話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

停導士の引き籠もり譚

山田 武

口を動かそう



「――――、――――」

「ああ、そうだな。うん、そうそう」

「――? ――――」

「おお、大丈夫大丈夫。それより続きを」

「――、――――。――――――」

 思考を自動モードに切り替える。
 相手の言葉は雑音のように聞こえ、俺の口が勝手に動いて話を繋げていく。

 これは、そもそも地球での必須技術であるため、スキルの有る無し関係なくできる。
 どうせ相手は、俺に何かを話すことで満足感を得たいだけだ。
 俺個人にどうしても話さなければいけないことなら、そこの部分だけを理解して話させればいいのだし、全てを聞き取って返答する必要ないのだ。

 異世界に召喚され、いくつかのスキルを手に入れた結果……その技術は昇華された。

 地球ではたまに返答を間違え、面倒なことになっていたのがなくなったんだ。
 俺がこうしてどうでもいい思考に耽っていようとも、脳の何処かが勝手に正しい返答をしてくれる。

 嗚呼、実に楽で素晴らしいな。
 勝手に口が滑って、余計なことを言うこともない。
 相手が何を言って自分がどう答えたかが分かるようになっているので、意識すればいつでも会話に参加することも可能だ。

「……というわけなんだが、構わないね?」

「ああ、そっちの実力も見させてもらうぞ」

「進化した実力を見て、驚かないことだね」

「ま、たぶん驚くだろうな」

 えっと、脳内データによると……どうやらクラスメイトとこの国のダンジョンに行くことになったらしい。
 兵士を引き連れ、この国で最も難易度の高い場所の攻略をやらせるつもりのようだ。
 ただ、従魔が既に確認済みの場所だったので、あっさりと了承したみたいだな。

 クラスメイトが余裕そうな顔をしているのにはわけがあるが……ま、一々説明が面倒だし、それはダンジョンですればいいか。

「マリク様、少しよろしいでしょうか?」

「ああ、構わないよ。トショク君、それじゃあまたダンジョンで」

「そうか、またな」

 兵士に呼ばれて、クラスメイトはこの国の王と第三王女の元へと歩いていく。

「……面倒だったな」

 そういえば、クラスメイトの名前はマリクとかだったな。
 授業中にそんな名前が出てたような出ていなかったような……ま、どうでもいいか。
 俺がしっかりと覚えている名前なんて、クラスメイトの中でもほんの一握りだし、新しく増やそうとする気も全然湧かない。

 今はそんなことよりも、もっと大切なことがあるしな。

  ◆   □   ◆   □   ◆

「イム様、少々宜しいでしょうか?」

「ええ、どうしましたか? (“自動”)」

「――――、――――――――――」

 ったく、邪魔しやがって。
 人が黙々と食事をしているんだから、そっとしといてくれよ。

 ……ん? 無駄に装飾した言葉だから理解に苦しむな。
 えっと、要は飯ばかり食ってないで自分たちに利益を寄越せってことか?

 別に、飯ぐらい食べても構わないだろう。
 というかコイツ、よく今の俺に話しかけてきたな。
 まあ、挨拶の時に聞いた爵位が低かったようだし、遠くの方で俺達の様子を窺っている偉そうな奴らからのメッセンジャーだろう。

 ま、そんなに利益が欲しいというならばくれてやろう。
 ――ただ、対価を要求するけどな。

 自動モードになった脳に、自分の成したいことを伝えると、口が勝手に動いて使いの貴族に肯定の意を話す。
 すると目の前の貴族はとても大きなリアクションを示し、遠くで観ているお偉い様に俺が肯定したことを知らせる。

「では、お互いに意義のある話し合いをしましょうか」

 お偉い様の所へ向かった俺は、そう言って意識を別のことに集中させていった。

  ◆   □   ◆   □   ◆

 客室

「…………ややこしい国だ。異世界人を殺したいくせに、利用したいとも考えている。それだけならまだいいが、それを火種に大騒動だと? 夢は眠りの中だけにしておけよ」

《……何が、言いたいので?》

「いや、人間なんてどの国だろうがどの世界だろうが変わらないんだなって。自分の欲望のために、他人を利用していくその心……実に面倒だった」

《……そう、ですか》

 時間は深夜、辺りには夜警のために巡回する兵士たちしか感じ取れなくなっていた。
 俺は部屋の中で、第三王女へお偉い様方に関する情報を回していた。

 彼女も、ただ外交官として来たのではないのだ。
 前に催眠を掛けた時に、そのことは把握してある。
 その目的を果たすのは、俺としても有意義だったのでこうして協力しているぞ。

 俺が第三王女と直接接触するとすぐにそれが分かるので、念話での連絡となった。

《貴方がこの国の異世界人と共に迷宮へと向かっている間に、協定の取り決めは終わる。恐らく、父上が予想した通りに》

「ま、俄かに厄介な知識を持っている輩に邪魔されない方がさっさと決まるか。俺もあの国が弱体化することは望まない。少しだけ、力を貸すか」

《……貴方は嫌い。でも、今のバスキには形振り構っている暇はない。使える者なら全部使って、国を生かさなければならない》

「……成長したな。見えてはいないけど、多分今のお前は綺麗あくらつな顔をしているさ」

《……そう、もう切らせてもらう》

 そうして、繋がっていたものは途切れる。
 あの国に頑張ってもらわないと、俺の素晴らしき日々が失われてしまうからな。

 たまには、(従魔が)仕事をしますか。


「停導士の引き籠もり譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く