公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

ヒロインとの決闘!?いつから受けると錯覚していた?

 私の言い分に彼女はずいぶん衝撃を受けたみたい。
 いない者として扱ってほしい発言。
 目立ってナンボの貴族の世界では、ありえない発言にいつの間にか、私とアンネローゼとの会話を盗み聞きしていたクラスの人間も静かになっていた。

「あ、あなた……本当に貴族なの?」
 まぁ一応、貴族ですが……中身は庶民ですね。
 外のパッケージは、すごくいいけど中身は普通ですよ?
 商品表示法詐欺で引っかかってしまいますね。
 それにしても顔色がコロコロ変わる人ですね。
 さっきまで怒っていたと思いきや、今は軽蔑するような、理解できない者を見るようなそんな顔を見せてきています。

「そういうことですので、私から何か言う事もありませんし。話しかける事も致しませんのでスルーしておいてください」
 彼女が頭を傾げる。
 何か分からない事を言ったでしょうか?

「スルー?」
 あー。そっちの言葉ですね。

「はい。話しかけても相手にしない。無視すると言う意味です」
 体を震えさせはじめたアンネローゼが、眉元を顰めながらどうしたらいいのか考え込んでいる。
 まあ、私を見て! みたいなの貴族令嬢からすると私の考え方はちょっとあり得ないからね。

「あまり無理をしなくていいですよ? アンネローゼさんは、アンネローゼさんですし。わたくしはわたくしですから、先生が来られたようですので……」
 タフネス先生が教室に入ってくるのを視界の隅で確認しながらアンネローゼに語りかける。
 アンネローゼも先生がきたのに気がついたのか、納得できない表情のまま私から離れて行った。
 その様子を見ながら「面倒くさいなー」と私はひそかに思った。

 大体、人の男を横から奪っていくのだからヒロイン確定なのに、向こうから絡んでくるなんて意味がワカラナイヨー。

授業の内容は、主に歴史の内容に近くリースノット王国の建国にまつわる内容だった。
 正直、自国の歴史については王国年表を見てだいたい知っているので、これと言った発見はなかった。
 簡単に言うと、すごい昔のエライ人が国を建国してそのまま居ついたのが最初ですよって話。

 そして授業が終わり先生が教室から出ていくと、教室は静かになる。

 カツカツとハイヒールでもないのにローファーでわざと音を鳴らして近づいてくるアンネローゼに、私は内心溜息をついた。
 何なのでしょうか?
 彼女は私に構ってほしいのでしょうか?
 訳がわからないですね……。

「ユウティーシア様! 先ほどのいない者と扱ってほしいという言葉は、貴族として看過できませんわ! それでも公爵家の御令嬢ですの?」

「……」
 もうね、どうしろと?
 だいたい、貴族らしく対応したら怒るんでしょう?
 なら無視しておいてくださいと言ったら貴族らしくないとか。
 私は、一体どういう対応をすればいいのか?

「だいたいですね! リースノット王国は魔法を重んじているのです。それなのに、王族の血すら引いて公爵家令嬢である貴女は魔法すら満足に使えない。それを恥と思わないのですか?」
 ふむー。
 恥に思うかどうかと言えば……。

「そうですか。ご高説ありがとうございます。貴重なご意見として参考にさせて頂きますわね」
 もう適当でいいかな……。
 真面目に対応していると疲れちゃう。
 私の反応に、アンネローゼは顔を真っ赤に染めている。
 はぁ、メンドクサイ人ですね。

「とりあえず一言言わせて頂ければ、あまり校内で殿方に抱きついたりしない方がいいですわよ? 婚約者でもないのにそういう事をしていると、ご実家の方に迷惑がかかる可能性がありますわ」
 両親と不仲とは言え、一応はクラウス様と私は婚約を交わしているのだから……何かあれば公爵家と伯爵家では格が違いますからね。
 辺境伯家とかならまた違うかもしれませんけど、リースノット王国で伯爵家なんてこう侯爵家より下の位置にいるくらい軽んじられていますからね。

 私が遠まわしに説明すると、アンネローゼは表情を真っ赤に染めて手を握りしまた後、「さすが公爵家は横暴ですわ!」とか言いながら離れていった。
 もうどうして、そういう取り方をするか分かりませんね

 そして去っていったアンネローゼは、休憩時間のたびに私に突っかかってくる。
 私は壊れた機械のように「そうですねー」とか「よかったですねー」とか「そろそろ授業ですねー」とか言っていると……。

「クラウス様をかけて決闘ですわ!」
 とかアンメローゼが言い出した。
 ふむ。決闘ね……。
 少し考えてから、私は――。

「え? 嫌ですけど?」
 ――普通に断った。
 どうして余計なカロリーというか面倒な事をしないといけないのか。
 だいたい決闘なんて、物語の主人公がするだけで十分です。
 私にそんな主人公的なポジションを期待されても困ってしまいますね。
 やれやれですー。



「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く