7's War(セブンズ ウォー) 7つの物語

ノベルバユーザー177222

第2幕(4) 「フードの男」

 ステラの家の前に立つフードを被った人は扉を開け中に入ってきた。

 中には誰も居らず静まり返っていた。

 「………」

 静まり返った部屋を見渡すとその人はフードを外した。

 その人は少年の様な顔立ちをしていた。彼の顔の右側には氷のマークの刺青いれずみをしていた。金髪で細長い耳をしている事から彼がエルフである証明である!

 彼は家の中を歩き始めた。リビングを通り寝室、浴室を順番通り見ていた後、奥にあるキッチンを見ていた。

 キッチンは少し広めになっていた。ステラは食べる事も料理する事も大好きなのでちょっと本格的な厨房の様になっている。

 彼はキッチンを見渡しているとふとシンクの方に目が向いていた。

 シンクの方に近付いてみると泡立っている皿が幾つか置かれていた。

 「………」

 彼はシンクから離れキッチンの入り口に戻るとキッチンの方に振り返ると…

 「投影プロジェクション!」

 彼が魔法を詠唱えいしょうとなえると彼の眼は青く光り出した。

 周りには特に変化はないが彼の眼には靴跡が白く光っている。

 小さな靴跡がキッチンにあちこちにある。その中でもシンクからキッチンを出て行く方に向かっている靴跡が濃く光っている。

 彼の靴跡より小さい。どうやらステラの靴跡で間違い無いみたいだ!

 しかし皿洗いをしてる途中に何処かへ行くのは明らかに不自然だった。

 跡を辿るとキッチンを出てそのまま玄関の方に向かって行っていた。歩幅も段々大きくなっている事から走って行った事も分かる。

 彼は玄関から外に出ると跡は街とは反対の方向に続いていた。

 「………」

 彼は跡が残っている方向に振り向くと跡を辿りながら追いかけて行った。

 ---「イヤ〜、ステラちゃんにビックブル(大きな猪)の良い肉が入ったから渡そうと思ってたのに、俺とした事がスッカリ忘れてた!」

 肉屋のおじさんは店番を代わりステラにビックブルの肉を届けにステラの家に向かっていた。

 「明日でもよかったけど、やっぱり良い肉は早めに食べて欲しいもんな!ステラちゃんならペロッと食っちゃいそうだけどな!ハハハハハ!!」

 テンションの高いおじさんは独り言を喋りながら歩いていた。

 そしてステラの家に着くとおじさんは違和感を感じていた。

 「ん?ドアが開いてる?」

 ステラの家の玄関のドアが半開きになっていた。

 「ステラちゃん、鍵閉め忘れてるのか?不用心ぶようじんだなあ」

 コンコン、コンコン

 2回程ドアをノックしたが全く出て来る気配が無い。

 「ステラちゃん!入るよ〜〜!!」

 おじさんはドアを開け中に入って行った。元々肉を届けに来ただけなので直ぐに用を済ませるつもりだった。

 だが部屋は静まり返っていて益々(ますます)違和感を感じていた。

 「ステラちゃ〜ん!肉持って来たから冷蔵庫に入れとくから〜!!」

 一応、大声で用件を言いキッチンの方へ向かって行った。キッチンに向かいながら他の部屋を見てみるが誰もいない。

 (ひょっとしたら風呂に入ってるだけかも知れないし考え過ぎだろ俺!)

 嫌な予感を払拭ふっしょくしようとした。

 そして、キッチンの方に向かった時だった!

 「ん?何だこの魔力?」

 エルフは産まれつき体内に魔力を宿している。小さい頃から魔力を体内で感じとってきた為訓練せずとも魔力を感じる事が出来る。

 だが魔法にも色んな種類があり大きく分けて5種類に分類される。

 炎・水・風・光・闇に分けられている。種族によっては得手不得手がある。

 例えば、サラマンダーは炎魔法を得意としているが水魔法は全く使えない。

 そういった感じで魔法と種族には密かな相関図が存在する。

 だがエルフは唯一全ての魔法を使いこなせる種族。

 魔法を感知するにはその種類の魔法を使えないと感知することが出来ない。つまりエルフは全ての魔法を感知する事が可能である。

 だが5種類の魔法の中でもまた枝分かれする様に更に種類が分かれており細かく知るにはまた色んな種類の魔法を覚えなければいけない。

 エルフでもそこまで覚えるには独学で覚えるか誰かの元で教えて貰わなければならない。

 流石に肉屋のおじさんはそこまでの知識はないが何となく魔力を感じる事だけは分かる。

 キッチンにはもちろん誰も居らずイヤな予感をしてたおじさんは持ってきた肉をその場に置き意を決して風呂場に向かった。

 「ステラちゃん!ステラちゃん!!」

 おじさんは何度も名前を呼んだ!そして風呂場に着くと思いっきりドアを開けた。

 「ハア、ハア」

 名前を連呼し過ぎて息切れしていた。風呂場を見渡したがやはりステラの姿は見当たらなかった。

 「祠はさっき行ったばかりだったし通る時は必ず街中を通る。いつもの道のりで行くならウチの店を通る。でもすれ違った覚えはない。だからあの後祠には行ってない筈だ!何より家を開けたままだし変な魔力を感じるしやっぱ何か変だ!早く皆にこのこと知らせないと!!」

 おじさんは慌てて家を出て街中に戻って皆にこの事を知らせに行った。

「7's War(セブンズ ウォー) 7つの物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く