7's War(セブンズ ウォー) 7つの物語

ノベルバユーザー177222

第2幕(7)「形成の逆転」

 ---エルフには階位クラスが存在し一般の人は『魔術師マジシャン』と呼ばれ、魔術師の中で戦闘員として戦場で戦う人は『魔導士ソーサラ』と呼ばれ、魔導士の中でも五本の指に入る程の実力者を『魔法使ウィザード』と呼ばれていた。

 魔法使は魔術師や魔導士に比べてかなり高い魔力を宿しており、その五人は『創成そうせい魔法』という自らで創り出した魔法を使う事が出来る。

 創成魔法は高い魔力を有していないと創る事が出来ない程高難易度の魔法である。そして氷の魔法使は水と風の魔法を混ぜる事で氷の魔法を生み出している。

 フード男は魔法使の中でもトップクラスで今まで創り出した創成魔法は100を超えていた。『投影』も創成魔法の1つにあたる。

 ---「クソ!よりにもよって魔法使かよ!」

 男達は身を構えたまま動けずにいた。だがフード男もステラを人質に取っているせいで動けずにいた。

 お互い硬直状態が続いている時、ステラはさっきの男達の会話を思い出していた。

 (氷の魔法使?それってまさか…?)

 ステラには見えていないがその男の顔をすぐに思い出した。

 「ビビんじゃねえよ!こっちには人質がいるんだ。手出しなんか出来ねえよ!お前、とっととぶっ殺しちまえ!!」

 ふとステラにナイフを向けている男がもう1人の男に命令した。

 「お、おう」

 返事を返すと男は剣を取り出しフード男に向かって歩いて行った。

 「いいか?ゼッテーに動くんじゃねーぞ!」

 剣を持った男がそう言うとフード男は小さくため息をついた。

 「やはり、サラマンダーという種族は愚かな種族だな」

 「何だと?」

 フード男の発言に反応する男達。すると

 「!!なっ!!」

 するといつの間にかステラにナイフを突き立てていた男の体は半分凍っていた。腕も凍らされていて動かす事が出来無かった。

 「クソ!いつの間に!!こんな氷、溶かしてやる!」

 男は体内を熱して凍った体を溶かそうとした。しかしどんなに熱しても溶けなかった。というより体内の熱が全て奪われていた。

 「クソ!体が冷え過ぎて熱も炎も出せねー。オイ!俺の体を溶かしてくれ!!」

 「ちょっと待てよ!今は無理だって!!そいつが何して来んのかわかんねーのによー」

 男達は突然揉め始めた!するとフード男は逆に近寄ってきた。

 「おおおオイ!何する気だテメエ!やんのか!!」

すると少し歩いたと思うと歩きを止めた。剣を持った男は剣を構え戦闘体勢に入った。

 「冥土めいど土産みやげに面白い話をしてやろう」

 「??」

 フード男の唐突な発言に首を傾げた。フード男はそのまま話を続けた。

 「あの日の真相をな!」
 

「7's War(セブンズ ウォー) 7つの物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く