異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた

山田 武

スレ18 砕ける聖剣



 闘いは始まった。
 俺は生成した剣に魔力を籠めて、強度をできるだけ高めた。……例えどんな聖剣であろうと、聖剣というだけで切断力が高いことは分かる。

 リア充君がいきなり俺にツッコんでくることは無いし、MPが0になる寸前を確認しながら、剣に可能な限り魔力を注ぎ込む。

 尽きかけて 回復したら また注ぐ
 延々続く ルーティーンかな

 変な川柳が浮かんだが、実際こんな感じでやっているな。

「……また受け身の姿勢かい?」

「うーん、まぁユウキさんが相手ならこれぐらい充分か。では、行かせて貰います」

 未だに、剣に籠められる魔力に限界は確認できていない。

 初めて創ってからずっと魔力を籠めるという行為を行っているのだが、今まで自分で注いで満タンになったことは無いのだ。

 その後創った収納系の魔法"虚無庫"に入れておくと、勝手にMAXまで溜まっているのだが……限界値って幾つなんだろうな?

 とりあえず1000程注げた"虚無剣"は、透明色から少しだけ不思議な色加減に変化していた(これ、何色なんだろうな。薄らとした虹色みたいだ)。

 それを握り締めて体中に魔力と氣力を張り巡らせ、軽ーく地面を蹴ってリア充君に剣を振るう。

「なっ!?」

 何を驚いてるんだろうな。
 あ、最弱の速度が予想以上だったからか。

 リア充君は俺の剣速に対応し、聖剣で即座に虚無剣を弾いてくる。

 ……うん、剣越しに回路を読み取れば詳細も分かるかな?
  さっきまでは(鑑定)も弾かれてたが、直接繋げば少しぐらい情報も分かるだろう。

「どうしたんですか? そんな風に驚いた反応をして。もしかして、自分の剣に斬れない物は無い……なんて、恥ずかしいことを思っていたんですか? あぁ、それなら仕方有りませんね。世の中には、自分の想像を超える物ってのがあるんですよ」

「君は、どうしてそんなに早く動けるんだ。君のその速さは、さっきの騎士長の速さを超えるものじゃないか。それにその剣、君の魔法で作られた物のように視えるけど……僕の聖剣には魔法解除の効果がある筈。一体、それにはどんなカラクリがあるんだい?」

 へぇ、そうだったんだ~。
 折角一瞬じゃ読み取れなかったのに、わざわざそんな大切なことを教えるなんて……アイツらだったら折檻してくるな。

 魔法解除か、確か魔力解除に使った魔力以下の魔法を無効化するって能力だったな。
 初期のリア充君のMPが、確か1000だったから……最初は余裕を含んでそうだし、それで失敗したのか。
 俺の剣、1000の魔力を籠めたしな。

 聖剣は遠くから(鑑定)できないが、リア充君の方もまた、聖剣の影響を受けている所為か(鑑定)することはできない。

 だからこそ、本当は事前にしたかったんだが……それもまた、指示に書かれててさ。

『目に視える物が全てじゃない、故に(鑑定)は禁止……特に自分自身』

 ……なんで、俺のことなんだ?
 やっぱり、リア充君が(隠蔽)系のスキルを持ってるってことなのか?
 まだ見ぬ強奪系の能力者も絶対にスキルを隠しているし、この忠告はしっかりと受けないとな。

「カラクリ? ユウキさんの剣よりも、俺の剣が優れていただけですよ。ほら、気にせず闘いを続けましょうよ。そんな風に、今まで嘲嗤っていた相手にいつまでもビビっているようじゃ……好きな人に引かれますよ」

「……なら、魔法も使わせて貰うよ――"火球""水球""風球""土球""光球""闇球"!」

 六色の球(ビーチボールサイズ)が宙に出現し、俺の元へと高速で飛んでくる。

「えっと、どうしてわざわざ口に出して発動させてるんですか? ……ゴメンなさい。そういう痛いのが趣味の人も、世の中にはいますよね("虚無限弾")」

「……は?」

 そしてそれらの球は、ビー玉サイズの小さな弾に当たり――消滅する。
 一方で、俺の指から弾は、放たれた勢いを保ったままリア充君へと進んでいく。

「くっ、まさか(思考詠唱)を持っているとはね。それにやっぱり、(隠蔽)も習得しているとは――"聖壁"!」

 六発の虚無限弾は、リア充君の創り出した壁に当たって消滅する。
 ……まぁ、MP15しか籠めてないしな。

「じゃあ、もう少し強くしますよ~("虚無限弾・螺旋弾")」

「ま、まさか……ぐわっ!!」

 ありゃ?
 まだ二発しか撃ってないんだけどな。
 MP30を籠めた槍状の弾丸により、彼の壁はあっさりと壊された。

 いや、もう少しMPを籠めろよ。
 どうせ俺相手だからって最低限のMPしか消費してないんだろ?

