異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた

山田 武

スレ21 求めるは迷宮内イベント



大迷宮 レイル大迷宮


 そんな名前の迷宮ダンジョンだそうだ。
 公式に分かっている限りでは、最深の階層は50階層。

 その先は、とある勇者以外未だに誰も辿り着いていない未開の地とされている。

 その勇者はダンジョンを踏破した後、自身の手に入れた財宝・秘宝をダンジョンに収めたらしい。
 それを求めて今も冒険者達が、日々冒険しているというワケだ。

 そんなダンジョンを召喚者達は兵士に守られながらも、下へ下へと進んでいる。

「…………」

 その筈なのだが、俺の周りには兵士が一人も付いていない。
 なんでも、俺は一人でいた方が動きやすいとのことだ(by騎士長)。

 ……うん、間違ってはいないんだよ。
 その方が『面倒事対処シリーズ』の指示通りに動けるし、範囲技も使えるようになるからさ。

 でも、そういうのは自分で選ばせて貰いたいだろ?
 『朝政君……は来ないよね?』と言われた時のアレ、俺かなり傷付いたんだからな!

閑話休題トラウマ・錯乱中

 ま、まぁ。
 そんなワケで、俺は現在も一人で召喚者達の後ろをトボトボと歩いている。
 幸い音楽機能はアップデートされているので、昔見たアニメを、音だけで楽しむことにした。

「冒険しないと駄目なんだな~」

 今見て(聴いて)いるのは、ダンまちだ。
 折角ダンジョンに来たのだし、やっぱりそれに関係するアニメが一番じゃないか。

 主人公が怪物と戦うように、召喚者達もまた魔物と戦っている。
 目の前では実際に、兵士が弱らせた魔物に止めを刺そうとしているのだ。
 ……うん、普通の人は生き物を殺す必要はなかったからな。

 むしろ、俺はどうして日本でそんな経験を積んだんだっけ……うっ、思い出そうとすると頭が……ってことは無い。

 簡単に言えば、誘われた遊びに行ってみたら何故かサバイバルをやらされたってだけの話だ。
 色々な動植物も捌いたし、キャンプスキルが有ったら取れてたんじゃないか?



 大体二話ぐらい終わる頃には、召喚者達も殺生に不快感を覚えなくなっていた。
 アキ達によると、そういう考え方になり易くなるのもまた、召喚者の特徴だそうだ。

 なんでも思考誘導をし易くするよう、召喚する魔方陣に予め魔法を刻んでおくそうだ。
 そうすることで、召喚された者達は考え方が変わり易くなるとのことらしい。

 ……あ、俺に関しては問題無いとナツキが言っていた。
 経歴を知っているからその言葉に一安心だが、国も国で結構ブラックなんだな~と感じたな。

 だって、クレームを言えないように傀儡にしていくんだろ?
 思考が乱れればそうなる筈だし、そうでなくても考えを奪われた者の末路なんてありふれた物語でも分かる。

 ――だからこそ、それを乗り越えられた召喚者達によって反撃に遭うんだけどな。

「魔物は……もう、近くにはいないかな?」

 魔力と氣力による探索を行い、周囲の警戒は怠らない。
 このダンジョンには不意打ちを行う魔物もいるらしく、俺のように集団から外れた者を闇に紛れて殺していくそうだ。

 実は、俺ってそういうのを望まれているのかも知れないな。
 死にかけになった所に強奪能力者が出現して、俺のスキルを掻っ攫っていって俺はそのまま死ぬ……そんな展開にならないように、なんとしても生き残らなければ。


 それから再び三話程終わり、召喚者達は成長したLvのゴリ押しで10階層に出現した階層主に無双した。
 ……おかしいな、俺のステータスに変化は何もないのに。

 リア充君も聖剣を振り回し、巨大な魔物を倒していたぞ。
 流石にいつまでも俺の妨害をする暇は無いようで、騎士長達と話し合って予定などを決めていた。

 これがクラス召喚とかだったら、そろそろ調子に乗った男子がイベントを起こすなんてパターンもありそうだが……大人も複数人混ざっているランダムな召喚だったので、そういう展開は無いみたいだ。

「……さて、チャンスはまだだな」

 『面倒事対処シリーズ』によると、イベントは更に深い所で起きるらしい。
 そして、その場所こそが俺と召喚者達との別れの場所になる予定だ。

 はてさて、成功するのかな?


===============================

参加者:アサマサ以外

アキ:あの国、まさかまだやっているとは思わなかったよ
その時の王の野郎に誓約書まで書かせてやった筈なんだが……どうやって掻い潜った

フユツグ:何を誓わせたんだ?

アキ:術式の使用禁止だ
精神誘導は初期にやられると厄介だからな
嫌がらせも含めて禁止させた筈だ

ハルカ:精神誘導魔法だけを禁止させたのですか?
それとも、固有名を指定したのですか?

アキ:精神誘導魔法を禁止させた筈だ

ナツキ:なら、定義を変えちゃえば直ぐに使えちゃうわよ
洗脳魔法も禁忌魔法だけどあるんだし、やりようは幾らでもあるわね

アキ:確かに洗脳魔法はあったが……まさかあのクズ、そこまでしてやろうとするとは
やっぱり国ごと滅ぼした方が良かった

だが、迷宮に朝政を連れて行ったことだけは褒めておいてやる
あそこには、色々と仕舞って置いたからな

フユツグ:何を仕舞ったんだよ
勇者様の宝なんだから、相当な物なんだろ?

===============================


 この後、アキは宝の種類と効果を周りに伝え、有効な活用法を知ることになった。


「異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く