最強転生者の異世界無双

mizuki

休養日4

「アリーシャ⁉︎」

慌てた様子のギルドマスターはアリーシャを見つけると抑えきれないと言った様子でその目から涙をこぼし始めた。
……ちょっと気持ち悪い。横を見るとミリーナさんも俺と似たような表情をしている。
だが、そんな俺たちの冷たい視線を気にもとめずギルドマスターはアリーシャに近づいていった。そして、アリーシャをじっと見つめたかと思うと、感極まったようにすごい勢いでアリーシャに抱きつきにいった。
だが、いくら知り合いでも涙と鼻水でぐちゃぐちゃになったおっさんは受け入れられる筈もなく、アリーシャは向かってくるギルドマスターを蹴り飛ばし、一言。

「気持ち悪い」

アリーシャは素直だなぁ…
だが、ギルドマスターは仮にもSランクのトップクラスの実力者。アリーシャの全力でもない蹴りなど効かずすぐに立ち上がった…と思いきや、すぐに崩れ落ちた。

「き、気持ち悪い⁉︎そんなことを言わないでくれアリーシャ!」

本気で泣き叫ぶギルドマスターは本気で気持ち悪い。俺たちだけでなく、ギルド内にいるほとんどの冒険者が今にも吐きそうな表情をしていた。
ま、ここら辺で一区切りにしないといつまでも話が進まんからな。
そう思った俺は一度咳払いをして話し始めた。

「ゴホンッ!そろそろいいか?」

その言葉を聞いてアリーシャは頷き、ギルドマスターも正気に戻ったのか返答した。

「あ、ああ」

2人の同意が得られたところで俺は疑問に思っていたことを聞くことにした。

「それで、アリーシャとギルドマスターはどういう関係なんだ?」

そう聞くと、ミリーナさんから受け取った床拭き雑巾で涙と鼻水を拭いたギルドマスターが答えた。

「アリーシャは俺の…娘だ」

その言葉を聞いて誰もが何を言っているのか分からないと言った様子でギルド内は沈黙に包まれた。そして、数秒後、何を言ったのか理解した冒険者たちは一斉に叫んだ。

「「「「「「はぁっ⁉︎」」」」」」

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く