異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた

山田 武

スレ11 かなりウザい勇者(リア充)



訓練場


 創作物ではあれから◯日後、とか都合良く時間が経過するけど……現実はそう甘くないよな。
 時間は平等に進んでいくし、誰もが逃れることができない。
 ……あ、そういえば例外とも言えるうぴ奴に会ってたな。
 結構気さくな奴なんだけど、とりあえず今は良いか。

 と、いうワケで俺は逃れることのできない時間の流れという壁に阻まれて、再び訓練場の隅で魔法の練習を行っている。

 これって多分、今日も含めて最短でも五日はやるんじゃないか? リア充君の属性適性は全部なんだから、一日に一属性ずつ習っていけば……ほら、あと五日だ。

 あ、とりあえず王城に居る属性魔法士は、火・水・風・土・光・闇・回復だな。
 回復だけは呼び方が違うらしいが……使えない俺には関係無いだろう。

「("虚無纏剣")……よし、できた」

 俺の右手には、透明な魔力が剣の形をして存在している。
 切れ味は"虚無鎌"と同等のものでありながら、手の先から出現するからどのような状況でも使用できる。
 ただし、完全な剣では無いからなのか、普通に剣として使っていた時よりも耐久度が低く感じられた。

 ……不意に襲われたことがあるって、誰の言葉だっけか?

 あ、さっきのは、技を頭の中で念じて使ってみたんだ。

 口に出さなきゃ発動しないってワケでもないんだし、創作物でもそういうネタってちょくちょく出てるしな。
 称号として(詠唱省略)や(思考詠唱)が出ていないってことは、きっとこれも優秀な魔法使いならば当然できる芸当なんだろうな。

「次はそれを薄く伸ばして……神◯鑓!」

 ……うん、バッチリ伸びてるし、剣身を遠くに残せてるな。
 先程の"虚無纏剣"のように明確な技としてのイメージは付かないが、それでも本物を少しでも再現できてるなら良いや。
 毒は……今は、考えないでおこう。

「それじゃあ次「なぁ、アサマサ君」……どうしたんですか? リア……ユウト君」

「君は属性魔法の練習もしないで、どうしてボーっとしてるんだい? そんな風に休んでいる暇があるなら、属性魔法の一つぐらい習得してみればどうなんだ?」

 うわ、面倒だなー。アキとは大違いだ。
 透明な状態を意識した俺の魔法は、魔力を目に籠めないと分からない。

 ……うん、完全に『凝』だよな。

 そんな魔法を使っている俺が、手をただ前に出した状態で立っている。
 そりゃあ確かに暇そうにしてるように見えるワケだ。

 ちなみにだが、『凝』をして俺を見てみると、手からビームの剣、体には大量の結界と鎧が。
 そして周囲にはそれと同じ色の霧のようなものが漂っているように見える。

 『いのちをだいじに』を大切にしているからな、警戒は重要だろう。

 最初は一つずつしか使用できなかったが、今では複数の用途で魔法や魔力を行使することができるようになった。
 成長できないんだし、使い方を工夫しないとな。

「い、いや、俺も(無魔法)の練習を「(鑑定)しても、君のMPは減ってないよ。もしMPの回復を待っていたとしても、長時間サボっていたのには変わらないんじゃないかい?」ご、ごめんなさい」

「ごめんなさいってことは、やっぱりサボっていたんだね。全く、努力ってのはやらないと付いてこないんだよ」

 こういう選ばれたリア充って奴は、恐らく知らないんだろうな。

 どれだけ頑張ってもその努力が実らず、どれだけ時間を費やそうともその結果が付いてこない……そんな人もいるってことを。

 ――にしてもウザい、非常にウザい。

 どうしてわざわざ俺の所まで来て、そんなことを言ってるんだろうか。

 ……あぁ、俺優しいアピールか。
 誰に魅せたいのか知らないけど、後で俺を更生させたとかの口説きかたをするのか?
 他の奴を使ってまで好い奴アピールをしておいて、一体何になるんだか。

 というか、今もMPが消費されているんだけどな。
 最近は回復速度が速過ぎる結果、0がハイスピードカメラじゃないと捉えられないぐらいの速度になっている。
 なのに、どうしてスキルとして何か習得していないんだろう。

「ほら、君もこっちで属性魔法の練習をしようじゃないかい」

「わ、分かった」

 コイツ、目で脅してたんだけど!
 笑って無いけど、目が嗤ってやがる!

 そんなリア充君に連れられて、俺は今日の魔法練習を行えなかった。
 ……ちなみにだが当然、属性魔法の習得には至らなかった。

 「君の努力が足りないんだよ」それがリア充君の感想であった……イラッとしたな。


===============================

参加者:アサマサ以外


アキ:俺、本当に神剣召喚しよっかな?
いや、ここは魔神剣の方が良いんじゃ……

フユツグ:おいおいアキ、止めとけって
俺がちゃんと時空ごと斬り裂いとくからさ

ナツキ:何生温いこと言ってんのよ
加護も勇者としての力も全て剥奪した上で、天罰を喰らわせるべきよ

リホ:誰かあそこに送って
大丈夫、直ぐに終わるから

ミランダ:我が同胞を傷付けるとは……あの者は滅するべきだ

ハルカ:はいはい、皆さん落ち着きましょう
それは朝政さんが決めることですよ
今の朝政さんなら既に俺Tueee状態ですし、復讐するなら一瞬でできます
あ、それとこれとは別にして、私は儀式魔法の準備がありますので、これで失礼します

ユキ:殿、遂に剣を……
(剣術)は無理でも、某が教えて剣技を用いてアヤツを……

===============================


 朝政の知らない所では、勇者暗殺計画が企てられたいたという。


「異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く