異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた

山田 武

スレ17 面倒事への対処法



 前回のあらすじ
 【勇者】であるリア充君が勝負を挑まれる

「あ、はい。よろこんで」ザワッ

 俺のあっさりとした許諾に、周りの者達は驚いている。

 それは、目の前の男も同様だ。

「……本気で、そう言ってるんだね?」

「勿論そうですけど。あ、もしかして俺の為にわざと芝居を打ってくれようとしたんですか? 俺が偉大なる【勇者】に御就きになられた崇高なるユウキ様に戦いを挑まれ。周りの空気に合わせて仕方なく戦った後で、完膚なきまでに負けて俺を、他の奴は苛めなくなる……そんな感じですか? ならゴメンなさいです。俺、ユウキ様のことはそういう風に見れないんですよ。だって……心から、俺は男ですから」

 長ったらしい俺の発言に、リア充君のこめかみがピクピクしているのが目に見える。

 ……あぁ、なんでこんなことを言わなければならないのか。

 それもこれも、昨日見てしまったチャットの所為なんだよ――。


===============================

参加者:面倒事対処シリーズ


ケース01:模擬戦関連

STEP01:偉い人から戦いを挑まれましょう
黙って従うのがベスト 条件はそのままで
貴方ならきっと勝てます、友達を信じて

STEP02:調子に乗ったウザい奴からの勝負に応えましょう
そのまま従うのがベスト 魔法と氣力は解放
ついでに挑発もするとプラスポイント





===============================


 誰が送ったかは知らないが、あのアプリには俺の知り合いしか登録されていない筈なので、恐らく誰かが載せたんだろうな。

 なので俺はそれの指示に従い、リア充君を挑発したワケだが……ヤバいな。

「じゃあ、ルールは相手に『参った』と言わせる以外は無制限……それでイイよね?」

 目が脅してるぞ。
 俺に『YES』の答えしか求めてないんだけど、リア充君。

「えぇ、それで構いませんよ。あ、気絶も敗北条件に足しておいてください」

「うん、そうだった「――ユウキ様の意識が無くなった時に処理できなくなりますから」……言ってくれるね、アサマサ君」

「え、何をですか? 俺はただ事実と真実と現実を、誠実に伝えているだけですよ。ユウキ様が地面を舐めるのは決まっていることですし、当然のことじゃないですか」

 ドドドドッと言わんばかりにリア充君から神聖なオーラが発生し、それに影響された人達が竦んでいる。
 【勇者】って凄いな、そんなこともできるのかよ。

 あ、ちなみに俺の微妙な挑発も、地球にいる商人から教わった。

 アイツ、Sの気があったからな。
 微妙な毒舌しか吐けない俺に、ベノムなポイズンをめっちゃ吐いてきたよ。
 俺、何回orzの体勢五体投地になったことやら。

「さぁ、準備をしましょうよ。ユウキ様は早く本物の聖剣を装備してください。後から偽物を使ったから負けた……だなんて、一々聞かされるのは面倒なんですよ」

「……君がそれを望むなら、僕もそうする他無いね」

 そう言って、リア充君は右手を前にスッと出して叫ぶ。

「来い、"リースレング"!」

「うわー、ひくわー(棒読み)」

 右手に光の粒子が集まって、それは剣の形になっていった。
 白をベースに黄金や白金の装飾が施された鞘に仕舞われたその剣を、リア充君は一瞬の内に握り締めている。

 俺の感想も気にせず、リア充君はそれの調子を確かめるように、ぶんぶんと振り回す。

 ――その度に光芒が残るのがウザい!

 アキやフユツグ達の剣は、どれだけ見ていても困らない美しさを持っていたんだがな。
 使い手が素晴らしいからか?

「アサマサ君は……武器は必要ないよね?」

「え? 使いますよ、ちゃんと」

 (無魔法)を発動し、俺の右手にも剣が出現する。
 違いは俺の剣に何の装飾も無く、無骨なデザインになっているってことかな?

「(剣術)スキルは持って無いように視えるけど……」

「(剣術)スキルが無いと剣を使えないだなんて、誰が言ったんですか? ここはゲームの世界じゃないんです。適性があろうがなかろうが、持つことは誰でも可能ですよ……あ、ユウキ様の聖剣(笑)は違いましたね。選ばれし者(笑)だけが使えるんでしたか」

 前にも言ったが、聖剣は特別な材料を使用しただけの白く輝く魔法剣だ。
 使われた材料の所為で非常に燃費が悪いのだが、【勇者】だけがその燃費を気にせずに扱える……まぁ、そういうスキルを持っているらしいからな。

 そんな選ばれた者だけが使える聖剣を、今回の指示通りならば……うん、嫌な予感しかしないな。

「試し振りはしないのかい?」

「何を言ってるんですか、ユウキ様のちんけな玩具と違って、俺の剣は――」

 ブンッ スパッ

「何でも斬れちゃうんですよ。ですから、ユウキ様や子供のように、責任も持たずにそのようなことをするなど、俺にはできません」

 ま、後で"原点回帰"で元に戻すし、戦闘が始まったら四方を"虚無結界"で包み込むから大丈夫なんだけどな。

「ユウキ様、そろそろ「いい加減、僕を様付けするのは止めてくれないかい?」なら、ユウキさん。早く始めましょうよ」

「……良いだろう。君は僕をここまでコケにしたんだ。優秀な(回復魔法)の使い手もいることだし、君には完膚無い敗北を味わってもらうよ」

 確か……アヤさん、だったかな?
 あの人のスキルなら……うん、大丈夫そうだな。

「では、胸を貸して貰いますよ」

「いつでも掛かっておいで」

 そして、俺とリア充君の勝負ケンカが始まった。


「異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く