最強転生者の異世界無双

mizuki

休養日3

あの後ガリアスはここまでの実力を身につけているのはユーマ以来だぜ!と大声で笑いながら工房の奥へ戻って行った。…俺が来たのは、つい最近なんだが。

まあ、そんなことは置いといて、アリーシャの案内の続きをすることにした。

「アリーシャ、次は行きたい所とかあるか?」
「ん、一度冒険者ギルドに顔を出しておきたい」

って冒険者ギルドに行っていなかったのか。俺の噂を聞いたっていうからギルドには顔を出しているものだと思っていた。
まあ、本人が頼んで来ていることだし案内してやるか。

「わかった。ついて来て」

そこから道中にあった建物などの解説をしつつ、冒険者ギルドに向かった。ギルドに着くと相変わらず騒がしい。
俺たちが中に入ると周囲の目が一斉にこちらを向いた。そしてボソボソと会話が聞き取れる。…本来は聞こえないんだろうが、俺の発達した聴覚では聞き取れてしまう。

「おい、あれはユーマじゃねえか。ギルドマスターも自分よりも強いって言ってる」
「ああ、間違いねえ。俺はあいつの決闘を2つとも見てたからな」

それまで騒いでいた者たちも俺の隣を見て、一斉に黙った。どういうことだ?

「お、おい。ユーマの隣にいるのって『閃光』アリーシャじゃないか?」
「ああ、間違いねえ。あの美貌と実力を佇まいを見ればわかる」

ああ、そういうことか。アリーシャは顔が整っているし、二つ名持ちだしで有名なんだろう。
取り敢えずここで固まっているのも邪魔になるだろうし、どこかに移るか。

「アリーシャ、ギルドに来たがこれからどうするんだ?」
「ん、ギルドマスターに挨拶をする。ここのギルドマスターは知り合い、のはず」
「わかった。じゃあ行くか」

そう言って俺たちは今日もいつもの場所で受付をしていたミリーナさんがいたので挨拶する。

「こんにちは、ミリーナさん」
「こんにちは、ユーマさん。今日はどうしたんですか?朝に来なかったから今日はてっきりお休みになられるのかと…」
「ああ、うん。最初はそのつもりだったんですけど。散歩中に彼女と会って街を案内してたんです」

そう言ってアリーシャを紹介する。

「そうだったんですか。それでは本日はどういったご用件で?」
「アリーシャがギルドマスターと知り合いとかで挨拶をしたいというので連れて来たんです」
「そうなんですか。ユーマさんが言うなら本当なんでしょうが、一応規則ですのでギルドマスターに尋ねてきます」
「お願いします」

そう言うとミリーナさんはギルドの奥に入っていった。そして、待っている間暇なのでアリーシャと話をしていると奥から慌てて階段を駆け下りてくる音が聞こえた。そして、こちらに向かって何かが飛び出してきた。

「アリーシャ⁉︎」

飛び出してきたのは必死な顔をしたギルドマスターだった。

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く