話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男子高校生5人が本気で彼女を作ろうと努力してみる!

片山樹

15話 緊急会議

「お前ら、会議を始める!」
 昼休み緊急会議を開くことになった。
その理由はAの爆弾発言が始まりだ。

「おう……話は聞いたぜ。A……お前さ、やっちまったんだな」

「正直今回はA。お前のせいじゃねぇーよ。しょうがねぇ。神様の仕業だな」

「ふっ、馬鹿馬鹿しい。神の仕業? 笑わせるな。B。ならば、答えてみよ。どうやって、SEXをせずに赤ちゃんが生まれるのだ? 証明してみろ!」
 うぜぇー。眼鏡わざわざ上にあげんな。

「いいだろう。眼鏡、お前のその薄汚い眼鏡と一緒に証明してやるよ」

「ば、馬鹿な!? 俺の眼鏡が薄汚いだと!? お前の眼は節穴か? あ、すまんな。お前の頭が節穴だったな。すまんすまん」

「くっそぉー。この野郎!」

 意外とBは気が早い。

「あ、思い出したんだった。僕ね、N。合コンの時に僕の横に座ってた……巨……あ、えぇっーと」
 お前、今完全に巨乳お姉さんと言おうとしたよな!
おい、したよな! D!
もしかしてお前のDは童貞のDかよ!
まぁ、俺もいえないけどさ。

「Fちゃんとで、デートに行くことになったんだ!」

「で、デート!?」

「そうだよ! N! 僕、巨にゅ……えぇーっと女の子と二人で初めてデートに行くんだ!」
 おいおい、めちゃくちゃ嬉しそうだな。

「へぇ〜それは良かったな。D」

「そうか。Dもデートをすることになったか……」

「Aみたいに赤ちゃんを作らないようにするよ。しっかり、ゴムつけるし!」

「ん? なんかさ、お前ら勘違いしてないか?」

「おい……勘違いってなんだよ?」

「いや、あのさ……すげぇぇー言い辛いんだけど姉貴が赤ちゃんできたってさ」

「お、お前! 姉貴を犯したのかよ! 近親相姦ワッショイかよ!」

「いやいやちげぇーよ。姉貴と姉貴の旦那さんの間にだよ!」

「あ、そういうことだったの……」

「うん……そういうことだったんだ。何かすまんな。俺等、勘違いしてた」
 気まずいムードが漂う中、Dだけは1人ニコニコしているのであった。

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く