異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた

山田 武

スレ07 進化する無魔法(知らない)



===============================

アサマサ:ってことはつまり、結局俺には幾つになっても魔法使いになる才能が無いってことか

アキ:安心しろ、ある意味では魔法使いにはなれないが、魔法を使うことはできる
それは、無属性の魔法だ

===============================

 ちょっと何を伝えたいのか分からなかったが、魔法が使えるということだけ分かった。


===============================

アサマサ:無属性?
身体強化とか、属性魔法以外の魔法か?

アキ:確かに……創作物だと定義が違うってこともあるのか
無属性とは、力を属性を変換しない、純粋な力の塊として扱う属性だ

アサマサ:力属性か?

アキ:ちょっと違うが……まぁ、最初はその認識でいい
全ての法則を力で捻じ伏せるんだし、強ち間違ってもいないしな

アサマサ:あ、お兄様のあれか!

アキ:そうそう……って話が逸れた
無属性はコスパこそ最悪だが、魔力さえあれば誰でも入手できるスキルだ
お前が魔力を持っているってことは、少なくともこの魔法を取ることはできる!

===============================


 無理やり力を行使する……俺にはあんまり似合わないな。
 そういうのは、アイツが似合いそうだ(初めて会った時も、そんなこと言ってたしな)。

 ――だけど、それなら俺は魔法使いになれるんだな! と思ってた。


===============================

アサマサ:で、どうやったら習得できる?

アキ:魔法を習得しようとすれば、自ずと称号スキルとして入手している
……心だけは、折れるなよ

アサマサ:ん? わ、分かった

===============================


 ――そして、現在に至ると。
 称号を見ると、新しく[魔法]という項目が開放されていた……んだが。

「……アキさんや。あんさんの気持ち、よーく分かりました」

 入手できた称号は、このようなものだったのだ――

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:『無能の才能持ち』

入手条件:属性魔法を自力で使えない『異世界人』が、十回以上属性魔法の発動に失敗する

スキル(無魔法)を習得する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 使えないって断言されたんだが……。
 自力でって部分に引っ掛かれそうだが、そこについても確認済みだ。


===============================

アサマサ:なぁ、俺が火とか水を出す可能性は絶対に無いのか?

アキ:いや? さっき書いた称号にも、強制的に属性魔法を習得させるものがあるし、その世界には魔道具がいっぱいある

アサマサ:魔道具……スクロールは存在しないのか?

アキ:予想は付いてたみたいだな
自動的に属性変換を行ってくれる道具があるから、魔法を使えない人々でも、日常的に火や水を作れるようになってる
スクロールも、数は少ないが存在している
ただ、魔法が覚えられるとかそういうのじゃなくて、スクロールを作った人が籠めた魔法以上に魔力を流して、擬似的にそいつが使っていた魔法を再現するだけだ

アサマサ:スキルとしては習得できないと

アキ:変換は自分でやれてないんだしな

===============================


 自力=自分で属性の変換ができるっていうワケだ。
 そういう意味なら、俺は一生属性魔法が使えないということが確定した。

「……ま、明日は(無魔法)を試してみるか」

 そんな現実から目を逸らして、俺は就寝することにした。


===============================

参加者:アサマサ以外


ハルカ:……と、いうワケで無事、朝政さんが魔法を使えるようになりましたー!

リホ:ドンドンー

フユツグ:パフパフー

ナツキ:でもまだ(無魔法)だけなんでしょ?
早く戦闘系のスキルでも取ってあげないと

アキ:戦闘してないのに、戦闘系のスキルを取るのは難しいだろう
今のままだと、朝政があの称号取っちゃうだろうし……その前になんとか何かを倒してほしいな

ユキ:うむ、せめて(剣術)を

ハルカ:あぁ……それ、もう無理ですよ
朝政さんのステータスを視てたら、結構な数の称号を取れてましたし

アキ:い、いやな予感しかしないんだが……

フユツグ:同感だ

リホ:どんな称号だったの?

ハルカ:一つ一つ紹介すると時間が掛かりますので、そのまま出しますね――

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:『伸びぬ者』

入手条件:スキルLvが上がる行動を何度行っても、Lvが全く変わらずにいる

スキル(器用貧乏)を習得する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:『成らぬ者』

入手条件:育成系のスキルの影響下を受けても成長できずにいる

スキル(愚者)を習得する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
獲得称号:『無能の極地』

入手条件:絶対に成長できないことを運命づけられる

スキル(虚無魔法)を習得する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ――他にも『恩恵を授かれぬ者』『神々の同情』『世界の憐憫』『運命の枠外』等々、こっちでは分かっていたけど見れなかった称号がいっぱいです
他にも文字化けしている称号幾つかがありますので、現在解析中です

ナツキ:マサ、色々な存在から可哀想な奴として見られてるわね
私も最初はそう思ってたし

アキ:ま、枠外の存在なんだし
それにその影響で、今の関係になったんだから、悪いことばかりじゃないだろ

===============================


 朝政が眠っている間に、こんなチャットが繰り広げられていた。


「異世界召喚された俺は、チャットアプリを求めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く