異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた

山田 武

スレ20 間が空く敬語



 それから、暫くの時が過ぎていった。

 結局時間って過ぎていくんだよな。
 嫌だ嫌だと思っても、生きている限り時間は必ず経過していく。
 ……まぁ、色々な事情があって『時間は平等』とか『形あるものはいずれ壊れる』等の発言には賛成できなくなっているけどな。

 地球に居るアイツらの助言も受けて、国を出る為の準備を行い続けていたんだ。

 ……そう、この国から出ることになる。
 元々あんまり好印象は感じていなかったので、それ自体は構わないのだが……この日までの俺の扱い、あの模擬戦からだいぶ変わっていた。

 兵士達は『アサマサ……様』とやけに行間が空いているが『様』を付けたり、無属性の魔法士を用意してくれたり――まぁ、色々とされたな。
 用意された無属性魔法士も実は……みたいな展開が遭ったり、お偉いの方々が憎しげな眼で俺を見ていたりとイベントも様々だ。

「……!」

 召喚者からも、偶に声を掛けられるようになったな。

 ――「お前、一体どんなチートを持ってるか言えよ」って。

 俺がチート持ち? 全く、全然違うだろ。
 チートってのは、俺よりリア充君の方がふさわしい単語だな。
 俺にピッタリなのはあくまで無能であり、あんな仰々しい言葉は似合わない。

「……い!」

 大体、強奪系のチート持ちが何処かに隠れている筈なんだ。
 細心の注意を払わなければならない。
 俺のスキルはどうせロクなものが無いから要らないだろうが、必要なスキルを周りから集め、リア充君のスキルを奪うようになった時が一番不味いな。

 『面倒事対処シリーズ』によると、既に被害者はいるがそれに気付いていないという変な事件が起きているとのこと。
 スキルにLvがあり、下がらないギリギリまで経験値を奪う能力……だとか書かれてた。

 そこで思ったことは二つ――

・どうしてそんなに知っているのか
・レベル? ナニソレオイシイノ?

 これらのことである。

 そこまで強奪系の能力に詳しい奴を、俺は一人しか知らない。
 だがソイツも奪うのはアイテム系であり、スキルは奪えないと言っていた。

 嘘を吐いているということもあるが、まぁ俺は信じているということで。
 ……ま、多分書いているのは女神なんだろうけど、

 ってか、もう一週間過ぎてるぞ。
 今更だがこのサービス、いつまで続くんだろうな。

 そして……あれ?
 ステータスを開いても、そんなものスキルのLvなんて見つからないよ。
 Lvまで、俺はバグってるのか?

「……ま、慣れてるからいいや」

 いや、なんでそんなにあっさりと……的なセリフは聞き飽きている。

 ……なんでだろうな。
 俺自身は普通な筈なのに、何故か知り合いが関わるイベントに巻き込まれるんだよな。
 あくまで俺は――主人公の居るクラスの二つ離れた教室で、ただ影になっているだけのモブ的な存在な筈。
 なのに、いつの間にか友人が大量にできて異世界にまで召喚されてしまう。

 色々と心当たりが無いでもないが、そこは今は良いか。

「あ、スキル増えてる」

 そういえば、すっかり忘れてたな。
 最近またどんなスキルが欲しいトークをしたんだけど……さすがにそのスキルがあったらアイツらを疑っていたかも。

 だがそんな都合の良い展開など存在せず、ついでに今調べて称号と連動したスキルが手に入っていた。

 新たな称号の獲得もまた、『面倒事対処シリーズ』に記されていたことだが……本当に手に入るんだな。

 いいのかな?
 そんなに教えちゃって。
 俺って、そこまでしてもらわないと死ぬって思われているのか?
 強ち間違っていないのがとても悲しいが、事実だしな。

 それに、保険はどれだけあっても構わないし……できるだけ手札は増やしておこう。

「――おい! 聞いているのか!!」

「……あぁ~すみません。ステータスの確認に集中していたので、すっかりです」

「き、君は……!」

 小説とかだったら、絶対に次のシーンに移行する瞬間だったよな。
 それなのにここで割り込んでくるとは……全く。

 現れたのはリア充君、あれからちょくちょくチョッカイを掛けてくるんだよ。
 お前は嫌がらせをしたい小学生男子か! と言いたくなるぐらいに面倒な奴だ。

 適当にあしらっているのだが……コイツ、全然諦めない。
 いつまでも俺に勝負を仕掛け続け、その度に逃げなければいけない俺の身にもなってほしいよ。

「今日こそ勝負するんだ!」

「あ、いえ。嫌です」

「僕をここまで貶しておいて、君と言う奴はまだ逃げるのか!」

「あ、はい。そうですね」

 回答も適当になるのは当然だな。
 ……ハァ、俺はここから出るまでコイツに付き纏わられるのかよ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ちなみにだが、脱出をするとは言ったがいつ出るかは決めていない。

 ――なんだか、タイミングの良い脱出の機会が無いんだよな。

 城から出たことは一度も無いし、出ようとすると必ず止められる。
 そんな状況で消えようとしたら直ぐに勘付かれるしな。

 だが、遂にそれが来たのかも知れない。

 ――迷宮へ行くと言われたのだ。

 この世界の魔王は迷宮内に居るだの云々と言い、召喚者達をお偉い様方はそこへと連れ出そうとしている。

 偉大なリア充君は当然それを受け入れ、他の者もそれを承諾した。
 俺もまた、それを是として肯定するんだけどな。

「(迷宮で死んでも、誰も困らない。それも書かれてたしな。……どんだけ先を見ているんだよ。あの女神、未来視能力があるのか?)」

 ま、それはそれとして、ダンジョンへ行くのだ。

 きっと機会を求めるのは間違っていないのだろう。


「異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く