話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

最強転生者の異世界無双

mizuki

休養日1

ノールバカとの決闘の翌日、俺は今日を休養日と決めて、いつもよりも遅い時間に起きた。休養日には徹底的に休む、というのが俺の方針だから今日は鍛錬もしない。取り敢えず朝食を食べようと、下の食堂に向かう。すると俺を出迎えたのは若干落ち込んだ様子のマリーちゃんだった。
マリーちゃんはこちらに気づくとパーッと顔を輝かせて小走りで近寄ってきた。

「ユーマさん!来てくれましたか!今日は遅かったですね!」
「ああ、うん。今日は休養日にするつもりだからね。いつもよりも遅く目覚めたんだよ」

俺を見て顔を輝かせたと言ってもこれは、主人に対する愛犬の反応のような、あるいは、面倒を見てくれているお兄さんに対する年の離れた妹のような、そんな反応だ。俺はマリーちゃんを妹のように思っているから、その反応は結構嬉しいものだ。そんな風に考えていると、マリーちゃんが話しかけて来た。

「そうだったんですか!てっきり昨日決闘があったらしいんでそれにユーマさんが巻き込まれたのかと思ってました!」
 「ん、それはあってるよ。巻き込まれたと言っても俺が当事者なんだけどね」
「ええ⁉︎大丈夫だったんですか?ユーマさんが決闘なんてなんというか意外ですね」
「ああ、この通り無傷だよ。俺は強いからね…それに、変な奴からよくわからない理屈で喧嘩を売られたから断ったらさらにうるさくなったから最終的に喧嘩を買うことになったんだ」
「それは大変でしたねー」

いつの間にか届いていた朝食をいつも通りマリーちゃんと食べながら話をする。やはりマリーちゃんの会話術はすごい。色々なことに対して様々に表情を変化させるマリーちゃんを見ながら、朝食を食べ終え、抑えていた衝動を解放し、マリーちゃんの頭に手を伸ばす。そして…撫でまくる。
突然の行動に驚いたのかマリーちゃんはこちらを恥ずかしそうに目を向けている。

「と、突然どうしたんですか?」
「んー、いや、マリーちゃんがもきゅもきゅと朝食を食べる姿が小動物のようで可愛らしかったからつい、ね」
「そ、そうですか」

それにしても少し意外かもしれない。マリーちゃんの年代で親の仕事の手伝いをしている子は大体子供扱いされるのを嫌がる人が多いのにマリーちゃんはあまり気にしてないようだ。
そんなことを考えながら俺はそろそろ町の散策でもするかと思い、撫でていた手を離し、立ち上がりながらマリーちゃんに話しかける。

「じゃあマリーちゃん、俺はそろそろ町の散策にでも行ってくるよ」
「もう行っちゃうんですか?…わかりました。なら今日は夕飯も一緒に食べましょう!」
「うん、いいよ」

そうはいうがいつもマリーちゃんと食べているので、これはつまりいつも通り、ということだな。


マリーちゃんと別れて町の散策にやって来たはいいが、特にやることがない。というか、ゆっくり町を回るのなんて今日が初めてだから何があるのかさえわからない。そう思いつつ、町をブラブラしていると、声が聞こえて来た。

「キャー、その男、泥棒です!誰か捕まえてください」

若干の棒読みが気になったが、声のした方に振り向くと、覆面をした筋骨隆々の男が大剣を振り回しながらこちらに向かって来た…それにしても世界が変われば泥棒を捕まえる危険性が一気に増すな。
そんな風に思考を逸らしていると、気づけば、(というか気づいてはいたが俺にとっては・・・・・・そこまで危険じゃないから、無視していた)男がすぐそこまで迫って来ていた。そして、俺向かって大剣を振り下ろして来た。おいおい、こんなところで殺傷沙汰を起こすつもりかよと、男のアホさに冷や汗を流していると、さっき叫んでいた女がこちらに向かって来ようとしていたのでそちらに視線を向けた。こいつは俺の獲物だ、手を出すなよ、雑魚。という気持ちを込めて。すると女はビクッと震えて止まったので、そちらは放置して男の大剣を処理することにした。
とはいえ、この程度なら考えるまでもなく、大剣に向かって軽く手刀を振ると、ストン、と大剣の刃が落ちた。断面は綺麗に切られたような断面になっていて、俺も満足する出来だった。
その後戸惑っている男を普通に腹パンで気絶させると、さっきの女が近寄って来た。

「ありがとう」
「ん?ああ、さっきのやつか。まあいいが、俺以外だと結構危なかったぞ。わざと取り逃がすような真似は二度とするな」
「ん、分かった。もう絶対にしない」
「物分かりがいいじゃないか」
「さっきの笑顔…怖かった」

青ざめた顔で震えている女を眺めていると、さっきの若干殺気を込めた視線を笑顔で向けていたのか、それは少し怖いかもな、と思った。

「ああ、あの時俺は笑顔だったのか。それは悪いことしたな」
「ううん、元はと言えば私が悪い。それにあの時にあなたとの差を思い知った」
「あの一瞬で分かったのか?まあ、そこそこの実力はあるようだから分かってもおかしくはないか」
「うん。これでも私はSランク冒険者。実力差を図ることぐらいはできる」

ああ、こいつでSランク冒険者か。そこそこ強いようだな、Sランク冒険者は。

「お前でSランク冒険者の中でどれくらいの実力なんだ?」
「ん、上の下くらい」

ほうほう、こいつで上の下か。
そんな考えを張り巡らせていると、女はこちらを睨むように視線を向けてくる。

「どうしたんだ?」
「お前とか言ってばかり。名前で呼んで」
「そうは言われても俺はお前の名前を知らないからな」
「またお前って言った…まあいい、自己紹介する」

そして女は少し誇らしげに自ら名を名乗る。

「私はSランク冒険者『閃光』アリーシャ」

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く