最強転生者の異世界無双

mizuki

ダンジョン

アリーシャとギルドマスターの決闘の翌日、俺は朝早くからギルドに来ていた。昨日の決闘に触発されて興奮しているので、何か依頼を受けて魔物でも討伐して、解消しようと思ったからだ。
そういうわけで俺はクエストボードのところに向かう。クエストボードには様々な依頼が張られており、自身のランクにあった依頼を受けることができる。…ん?ランクにあった・・・・・・・
あ!そういえば俺、決闘をしたり、旅団が帰ってきたり、決闘をしたり、ギルドマスターたちの決闘の審判やってたりしたから忘れてたけど俺ってゴブリン討伐しか受けてないな。てことはもしかしてまだEランク?…マ、マジか。とりあえずEランクの依頼を見てみよう。

『ゴブリン討伐』常駐依頼

『スライム討伐』

『庭の雑草刈り』…etc.

ロクなものがないな。さて、どうするか。…ひとまずミリーナさんに聞いてみるか。
そう考え俺はミリーナさんのところへ行く。

「ミリーナさん」
「ユーマさん、どうしたの?」

俺はミリーナさんに事情を説明する。
ミリーナさんは神妙な顔をして考え込んだ。そして少しして俺に言った。

「ユーマさん、申し訳ありませんが決闘などでの実力判断はランクに関係しないんですよ。それに、ポイント制が導入されたのは、ギルドマスターによる知り合いへの贔屓を防ぐためなのでギルドマスターの権限でランクを上げる、というのも数年前に禁止されてしまいました」
「ということは…」
「はい、現状ユーマさんがギルドを通して魔物を討伐する方法はふたつ・・・しかありません」
「そっか…ん?ふたつ?」

俺が問い返すと、ミリーナさんはいたずらっぽい笑みを浮かべて言った。

「はい、ふたつです。ひとつはクエストボードに張られた依頼を受ける、という方法。これはさっきも言ったとおり冒険者のランクに見合った依頼しか受けることができません。そして二つ目が…ダンジョンに潜る・・・・・・・・という方法です」
「ダンジョン?」
「ダンジョンには魔物が存在し、ダンジョンはかつて神々がこの世界に存在していた時代にいつか自分たちがいなくなったときに人間が魔物に対抗できるように体を鍛え、技を磨くために作られた、といわれています」

俺はそれを聞いて呆れたような表情を浮かべた。

「そりゃまた人間本位な」

そんな俺のつぶやきにミリーナさんは苦笑しながら返した。

「確かにそうね。でも、ダンジョンは入り口から奥に行くに連れて敵が強くなって行くんです。これはあまりにもできすぎている。人間のために神々が作ったに違いない、と考える人もいるの。神々が暇つぶしに作っただけという説も多くの人が言っているわ」
「なるほどね。まあ、ダンジョンがどうやってできたかなんて俺には何の関係もないしね」
「そうですね。では、ダンジョンに潜るということについて説明します。ダンジョンには先ほども述べたとおり魔物が存在します。この魔物を討伐することによって素材を売ったりしてお金をためたり、ポイントをためたりすることができます」

なるほど、と思ったが当然確認しておくべきことがある。

「メリットとデメリットは?」
「デメリットとしてはダンジョンはある意味無法地帯となっており、中で何があっても外から様子を確認することはできません」
「つまり中で何が起こっても外では何の対応もしないということ?」
「取り繕わずに率直に言うとそういうことです」

ミリーナさんは俺の辛らつな言葉にも苦笑しながら返す。そして続きを話し始める。

「デメリットはほかにも存在します。例えば依頼にないものは緊急性が低いので買い取り価格が若干下がることもあります」
「へえ、じゃあメリットは?」

俺がそう聞くとミリーナさんはニヤリと笑っていった。

「それはここスーリカ王国は世界最多のダンジョンが発見されている国であり、この町の近くにもダンジョンが存在していることと、…ランクによる制限・・・・・・・・存在しない・・・・・、ということです」

それを聞いて俺もにやりと笑った。
ならば俺はそこで自由に暴れられるし、強い魔物はポイントが高いだろうからランクもすぐに上げられる。…行かない理由がないな。

「説明ありがとうございました。じゃあ、行ってきます…ダンジョン」
「ふふふ、行ってらっしゃい」

ミリーナさんに改めてお礼を言って俺はギルドを出た。

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く