男子高校生5人が本気で彼女を作ろうと努力してみる!

片山樹

14話 パロディしたかっただけ

 Hちゃんを皆様方は覚えているでしょうか?
俺は勿論覚えています。
っていうか俺は彼女に恋をしたみたいです。

「おい、いつにも増して顔がキモいぞ」
 Aが俺に喋りかけてきた。
わざわざいつにも増してというのは酷い。
それにキモいというのが前提にされているとは。

「悪かったな。いつにも増して」

「あ、わりぃーわりぃー」
 Aはへへへと笑いながら言った。

「あ、そう思えばよ。お前に連絡きた? 女子から」
 ふっ、これだから甘ちゃんは困るぜ。
一応、俺はHちゃんと連絡を取っている中だ。
まだ返事は帰ってきてないけど。

「おい、どうしたんだ? 目をうるうるさせてよ」

「いや別になんもねぇーよ」
 まだ返事は帰ってきてないけどね。
大事なことなので二回思いました。

「あ、そう思えばな。俺さ……」

 やめて! Aのリア充特殊スキルでHちゃんからの返信がAだけにあってたら、闇のゲーム(合コン)で喋ってたNの精神が燃え尽きちゃう!
お願い! 死なないで! N!
アンタがここで倒れたら、BやC達との約束はどうなるの! ライフはまだ残ってる! ここで耐えれば彼女ができるだから! 次回 『N 死す』

 合コンスタンバイ!

「実はな、俺……赤ちゃんができたんだ」


コメント

コメントを書く

「コメディー」の人気作品

書籍化作品