異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた

山田 武

スレ13 闘うのは幻想の敵



訓練場


「ステータスオープン」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ステータス
名前:アサマサ・ワタリ (男) 
種族:異世界人Lv4 職業:【■■使い】Lv1

 HP:100/100
 MP:100/100 
 AP:100/100

 ATK:10
 DEF:10
 AGI:10
 DEX:10
 INT:10
 MIN:10
 LUC:0

通常スキル
(言語理解)(鑑定)(無魔法)
(体力回復)(魔力回復)(氣力回復)(想像補正)

固有
【■■使い】

祝福
(地球神の加護)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ……何故だろうか。
 スキルが増えないことに悩むことを少し打ち明けた途端に、急にスキルが増えた。
 称号名が全部■で塗り潰されているのに、スキルだけは普通に習得できてたよ。
 効果は名前がそのまま表してるんだが(想像補正)って。
 ……俺はミランダじゃないから、そういう系は患って無いぞ。

 回復系のスキルを手に入れたお蔭で、今まで以上に魔法を使いやすくなった。
 MPも瞬間で回復し、今まで以上に魔法を同時に使えるようになったぞ。
 って俺、回復魔法を習得した気がまだしてないじゃん。
 その内習得しないとな。

「それでも武器に関するスキルだけは、未だに取れないんだよな~」

 みんなに教わった技術はある程度使えているが、それでもスキルには手に入らない。
 スキルは免許、その者がそのスキルに関わる技術を世界に認定して貰えた証だ。

「つまり、俺の技はみんなと違って不完全だから、スキルは習得できないってことか。成長できないのはともかく、スキルも習得できないのは辛いなー」

 異世界で騎士をやっていた奴に教わった構えをして、槍と盾を振るう。
 ……地球では全身鎧が出現した時点で盾は使われなくなったらしいんだが……アイツの世界ではスキル的なこともあって、盾を使うことになったらしい。
 あ、盾と槍は(無魔法)で創った物を使っているぞ。

 槍を振るい、時に想像の敵の攻撃を盾で流し、弾いて隙を突く。
 イメージするのは師である騎士だ。
 ……始めはなんとか往なすことができるんだが、アイツの槍が放つ連続突きへの対応が難しくて結局いつも負ける。

「……フゥ。次は棍にするかな?」

 地球での経験から、俺のイメージの相手は沢山いる(そこだけ聞くと虚しいな)。
 今度は手に無色の棍を生成し、再び架空の敵を相手に戦闘を挑む。

◆   □   ◆   □   ◆

 全然疲れない。
 それが何度かの架空戦闘を終わらせた後の感想だ。
 心臓は激しく脈打っており、体中から発汗が見られるのだが……それでも疲れているとは感じさせない。

 ステータスを確認すると、HPが殆ど減少していなかった。
 ……この世界の疲労って、HPで決まってたのかよ。

「……ってことは、まさに過労死ってのが存在するのかよ。黒い会社にお勤めの人は気を付けないと駄目だな」

 あの人達はHPを-にまでして社会と戦っているんだ。
 この世界に来た瞬間、死ぬかアンデッド的な存在になってしまうだろう。

 おっと、今は練習に集中だな。

「――シッ!」

 腰に携えていた刀を抜き、再び仕舞う。
 魔力によって創られた刀は、そのまま俺の魔力を斬撃として前へと飛ばす……のだが、変化は何も起きない。

 予め用意しておいた"虚無防壁"のお蔭で、目の前の景色は変わらないのだ。
 ……壁を斬れないって知られたら、きっと怒られるんだろうな。

 俺に刀を教えてくれたアイツは、どんなものでも居合切りだけで斬れそうだった。
 ……持ってるの、修学旅行で買えそうな普通の木刀だったのに。

「一の型――閃煌」

 教わった刀術の型を言い、習った通りの動きを行う。
 丹田から練り上げた氣力を、体中へと循環させていく。
 上半身に伸びた氣力は刀へと伸ばし、下半身に伸びた氣力は足へと伸ばす。

 ズドンッ!

 強化された足で地面を強く踏みつけたエネルギーは、俺の中へと何倍にも膨れ上がって戻って来る。
 そのエネルギーを体を動かして刀へと流動させて――斬撃として振るう。

 チュドォオオオン!

 放たれた斬撃は、俺の薄っぺらい壁一枚を破壊してしまう。

 その後に何重にも構えていた壁のお蔭で周囲には何の影響もないが、壁を破壊できたことは俺にとって喜びを与えてくれる。

「氣もこっちならある程度回復が早くなってるし、今まで使えなかった型も使えるようになるかもな」

 向こうでは、教わったのに俺の力不足(長時間使えなかったものを含む)で使えない認定されたものも多かった。

 だけどこの世界ならば、今までより少し多めに教わったことが使えそうな気がするよ。

「よし、最初は歩行術からだな」

 足は大体のことの基本だ。
 しっかり鍛えておかないと。

 この後、最初に試した"縮地"で既に躓いてしまった。


===============================

参加者:アサマサ以外

アキ:氣の使い方なんて誰が教えた!
∞の氣力を足に籠めりゃあ爆発するだろう!

ユキ:某が教えたのは刀剣に関わることのみ

リホ:同じく、隠身と歩行術だけ

フユツグ:俺も練り方は教えたな

アキ:そんなもん、俺だった教えたわ!
……ハァ、早くコントロールを磨いてくれよ

===============================


 氣に関する情報を知っている者は、当然朝政にそれらを全て教えていた。
 その為、朝政の氣の操作力はかなりのものである。
 だが、朝政自身が現在の自分に∞の氣力があることを知らないので、過剰に力を籠めてしまい、先程の『閃煌』は虚無で創られた壁を壊した。

 朝政がコントロールを気にし始めるのは、チャットを行ってからの話である。


「異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く