最強転生者の異世界無双

mizuki

両親の実力

目の前にいるいきなり殺気を飛ばしてきた男がギルドマスター?

「嘘だ」
「嘘じゃない」
「お前がモルドだと?そんなはずがないだろう」
「あ、そっち?」
「まあ、冗談は置いといて、いきなりか弱い10歳の少年に全力で殺気を出すなんて人間のやることじゃないな」
「お前がか弱かったら世界はとっくに滅びてるわ!」

全く失礼なやつだ。
そう思っている間にもギルドマスターは話し続けている。

「俺の全力の殺気をああもあっさりと自分の殺気で塗りつぶしたんだ。それに俺も立場上様々な人間を見てきたが、お前、俺よりも強いだろ。かつて【豪鬼】と呼ばれていたSSランク冒険者の俺よりも」

ほう、成る程。やはり只者ではなかったか。このレベルでSSランク、いや、今はギルドマスターとなっているから実力は衰えているだろうから、昔はもっと強かったんだろう。ここで何気に気になっていたことを聞くことにした。

「そういえば、あんたや俺の両親はSSランク冒険者みたいだが、その中でもどれくらいの実力なんだ?」
「お前の両親?誰だ?」

ん?聞いてないのか?まあいい、減るもんでもないし答えることにしよう。

「俺のフルネームを知らないのか?」
「ユーマだろ?」
「俺は確かにユーマだが、家名もしっかりとある」
「な、なに⁉︎貴族なのにそこまで強くなったのか⁉︎」

ん?どういうことだ?

「どういうことだ?貴族だとどうしてここまで強くなれないんだ?」
「ああ、それはな。貴族ってのは基本的に自分が優秀な選ばれた人間だと信じて疑わないんだよ。だから自分は才能があるから修行しなくても強くなれると思って嫌がるんだ」
「ふーん、そうなのか」
「ああ。だから俺はお前が貴族だと知って驚いたのさ。おっと話が逸れていたな。お前の家名はなんなんだ?お前の両親とは一体誰だ?」

おおう、脳筋じゃなかったか。もう忘れてると思ったんだけどな。ま、力だけじゃSSランク冒険者にはなれないか。

「そうだったな。俺の名前はユーマ=シーザー。シーザー家の長男で『剣聖』ライオスと『賢者』シャーリーの息子だよ」

そう告げるとギルドマスターは驚愕の表情になるが、すぐに納得したような表情になった。

「ああ、成る程。あの人たちの息子か。なら納得だな」
「1人納得しているところ悪いんだが、結局父さんたちの力はどれぐらいなんだ?」
「ああ、そうだったな。俺たちの強さか。簡単にいうと今の俺がSランクトップクラス、全盛期の俺でSSランクの中では最弱クラスだろう。そしてお前の両親は2人ともSSランクの真ん中ぐらいだ」
「そうか、なら父さんに辛勝した俺もそのレベルだと考えた方がいいか」
「なに⁉︎お前あの2人に勝ったのか⁉︎」
「ああ。本当にギリギリだったがな。まあ、そんなことはどうでもいい。俺は今日のところは帰らせてもらうぞ」

そう言って俺は返答を聞かずに部屋を出た。その後は依頼を受ける気にはなれなかったが、体を動かしたい気分だったのでついでに小遣い稼ぎもしておくかと思ってゴブリン討伐の依頼を受けた。

ゴブリンのいる森について以前よりも深く入っていくと、ゴブリンの巣を発見した。それを発見した俺はギルドに報告…などするわけもなく、口角が上がるのを自覚しながら巣に突撃した。

「今の実力で真ん中ぐらいか。まだまだ上がいることがわかった。目指すべき頂はまだ先だと理解した!俺の成長期はまだ来ていない。この身1つでどこまで世界に通用するか試してみようじゃあないか‼︎クックック、クク、クハハハハハ!」

その後しばらくの間、狂人が発しているとでも思えるような笑い声が森の深部に木霊していた…

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Ren

    長男じゃない三男

    1
コメントを書く