異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた

山田 武

スレ19 定まる決意



===============================

参加者:全員



・模擬戦を説明中


アキ:それで、その後どうなったんだ?

アサマサ:いや、そうだなー
周りから異物のような目で見られたな
結構そういう目って分かるのになー

フユツグ:そういや、そのリア充君とやらの聖剣、どんな効果を持ってたんだ?
俺としちゃあだいぶ気になるんだが……

アサマサ:ちょっと待ってろ
――『納剣再生』『破邪特化』『聖者補正』『格上補正』『魔法破壊』『破壊成長』だな
今回一回破壊したから、多分成長するだろう

フユツグ;あんま強そうじゃないな
どうせなら『不壊』とか『万切』とかがあればよかったのにな
ぽきぽき折れて、使い勝手悪いだろ

アサマサ;回路自体は全部トレースしたし、メイカに頼めば模造剣ができそうだな
自前の剣の方が硬かったから使わないけど

アキ:あぁ、魔技師様ね
てか、お前の剣ってあの透明なヤツだよな

アサマサ:そうだけど?
あ、あの剣ってどれだけ魔力を注げば満タンになるか知らねぇか?
全然分からなくて困ってるんだよ

ハルカ:ふっふっふっ、そんな朝政さんの為の新機能――転送システムの搭載です!
個人チャットにある転送システムをクリックして、そこに展開された魔法陣に物を乗せると……なんと、相手に届きます!

アサマサ:えぇ~、何そのショッピングチートみたいな感じのヤツ
いや、純粋に嬉しいけどさ

ハルカ:それで朝政さんに渡したい物が渡せますし、逆に朝政さんも渡せます
ただ色々と問題があって、一週間に一度しか使えません

アサマサ:……やっぱり、ちゃんとリスクってあるもんだよな
とりあえず、全武器を届けるわ
ストックは10本ずつ取っておいてあるし
あ、連絡付くのかな?


・連絡中


アサマサ:意外と繋がるもんだったな
次の転送日には、結果が分かるそうだ

ナツキ:そういえばマサ、どうしてあんなことやったの?

アサマサ:お前らの誰かがチャットを送ってきたんだろ
『面倒事対処シリーズ』って

ミランダ:同朋よ、そのような情報、電脳掲示板には載せられていないぞ

アサマサ:え、いやほらこんなことが書いてあるぞ!


・コピペ中


アサマサ:って、誰か知らねぇの?

ハルカ:……管理者権限で探していますが、やはりそんなスレは上がっていません

アサマサ:え? でも、ほら載ってるし

ナツキ:マサを信じていないワケじゃないの
だから、それは賢者様より上手な奴がマサに送ったスレなのよ
何か心当たりは無いの?

アサマサ:うーん、心当たり……駄目だ
一個しか浮かばないや

アキ:一個あるんだな
ここって、何にもないパターンだろ

アサマサ:最初に召喚された時にさ、女神様に言われたんだよ
プレゼントを付けるから、一週間は生きていけるってな
面倒事に死が関わるなら、それも当てはまるのかなーってさ

フユツグ:へぇ~、どんな女神だったんだ?

アサマサ:面白い神だったと思うぞ
異世界にスマートフォンを持ってかせてくれたし、チャットアプリだけだけど使えるようにしてくれたし、俺と一緒に強奪系のスキル持ちがいることも教えてくれたし
――お前らが俺抜きでカラオケパーティーを始めてたことも教えてくれたからな


・アサマサ、チャット無視中


アサマサ:……悪かったよ
再生機能を付けてくれるなら、手を打つ

ハルカ:分かりました
こちらでベストセレクションだけでも用意しておきます

アキ:著作権……大丈夫なのか?

ハルカ:異世界にJASP\ACは訴えに来ませんので大丈夫です

アサマサ:ここら辺の話、ヤバそうだな
あ、そういや俺が武術スキルを取れないのって、俺が全部中途半端だからか?
色々とやって、今回リア充君相手に遠距離武器以外全部試したけど……意外と付いていけたんだよ
それでも称号に何も付いてないってことは、俺が特に凄いことをやったワケじゃないってことだし……

(ケントが参加しました)

ケント:映像視たぞ
おいおい、なんだよあの天地は

アサマサ:あれ、映像撮ったけ?

ハルカ:あ、転送機能が追加された時に、朝政さんの所にカメラを送ったんですよ

アサマサ:そ、そうなのか
天地はあっちで初めてやったから……って、元々お前に駄目って言われた技だろ

ケント:なんで色々と教えたのに、元の型と全く変わってないんだよ
折角、お前の考えたアレンジを見れると思ったのに……
研究のし甲斐がねぇじゃねぇか

アサマサ:いや、そんなこと言われてもな
全員から教わった型をそのまま使ってるぞ
俺の工夫なんて工夫にならないんだし、そのままに決まってんだろう

ケント:なら、前よりイメージが正確になってるのはなんでだ?

アサマサ:(想像補正)ってスキルがステータスに入ってたからだと思う
ケントが使ってたイメージをそのまま生かして使ってみた

ケント:……そんなもんなのか?

アキ:まぁ、イメージ通りの行動に補正があるらしいからな
朝政の言ってることは本当だぞ

ケント:ふーん、そんなもんなのか


・閑話休題


フユツグ:アサマサ、お前これからどうする予定なんだ?

アサマサ:うーん……お前ら的に、国からは出てほしいんだろ?

ナツキ:まぁ、そのままだと奴隷確定よね

アサマサ:なら、そのうち脱出してみるよ
丁度『面倒事対処シリーズ』の更新がされたからさ

ハルカ:え゛!? 詳しく見せてください!!

===============================


 この後、朝政の掲載したそれを見て、彼らは朝政の身の振舞いを伝える。

 そして、朝政は国を出ることを決意した。


「異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く