「すいません、加減ができないもので。あ、やっぱりユウキさんの得意な剣で勝負した方が良いですよね。俺に教えてくれたんですもの……スキルを持って無い俺なんか、楽勝ですし。あ、でもそれじゃあこの状況って一体なんで生まれたんだろう」

「…………殺す!」

 うわっ、マジもんの殺意じゃん。
 最初に会った頃のみんなが、それ以上の殺気を放ってたから別に気にしないけど……あの時の俺、よく気絶しなかったよな。

 虚無剣に少しずつ魔力を籠め、魔法無効に対応しようとする。
 ……ま、折れたら折れたでまた別のを使えば良いんだけどな。

 さ、勝負を続けようか。
 殺気で眼がイっているリア充君を見ながらも、剣を構えて攻めてくるのを待った。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 勇者と闘うその男に、その場に居る者は、初めは誰も期待していなかった。

 いつ負けるか、それを賭けて遊ぼうとしたり、何故挑発をするのか、聖女に長時間癒して貰いたいのか? と邪推したり、どうしてステータスを隠しているんだ? 奪い甲斐のあるスキルを持っているのか? と今後の予定を企てる者らもいた。

 一番その中でマシな考えでも、ユウキ君、ちゃんと手加減するよね? であることからして、誰も彼に期待していないと如実に表れている。

 そして、勇者が殺気を放つ。
 その力の奔流に試合前のオーラに耐えられていた者も、失禁をして気絶していた。

 しかし、それを直に受けているであろう男は、それをサラッと受け流し、まるでそれが普通であるかのように振る舞っている。

 聖剣は眩い光を放ち、魔を払う勇者の相応しい輝きを見せている。
 男の握る透明にも見える白っぽい剣は、男と同様に全てが謎に包まれた不可思議さを醸し出していた。

 それらがぶつかり合い、聖なる力と魔力が雷撃のように宙に広がっていく。
 彼らの力は空間を伝達し、その場にいる者全てに理解させる。

『……互角、ただの男があの【勇者】と!?』

 未だに剣戟は続き、男が勇者とせめぎ合う様子が見て取れる。
 勇者が魔法を発動させると、男もまた、詠唱を行わずに魔法を発動させて破壊する。

 ……魔法の威力は男の方が上であるのか、一度も勇者の魔法が男に届いたことは無い。

 だが、男の魔法も勇者の魔法を破壊した後は剣によって無効化される為、勝負は中々終わらない。

 ――しかし、少し変化が起こる。

「あ、ヤベっ」パキッ

 男の剣が折れ、消失する。
 勇者はそれを隙と考え、更に猛打を行っていく。
 男はそれをもサラッと避け続け――。

「ほいよっと」カキンッ

 いつの間にか握り締めていた槍を使い、剣とぶつけて剣を防ぎ始める。

 元々男が使っていた剣は、魔法によって生成された物だ。
 新たに武器を生み出すこと自体に何も問題は無い。

 ……だが、何故槍を使うのか。

 それを観客達は思う。
 勇者ならば(聖武具術)という全ての武器を扱うスキルを持つ。
 聖武具はあらゆる聖なる力を帯びた武器のことを指し、聖なる力を振るう勇者にはそれら全てを扱うだけの許可証が与えられる。

 だが、男は違う。
 (剣術)すら持ちえない男が、勇者と剣術で渡り合った。
 なのにその剣の腕前を捨てて、今度は槍で勇者に挑む。

 意味が分からなかった、しかし理解させられた。

 ――男は何を使っても、勇者に匹敵するだけの力を誇っていたのだと。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 それから何度か打ち合う度に、武器が壊された。
 剣、槍、斧、槌、鎌、刀、矛……使う度に破壊され、何度も何度も新たに武器を生成していく。

 魔法による闘いは意味を成さず、いつまで経っても勝負に決着はつかない。

「……何なんだい。君は、今まで僕に力を隠して愉悦に浸っていたのかい!!」

 その状況に、リア充君は耐えられなかったようだ。
 似たようなことをグチグチと述べ続け、観客はもうドン引きなことを勝負の間中ずっと言い続けている。

「――いい加減、死ねよぉおおお!!」

「……え、嫌ですよ」

 生み出すのも疲れたので、今度は"虚無庫"から取り出した棍で聖剣を防ごうとしたのだが――。

「あ、なんかゴメン」パキッ

「……ぼ、僕の聖剣が……」

 今までの蓄積したダメージから聖剣が砕けてしまい、剣身が半分程になってしまった。

 この闘いで"虚無庫"から取り出した武器を使うのは初めてだったんだが……どんだけ硬くなってるんだよ。

 これまでの闘いで魔力を籠めれば程、武器が硬くなることを理解していた。
 それでも武器はMPで絞り出せる範囲で1ずつ上げて硬くしていたんだけどな~。
 さっき丁度100で作った武器を破壊されたから、"虚無庫"に入れて置いたヤツに切り替えたんだ。

 でも、まさか壊れるとは……。

「許さない許さない許さない許さない許さないコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねーーーーーーーーーーーーーー!!」

「え、だから嫌ですって」

 そして、心が壊れたリア充君がポキッと折れた聖剣を握り締め、俺の元にやって来る。
 ――そろそろ終わりにするか。今は丁度棍だから……。

 肩に棍を乗せ、重心を低めにしてリア充君が来るのを待つ。

「死ねー!」

「はい、終わり――"天地"っと」

「グギッ!」

 そして、驚異的な速度で突っ込んで来たリア充君へとグルンと棍を廻し、喉仏の辺りに差し込む。

 そして、魔力と氣力を波動のように叩き込み浸透させていった。

「えっと、救護班お願いします」

 俺がそう言った途端、グラッと体を揺らしたリア充君が地面に倒れ伏す。
 ……どうして、こうなったんだろうな。


「異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く