異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた

山田 武

スレ14 聖剣は高燃費



訓練場


 魔法の練習は唐突に終わり、俺達は次の段階へと進んだ。

「それじゃあ、自分に合う武器を選んでくれよ。自分の持っているスキルを考えて、一番いいと思う武器を選ぶんだ。あくまで今使うのは、練習用のものだ。早い者勝ち、とかそういうワケじゃ無いからな」

 そう強そうな鎧を装備した中年の男が俺達に言うと、召喚者達は兵士達が持ってきた武器へと群がっていった。
 武器か……どれか一つ、優れた物がある訳じゃ無いからな。

 一通り習い過ぎて、今の俺に扱えない武器は無い。
 ま、扱えると言っても、スキルとして認定される程上手ってワケじゃ無いがな。

 うーん、どれを選ぶかー。
 何だか一つの武器を選ぶと、他の武器を教えてくれた奴から怒られそうなんだよなー。
 実際には魔法だけで戦うって選択肢もあるけど、MPが人並みの俺にはやっぱり武器が必要だ。
 うーん、どれを選ぶのがベストなのか。

 ……これは質問できないな。
 誰に訊いても自分の教えた武器が一番、魔法が一番と言うに決まっている(魔法も話だけ聞いた)。

 そうして悩んでいると、少しご機嫌なリア充君が俺の元にやって来る。

「おや、アサマサ君。まだ選んでいなかったのかい? 君だけだよ、まだ武器を決めてないのは」

「……これからの人生を分ける、大切な物ですからね」

「そうかい。あ、僕はこれにしたよ」

 面倒で複雑な回路が刻まれた模造剣を握っている。
 回路についても教わったけど……おいおいこれって――めっちゃ効率の悪い回路だな。

「模造聖剣、【勇者】を持つ僕の為にあったような物だよ。実際、他の人が持とうとしても、バリアみたいな物に弾かれてたしね」

「そ、それは凄いですね」

 うん、凄いな。
 そんな無駄な回路で選別の機能まで付けてるのかよ。
 ……あぁ、確かに選別と拒絶っぽい回路もあるな。

 聖剣といっても、別に特別な物では無い。
 聖なる武器とは、特別な材料を使用して魔力回路を作った武器なだけだ。
 魔力を通した時に、純白の光が発生すれば大体聖なる武器だな。
 それ以外の色で光れば、大体のものは魔の武具――魔◯(○には武器の種類が入る)と呼ばれるぞ。

 要するに、リア充君の持っている剣は高価だが無駄にMPを使う剣だってワケだ。
 特別な素材はMPを尋常じゃない程に消費して、回路を巡らせる。
 その上に非効率な回路にしていれば……聖なる武器を使うと色んな特典(聖◯使用時補正など)が付く【勇者】じゃないと駄目だよな。

「じゃあ、アサマサ君も良い武器を選んでくれよ。例えば……素手とかね」

「――ッ! あ、それ良いですね! ありがとうございます!!」

「へ? え、あ、うん」

 キョトンとした様子のリア充君だが、俺にはそんなことどうでも良い。

 そうだ、別に武器を使わなくても良いじゃないか!
 幸い、拳闘術は武器を持っていない時の緊急用として全員が教えてくれた。
 その選択ならば、誰も不幸にならないぞ!

 リア充君、良い奴だったな。
 今度会ったら、効かないだろうが威圧をしようと考えてたんだが……やっぱりキャンセルにしておこうか。

 とりあえず、それを伝えておこう。
 偉そうな人の前に向かい、会話をする。

「確か……アサマサだったな。お前はどの武器を選ぶんだ?」

「あ、はい。俺は素手にしようかと」

「素手……格闘術か?」

「えぇ、素手でないといけませんので、特に籠手なんかは必要ありません」

「そうか……なら、良いんだ」

 なんか、凄い引いてる気もするが、別に気にしなくていいか。
 一度ペコリとお辞儀をしてから、元いた場所に戻る。

◆   □   ◆   □   ◆

 結論から言おう。
 俺は担当無しで武術を練習することになった……in 隅っこ。

 何だか魔法と同じような展開になったが、今回に限っては完全な自業自得だし、むしろ一人で練習したいしな。

 理由は勿論、格闘術を教える相手がいないから……ではなく、それぞれがそれぞれで教える武器があるので、武器無し担当の者が存在していなかったからである。
 兵士の中にも、格闘術を嗜む奴はいるらしい……のだが、そういう何個もできる優れた奴は、大体が武器を教える側をやっていて、余っている兵士にはいなかったというワケなのだ。

 ま、これで色々とできるよ。
 どれだけ沢山の武器を使っていてもバレないし、どれだけ変なことをやっていても気にされないだろう。

「じゃあ、歩行術の続きだな」

 前は"縮地"の段階で、いきなり足が縺れて吹っ飛ぶという事態に陥ったのだが、チャットで教わったコントロール法を実践してみると、それもしっかりとできるようになった。

 今では"縮地"での高速移動も、その気になれば(50cmぐらいなら)できるぞ。

 そして、今回行うのは"潜蛇"。
 クネクネとした移動法を取る時に使うヤツだな。

「足に氣を籠めて、モノレールのように……潜蛇」

 意識して足を踏み出すと、急に重心が崩れた横に倒れてしまう。
 ……やっぱり、そんなに直ぐには使えないよな。

 これを教えてくれた忍者は、どっかに忍びの漫画並に色んなことを見せてくれた。
 ソイツが"潜蛇"を使うと、荒れ地であろうと障害物があろうと綺麗に避けていき、真っ直ぐ走った時と同じ速度で進めていた。

「もう少し、練習が必要だな~」

 "瞬歩"で50cmずつ移動しながら、これからの練習法について悩んでいった。


「異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く