最強転生者の異世界無双

mizuki

修行開始!

どうも、ユーマです。
突然だが俺はもう一歳になった。
本当に突然だが、これは仕方がなかった。
なぜなら、異世界に転生して早速魔力を見つけることができたんだが、操作方法を考えることに四苦八苦しているうちに気づいたら一年経っていた。
いや〜そのおかげでしっかりと魔力操作をすることができるようになった。他にも前世の小説に書いてあった通り魔力を寝る前に全て消費してみると起きたら微量にだが、上昇していることも確認できた。
本当にこの一年は辛かった。赤ん坊だからあまり動くことはできないからひたすらに魔力操作を練習し続けていた。前世でも魔力操作は割と重要なものだからな。

そう考えていると、誰かが部屋に入ってきた。

「ユーマ様、朝食の時間でございます」

入ってきたのは俺専属のメイドとなったユーリ。
あと、呼び方が変わっているのは俺が変えさせた。さすがに以前の呼び方だと前世のある俺には厳しい。

「ありがと」
「いえいえ」

そうそう俺も成長し数ヶ月前にようやく離乳食に変わった。本当にあの時は記憶があることを恨んだものだ。

俺は朝食を食べながらこの一年で得た情報を思い出す。
まず、あの時入ってきた銀髪の女性は俺の母親でシャーリーというらしい。また母親は『賢者』と呼ばれる世界でもトップクラスの魔術師らしい。
そして俺の父親の名はライオスといい、『剣聖』と呼ばれるこれまた世界トップクラスの剣士らしい。
どうもこの家族は隠居しているらしく、母親は日中も一緒にいるが、父親は昼は狩りに出かけていて夜まで帰ってこないことも多い。

そんなことを考えているうちに気づけば朝食を食べ終えていたらしい。今日は何をしようかと考えていると、ユーリが呼んでいる。どうやら、父親に呼び出されたらしい。

さて、父親の部屋に来たわけだが、俺は今驚愕している。それは部屋が汚かったとか、そういうことではなく、父親の言ったことが信じられなかったからだ。

「聞いているのか、ユーマ?もう一度言うぞ。今日からお前の修行を開始する。準備したらすぐに庭に来なさい」
「ちょっ、ちょっと待ってください、父さん。俺はまだ一歳ですよ?」
「だからこそだ。俺の知り合いが幼少時が最も成長が早いと言っていたからな。この時期に修行を始めることにしたんだ。ああ、安心しろ。体が出来上がるまではそこまできつい修行はせん」

まあ、そう言うことなら、と俺は渋々従うことにした。流石に一歳から修行するとは思っていなかったから、自由時間が減ることに若干の寂しさを覚えていた。

「今日から午前は剣の鍛錬、午後からは母さんと魔術の修行だ。3歳までにはこの森で戦えるように頑張れよ」
「はい!」

そうして俺の修行の日々が始まった。

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く