最強転生者の異世界無双

mizuki

王女との出会い

あの後俺たちは警戒しながらも順調に進んでいって、一旦休憩することになった。そして今俺はルードと話している。

「それにしても本当にユーマは強いね。あの盗賊最近勢力を増していてね。こないだ騎士団長たちが討伐にいったんだけど、不利を悟った頭やその側近たちに逃げられてしまって。まさかあそこで遭遇してしまうとは運がなかったよ」

ルードはそういった後俺の耳に顔を近づけて小声で言った。

「ユーマは予想がついていると思うから言ってしまうけど、最近はコネで騎士団に入ってくるやつもいるから、覚悟のできてないやつもいて、質が落ちていることも否めないんだ」

酒が入ってるんじゃないかと疑うほどにルードの口は軽かった。
その後も軽い雑談をしていると、声が響いた。

「落ち着いてください殿下!」
「どいてください!私たち王族は助けてもらった人にお礼も言わないほど恥知らずではありません!」

声のほうを見ると、騎士を無理やり押しのけようとしてもがいている王女殿下がいた。騎士たちも王女には強く出れないのか、すぐに身を引いた。すると、今まで押しのけようとしていた王女は突然支えを失ったことによって当然前に倒れるわけで…

「危ない!」

危なかった。俺は王女が倒れ始めてすぐに走り始めたため、かろうじて地面との間に体を滑り込ませることができた。お前らも反応ぐらいしろよ、という意思をこめて騎士たちを一度にらみ、王女を見ると、男に体を抱きしめられていることによる羞恥からかわずかに頬を赤く染めていた。
それを見てあわてて王女の体を離し、声をかけた。

「申し訳ありません。緊急時とはいえ、無許可で体に触れてしまいました」
「だ、大丈夫です!助けていただいてありがとうございました!」

少しあわてた様子で返事をしてくれる王女を俺は改めてみた。
腰まで伸びる銀髪にまだ幼さの残る顔、歳は俺と同じくらいか。
両親も俺もルードも銀髪だしこの国では銀髪が主流なのかな。
なんてことを考えていると、王女が話しかけてきた。

「私はアイリス=フォン=スーリカと申します。ここスーリカ王国の第2王女です。アイリスと呼んでください」
「これはご丁寧に。自分の名前はユーマ=シーザーと申します。よろしくお願いします、アイリス様」
「アイリスって名前でもいいんですよ?」

アイリスは悪戯をした子供のような笑みを浮かべて言ってきた。

「そういうわけにもいかないでしょう。あなたは王女なのですから、いくら自分が公爵家といっても立場の差は存在します」
「むー」

毅然とした表情でそう言い放つとアイリスはいかにも不満だ、というように口を尖らせた。
感情表現が豊かな子だと思いながらも俺は、折衷案を出すことにした。

「では、周りに誰もいないときは呼び捨てにさせていただきます」
「ホント!?」

目に見えて喜ぶアイリスを尻目に俺はルードたちがいることを思い出す。
これは不敬罪とかいって捕まらないよな、と考えて若干おびえながら振り向くとルードは暖かな目でアイリスを見ていた。ルードは若々しいが団長候補になるくらいだからそこそこ歳をとっているのだろう。それこそアイリスを敬愛しつつも娘のように思ってるのかもしれない。
そう考えて今度は俺がルードに暖かい目を向ける。
すると見られていることに気づいたルードが取り繕おうとしているが、照れているのかわずかに頬に紅がさしている。
こんな日々もいいかもしれない。俺は心の中でそう思った。


歩き続けること数時間ようやく町に着くことができた。俺は身分証を持っていなかったため(両親が渡し忘れていた)ルードやアイリスの紹介で仮身分証をもらって、町に入った。その後、領主の家に向かったアイリスたちと別れ、俺は一人冒険者ギルドに向かっていた。

「んー、冒険者ギルドってどこだ?」

再び迷子となった俺は、近くの人に道を聞いてようやくたどり着くことができた。

「ここが冒険者ギルドか。なかなか立派な建物なんだな」

そして扉を開けて中に入ると、そこは予想とは違って思ったよりも清潔だった。冒険者って粗暴なイメージがあるから汚いのをイメージしてたけど普通に考えたら一番ここにいるのって受付嬢だもんな。清潔にするのは当たり前か。なんてどうでもいいことを考えながら登録に行く。そこで声をかけられた。

「おい坊主。依頼はそっちじゃないぞ」

強面のおっさんにそういわれたので俺は自分は登録に来たのだと伝える。

「すいませんが、俺は今日は依頼ではなく登録に着たので」

聞く人によれば若干喧嘩を売っているように感じるだろうが、せっかくのいい気分を邪魔されてイラついてるから勘弁してほしい。
強面のおっさんは怒るかと思ったが、

「そうか、そりゃ悪いことしたな」

といって去って行った。どうやらテンプレではなく100%善意だったらしい。少し申し訳ない気持ちになったが、深く考えることもなく、俺は受付へと歩いて行った。

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く