話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男子高校生5人が本気で彼女を作ろうと努力してみる!

片山樹

2話 お金がない!?

「ったく……何で俺達は今、ここで働いてるんだ?」
 Cが大きなダンボールを抱えて、ぼそっと呟いた。  

「しょうがねぇーだろ。皆、金無いんだから。それに今日でバイト最後だからいいじゃんかよ」
 Bは答える。
こういう所はイケメンなのに……本当に見かけによらずだな。

「俺は金はあるんだけど……」

「はぁ? 今更そんなこと言うなよ。お前だって、『親のスネをかじるのやめます』と誓ったじゃん!」
 そうなのだ。
Cはあの日。
つまり、合コンに行くことになった日。
俺達は金が無かったのでバイト探しをすることになった。ネットでぱぱっと調べてみるとすぐにバイトは見つかり、土曜日に行くことになったのだが……「俺は別に金あるし、パス」とCが主張したのだ。
だから俺達は「親のスネをかじるのもいい加減にしろ!」と言い続け、根負けしたCは「もう二度と親のスネをかじりません」と土下座したのであった。
この日はCにとってプライドを捨てた日でもある。

「ぼ、僕は良いと思うけどな。皆ですると楽しいけどな」
 Dはピョンピョンと飛び跳ねていた。
それはそうだろうな、D。
俺達が気を遣って、軽い荷物をDに持たせてるからな。

「おい、お前らこれで最後だから! 頑張ろうぜ!」
 ったく……筋肉野郎は張り切ってやがる。
俺の力はもう無いっつの。

「はぁーー」
 溜息が出る。
それにしても喉が渇くのが早すぎる。

「どうしたの、N? 熱中症?」

「大丈夫。大丈夫」
 これが終わったら、合コンだ。
合コンが待っている。合コンだ。
合コン! 合コン!
俺は念じる。
可愛い女の子が来ることを。

「おい! 皆、頑張ろうぜ!」

「おっ? N、気合い入ってんな」

「合コンファイトー!?」

「「「「合コンファイトー!?」」」」
 若いというか馬鹿というか俺達は単純な奴等だった。彼女いない歴=年齢の童貞が集まった男子5人組。やはり、『合コン』という言葉には弱かった。いつもは「面倒くせぇぇー」とか「だりぃーー」とかいう連中だが、『合コン』の魔法にかけられた俺達は最強だった。
何でもできると思っていた。
それは多分だが……合コンに行けば『ヤレル』と思っていたからだ。合コン=お持ち帰り楽勝とか思っていたのだ。
だから今も鼻を伸ばしてバイトを頑張っている。Dも可愛い顔してるのに鼻を伸ばしてるし、男ってのは単純だ。
そして男ってのは最高だ。

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く