最強転生者の異世界無双

mizuki

休養日5

「アリーシャは俺の…娘だ」
「「「「「「はぁっ⁉︎」」」」」」

ギルドにいた全員でそう叫んだ後、再び場は沈黙に包まれた。何故かアリーシャも口を開けて呆けている。
だが、アリーシャとギルドマスターの関係を色々と考えていた俺は周りの冒険者たちに比べて早く我に返り、ギルドマスターに疑問に思ったことを聞くことにした。

「おいおい冗談きついぞ、ギルドマスター。あんたみたいなゴリラとアリーシャは似ても似つかないじゃないか」
「誰がゴリラだゴルァ‼︎」

俺が冗談交じりに言った言葉に結構マジにキレたギルドマスターは鬼のような形相でそう叫ぶが、すぐに落ち着いて、ゆっくりと話し始めた。

「さっきのは慌てていて、言葉足らずになっちまった。アリーシャは俺の娘…ではなく、娘みたいなもんだって言おうとしたんだ」

ギルドマスターがそこまで言ったところで固まっていたアリーシャも復活した。

「ふぅ、急に恐ろしいことを言うから殺して欲しいのかと思った。正確にはギルドマスターと私の関係は師匠と弟子の関係」
「へー、じゃあアリーシャはギルドマスターに鍛えてもらったってことか」
「うん、そういうこと」
「おい、今アリーシャがとてつもなく恐ろしいことを言わなかったか?」

俺が自分の考えを言ってアリーシャがそれを肯定している横でギルドマスターが1人何かを言っているが、誰も反応しない。

「へー、それじゃアリーシャはこの街にはギルドマスターに会いに来たのか?」

ふと思った疑問をアリーシャに聞くと、すぐに答えが返って来た。

「ううん、全然違う。この街のギルドマスターが師匠だって知ったのはこの街に来てから」
「ん?じゃあなんでこの街に来たんだ?」
「それは…あなたに会うため」
「俺に?それまたどうして」
「この街に凄く強い人が現れたと聞いた。だから強くなりたい私は決闘を挑みに来たのだけど…私でも手も足も出ない化け物だったからやめておくことにした」

その言葉にまた複雑な感情になるが、強さに関することなのでやはり若干嬉しい。それがSランク冒険者という実力と実績の揃った相手から言われたら尚更の話だ。
だが、今の話で聞きたいことができた。

「強さを求めるってなんでなんだ?…ああ、言いたくないなら言わなくていいぞ」

その質問にアリーシャは若干言いにくそうにしていたけど、少し溜めてから答えてくれた。

「それは…昔師匠にボコボコにされた借りを返すため」
「へえ、ボコボコに、ねえ」

俺がそう言いつつギルドマスターを横目で見ると、ギルドマスターは狼狽えた様子で言ってきた。

「な、なんだ⁉︎」
「いや、なにもないけど。ただ、ギルドマスターは昔、まだ子供のアリーシャをボコボコにしたんだなあ、と」

そのセリフと同時に周りの冒険者たちとミリーナさんはギルドマスターを睨むが、ギルドマスターは言い返してくる。

「そ、それは修行だったから仕方なく…」
「元々私に才能があると言って無理やり修行させたのは師匠」

だが、言い訳はアリーシャの一言によって封じられる。ミリーナさんの眼光が鋭くなっていく。

「ギルドマスター‼︎」
「は、はい!」
「あなたは昔、一体、何をしてたんですか⁉︎」
「すみません!」

そこからミリーナさんの説教が始まりそうだったが、アリーシャが止める。

「別にいい。修行自体は別に嫌というわけではなかった。けど、恨みがないかと言ったら別。だから私は必死に強くなろうとしていた。でも、それももういいかもしれない」
「それはどういうことだ?」

アリーシャの言葉を聞いてギルドマスターは自分を超えるのを辞めたのかと思い、厳し目に尋ねる。
だが、アリーシャは少しも狼狽えずに堂々と宣言した。

「簡単な話。衰えた師匠なら、今の私でも倒せる」
「何だと…?」

ギルドマスターは自分のプライドを傷つけるようなセリフに若干の殺気を交えて問い返す。

「それは、本気で言っているのか?」
「当然」

アリーシャも殺気を込めて言い返す。

「まだまだお前弟子如きには負けはせん」
あなた師匠を越すのは弟子の役目」

ああ、この流れは…

「このままじゃあ、面白くないな。決闘で白黒つけようか」
「上等」

やはり、決闘か。
俺は呆れながらもSランクの実力を持つもの同士の闘いを見れることに無意識に頰を釣り上げていた。

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く