最強転生者の異世界無双

mizuki

プロローグ

朝日が昇り、町の人々も目を覚まし、早い人はもうすでに仕事に向かっている。
今日は月曜日、人々が憂鬱な気持ちになることが最も多いであろう日だ。
それは、どこにでもいる少年、佐藤悠馬も例外ではなく、どことなくボンヤリとしている。

「はあ、今日からまた学校か」

ここで断っておくが、悠馬はオタクではあるが、運動も勉強もそつなくこなし、学校の美少女たちから好かれているというわけでもないので、いじめられているわけではない。
これは、普通にみんなが感じているであろう勉強がいやな気分というだけだ。

「まあ、学校に行かなきゃ行けないのはしょうがないけどさ」

そういいつつ朝食を作る姿はなかなかのものだ。ちなみに、悠馬は幼いころに両親を事故で亡くしており、そのまま祖父母にひきとられ、中学のときにその祖父母も亡くなってしまったので、今は一人暮らししているのだ。
そうこうしているうちの朝食を食べ終わり、制服に着替えて学校に行く準備をする。

「んじゃ、いってきまーす」

仏壇にある両親と祖父母の写真に向かってそういいながら、玄関を出る。
そのまま通学路を通って学校に着く。そして自分の教室に向かい、席に着く。
そうすると前の席から挨拶が来る。

「よう、悠馬」
「おはよ、達也」

挨拶をしてきたのは、榊達也。地毛が茶髪で少し顔が怖く、よく喧嘩してるせいでよく不良と間違えられるが、実際は喧嘩は売られたから買っているだけだし、友人を大切にしているいいやつである。
そこから、しばらく二人で雑談していると横から声をかけられる。

「おはよう、二人とも」

声をかけてきたのは黒髪ロングの美少女、神野結衣だ。彼女は運動もでき、勉強もできる完璧美少女だ。
そんな完璧美少女は、なぜか達也と付き合っている。このことは学校公式の七不思議のひとつだ。

「おう、結衣」
「おはよ、神野さん。やっぱり君みたいな子が達也とつきあってるなんて信じられないよ。学校の七不思議になるのもうなづける」
「なんでだよ!つーかなんだよ、七不思議って!」
「あれ、知らないの?学校公式七不思議のひとつだよ?」

 悠馬と達也がそんな言いあいをして、結衣がそれを微笑みながら見守る。それがこの3人の日常だった。3人とも意識してるしてないにかかわらず、少なからずこんな日常が続いてほしいと思っていた。

その後は普通に授業を受け、帰宅時間になった。

「おい悠馬、帰りどっか寄らね?」
「ごめん、今日ちょっと用事あるから」

悠馬は達也の誘いを断ると、帰り始めた。

「今日は、野菜が安いからね。こういうときにいっぱい買っておかないと」

といっても、食べれる量だけど。そうつぶやいて悠馬は帰り道を機嫌よく帰って行く。
すると目の前で車に轢かれそうな女の子がいた。誰もが間に合わないと思う中、悠馬は我を忘れて走り始めた。
無我夢中に走る悠馬は車が女の子を轢く前に女の子を突き飛ばすことができた。
女の子は突き飛ばされたときに怪我をしたのか、泣き叫んでいる。だが、誰も悠馬を責める事はしなかった。なぜなら、悠馬が代わりに車に轢かれてしまったから。

(ああ、父さん、母さん。俺は今度は助けることができたよ...)

そんなことを思いながら悠馬の意識は闇に閉ざされた。

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く