公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

寮監になりました!

「え? 嫌ですわ。どうして決闘の結果の事を、殿方に言われないといけないのかしら?」
 私は、クラウス様を見上げながら話す。
 クラウス様は、私の言葉を聞いてアンネローゼに視線を向けると。

「アンネ、シュトロハイム公爵家の令嬢が言っていることは本当なのかい?」
 クラウス様が甘い声でアンネに聞いている。
クラウス様の言葉にアンネは――。

「たしかに決闘は……ですけど! 私の顔を殴ったんですの! 両親にも殴られたことなんてないのに……」
 その様子に、クラウス様もどうしたらいいか迷ってしまっているご様子。
 貴族同士の決闘に第三者が口を出すなんて両者の名誉を汚す行為にあたる。
 それを無視してまで割り切って文句を言えないのでしょう。
 私なら、こじつけて言いますけどね!

「クラウス様、どうやら決闘だったと言う事を聞いていなかったご様子ですので、いまのお話しは窺ってない事にいたしますわ。ですからクラウス様もお気になさらずに……」
 私の言葉にアンネローゼが、顔を真っ赤にして教室から出ていく。
 クラウス様は、私の方へ視線を向けたあとにアンネローゼを追いかけていった。
 私は内心、溜息をつきながらかばんに荷物を入れて教室を出る。
 しばらく歩いていると、白い髭を生やしたおじさんが近づいてくる。
 すると。

「シュトロハイム公爵令嬢、少し時間を頂いてもいいですかな?」
 学園長が私に話しかけてくる。
 その目は、笑ってないように見える。

「わかりましたわ」
 学園長の後をついていくと、そこは学園長室。
 学園長室内に足を踏み入れてから、学園長に席を勧められたので私はスカートを手で押さえながらソファーに座る。
 学園長は、テーブルの反対側のソファーに腰をかけると――。

「ユウティーシア嬢は、旧女子寮に住んでいると聞きましたが……その大丈夫ですかな?」
 ――と聞いてくる。
 私は頭を傾げながら。

「はい、皆様と仲良く暮らしていますわ」
 と告げると学園長の顔が真剣な表情に変わる。

「それは、ゴーストなどがいると言う事ですかな?」
 ニコリと私は微笑む。

「いえ、妖精さん達と暮らしていますわ」
 それが何か問題でも?
 すると学園長は懐からハンカチを取り出すと額の汗を拭って見せた。

「それがですが、シュトロハイム公爵より「娘の済んでいる女子寮を一度見てみたい」と打診がありまして……閉寮した女子寮に住まわせておりましたら、なにを言われるか……」
 とても困った表情で、学園長は私に話しかけてくるけど……。
 私としては、お父様やお母様には愛着はないので、あまり会いたいとも思っていなかったりする。
 ずっと放置して、白色魔宝石を作らせてきたのだ。
 パフォーマンスも止めてほしい。
 出来ればそっとしておいてほしいんだけど……。

「分かりました。私の方からお父様には手紙を送っておきますわ」
 学校には来ないでください、迷惑ですと書いた手紙でも送っておけばきっと来ないはず。

「ユウティーシア嬢、くれぐれも温和に話をしてください。それと妖精の件ですが、そう言った嘘は止めた方がいいかと」
 学園長は私に向けて妖精はいない発言をしてくる。
 でもうちの女子寮には妖精はいるんだけどね。
 もしかして、あまり知られてない?
 でも学園長というくらいだから、それなりの知識はあるはずなのに……。
 とても謎ですね。
 そのあと、私は学園長と話しをして旧女子寮の使用許可を改めて取ると共に
寮監として登録してもらった。
 寮監として登録すれば、入寮の有無の決定が出来るらしいので、妖精が増えた時に便利かもしれませんね、




「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く