公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

スプリガンが女子寮にやってきた!

 朝は、一日の始まり。
 太陽の光を顔に浴びた私は、あくびをしながらベッドの上で転げる
 そして体に力を入れて座る。
 私は、淡い青色のネグリジェに身を包んだまま、昨日組み立てたばかりのベッドから降りる。
 すると座敷童子さんことブラウニーさんが私の近くにきて髪の毛を梳かしてくれる。
 腰まである私の黒い髪の毛がブラウニーさんの手で綺麗に纏めあげられていくって!?
 私は、逃げようとしたブラウニーさんを捕まえる。

「ブラウニーさん。勝手にお部屋に入ってこないでくださいっていいましたよね?」
 私の言葉に――。

「ご主人さまの身の回りの世話をするのもブラウニーの仕事」
 ――とブラウニーさん達が言葉を返してきた。
 私は溜息をつきながら、ネグリジェを脱ぎ下着を着けてから貴族学院指定の金縁のついた白い色の学生服を着る。
 スカートの位置を確認して姿見の前でおかしなところがないか確認すると、ローファーを履いてバックを持つ。
 部屋から出て、階段を下りていくと私は頭を傾げた。上半身は馬、下半身は魚のケルピーさんが、とんがり帽子をつけた5歳くらいの女の子達と話しをしている。
 するとケルピーさんは私に気が付いたようで――。

「朝から早いな?」
 ――話しかけてきた。
 私もケルピーさんを見て。

「おはようございます」
 と挨拶を返す。
 すると、女の子達は私を見上げてくる。
 どの子もとてもかわいい。

「えっとお姉さんが、ここの寮監なんですか?」
 ふーむ。
 中身はおっさんだけど、外見は10歳の女の子だからね。

「そうだけど? どうかしたの? 私、貴族学院に初等部があるって聞いたことないんだけど?」
 すると……8人にいる女の子の中から眼鏡をかけた幼女が進み出てくる。

「今日から、ここで働くことになりました」
 え? それはダメでしょう?
 いくら働きたいと言っても、どうみても5歳くらいでしょう?

「ごめんね、自分より小さい子供を働かせるなんてそんな事できないわ」
 私の言葉にケルピーが突然振り向いて。

「ばか! こいつらはスプリガンだぞ? お前が昨日、言っていただろう? 防衛力が低いって……だからこいつらに話しを持って言ったんだ」
 そういえば、そんな話しをしていた気がしますね……。

「って!? あれ? ――ええ。この方達は妖精ですか?」
 私の言葉にケルピーが頷いてくる。
 馬の顔をしているからとても分かりにくい。

「なるほど……そうだったんですね。それではスプリガンさん、今日から女子寮の護衛をお願いできますか?」
 私はニコリと微笑みながら握手をしようと手を出すと、メガネっ娘スプリガンに手をはたかれた。

「妖精か人間の区別もつかない人を護衛するなんて、スプリガンの名折れです。貴方が仕える価値があるかどうか魔法勝負してください!」
 えええええ。私、今から……学校なんですけど!?
 まだ時間はあるけど、それでも魔法勝負なんてしてる時間なんて。

「勝負は簡単です! お互いに魔法を打ち合ってあてた方が勝ち。それでどうですか?」
 どうですか? と聞かれても困ってしまいますけど……。

「それでは、玄関前で勝負です!」
 私が受けるとも言ってないのに、そのまま8人の妖精は女子寮を出ていってしまう。
 私は仕方なく彼女達の後を追っていくと地面に魔法陣を描いてる。

「えい!」
 スプリガンは、掛け声と共に、氷の槍を打ち出してきた。
 私はそれをよけながら8人の頭上に水を生成して落とした。
 それだけでスプリガンの負けが確定してしまった。

 彼女達スプリガンは一瞬でケリがついてしまったことに、呆然としていた。
 これはあとでまた何か問題が起きそうですね。

 とりあえず、さっさと学校にいきましょう。
 そういえばユーメさんは、もう学校に行ったのでしょうか?


「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く