頭が重い……。

「あの……下りてほしいんですけど?」
 私のお願いを聞いてくれない。
 仕方なく、そのまま私は校舎の中へ入り、の2階購買部に向かう。
 購買部につくと、珍しく10人ほどの生徒達がいる。

 10人とも服装が新しい。
 色はクラウス様と同じ学年?

「少しよろしくて?」
 突然話しかけられた事に私は、驚く。
 視線を向けると、そこには強い意思を宿した青い瞳に、整った鼻筋、桜色の唇に腰まである青い髪を頭の両サイドで纏めあげ伸ばした美少女が立っていた。
 年齢も13歳から14歳ほどだと思う。
 でも、少女とは思えないほどの威圧感をその身に纏っているように思える。

「貴女は、ユウティーシア・フォン・シュトロハイム。クラウス殿下の婚約者で間違いないわよね?」
 一瞬で、私は臨戦態勢に入る。
 すると、周囲の9人の生徒も女子生徒を守るように前に進み出てくる。

「やめなさい!」
 女子生徒の言葉に、9人の生徒はすぐに下がる。

「ユニコーン……」
 思わず私は脳裏に思い浮かんだ名前を口にした。
 私の言葉を聞いた女子生徒は楽しそうに私を見ながら口を開く。

「へー。報告には受けていたけど……。貴女何者なの?」
 女子生徒の言葉に私は答えず、ただ睨む。
 すると女子生徒は肩をすくめると口を開いた。

「私だけが貴女を知っているのは不公平よね? だから……」
 彼女は、カーテシーを披露しながら私を見降ろし――

「初めまして、私の名前はアリス・ド・ヴァルキリアス。軍事国家ヴァルキリアスの次期皇帝ですわ」
 私は、自分が以前設立した間者から上がってきたリストを思い出す。
 たしか現、皇帝のアルド・ド・ヴァルキリアスと男爵家カリナ令嬢との間に生まれた子供だったはず。
 でも……たしか、皇帝アルドの正室は子供がいない事からアリスの事を疎ましく思い高官と結託し行動を起こし母親であるカリナは暗殺され死亡。
 娘のアリスも危険に晒されたと報告書には書かれていた。

 ただアリス皇女殿下を、保護したのはハデス公爵家と書かれてはいたけど詳細は不明との事だった。
 そこまで考えていると――。

「私の事も調べているのですね?」
 彼女は私を見て面白そうに微笑んできた。
 私は、彼女を見上げたまま。

「何の話しかわかりませんわ。それよりもどうしてアリス皇女殿下が、このような何もないような場所へ、来られたのですか?」
 彼女は一瞬、呆けたあと言葉を紡いでくる。

「決まっていますわ。半年後に開催される魔演武に参加する為ですわよ? 最近、リースノット王国は急速に国力を回復していますから……」
 私は呆れ顔になる。

「つまり大国としては面白くない。でも圧力をかける程の価値もこの国にはない。だから魔演武に生徒として参加して、学生の強さを見せつける事で大国の力を見せつける。そういう事ですか?」
 そこでアリス皇女殿下は。

「アハハハハハハアハ。良いわね、ユウティーシアさん。貴女いいわね。本当に10歳なのかしら? どうして、そこまで考えられるのかしら?」
 アリス皇女殿下は、制服のポケットから繊細優美に刺繍を施されあ青く染め上げられたハンカチを取り出すと自身の瞼に当てた後に、ポケットに戻した。

「そうね。魔演武の件もあったのだけど……。クラウス様にもお会いする予定もあったのですけど……一番は、貴女に会いたかったのよ?」
 アリス皇女殿下はそこで言葉を区切ると。

「また近い内に会いましょう。それまでは身の回りに気をつけた方がいいわよ?」
 それだけアリス皇女殿下は、告げるとそのまま購買部から他の生徒というか取り巻きを連れて出て行ってしまった。
 私は溜息をつきながら、移動しようとしたところで頭が軽い事に気がつく。・
 いつの間にか頭の上に乗っていたケットシ―が居なくなっていた。

 つまり私は、ケットシ―が離れる事に気がつかない程、アリス皇女殿下との話し合いに集中していた事になる。

 それと先ほどの話の中で気に成る点があった。
 クラウス様の事を、大国の皇女殿下が様つけした際に、少しだけ表情を緩ませていた。
 もしかして……そういうこと?
 つまり、アンネローゼとアリス皇女殿下との間で、クラウス様の取りあい?
 なるほど……。
 それはとてもすばらしいですね。
 さっさと取り合って、私の婚約者レッテルを解除して欲しいものです。

「すいません。20人分の食材を女子寮に届けて欲しいんですけど?」
 私は、購買部の方へ食材の配達手続きをする。
 手配が終わった後は、教室に向かうと、教室内が只事ではないざわめきが聞こえてきた、

「どういうことよ? どうして私が! 離して! 離しなさいよ!」
 教室の中を見ようとすると、4人の騎士が、アンネローゼを拘束し連行して行く所であった。
 連行されていくアンネローゼと偶然にも目が合ってしまった。
 アンネローゼは、私を見ると。

「あなたのせいで! 全部、あなたのせいよ!」
 アンネローゼは私に向かって叫びながら騎士達に連れていかれた。
 私は、それを見ながらえ? ヒロインがいなくなるとクラウス様を誰が貰ってくれるんですか? と心の中で突っ込みを入れてしまう。

 ここは、アンネローゼが戻ってくるかアリス皇女殿下に頑張っていただくしかないですね。
 私は、ちょっとクラウス様は無いかなって思ってますし。



「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く