7's War(セブンズ ウォー) 7つの物語

ノベルバユーザー177222

第2幕(3)「ステラの危機」

 ---サラマンダーの国・ブレイズがビーストに襲撃を受けた件。

 その裏にはエルフが関わっていた。ビーストと同盟を結びサラマンダーを潰そうと目論もくろんでいた。

 だがサラマンダーのとある1人の戦士によりビーストは敗北をきっした。

 その戦いによる被害はかなりひどかったそうだ。ビースト兵 およびハンター合わせて100名以上が戦死した。サラマンダーも1000人以上の兵士が命を落としブレイズ国内もほぼ全壊ぜんかいした状態だった。

 その時以来、ビーストとサラマンダーはエルフに対してうらみを持っていた。

 ---それから1年後、あのサラマンダーがエルフの土地に足を踏み入れていた。

 サラマンダーの男達に囲まれるステラ。こちらの男達とは違い体格がデカく威圧感に気圧けおされ腰を抜かしてステラは動く事が出来なかった。

 「いや〜、それにしてもエルフの女ってのは噂以上の美人だな!」

 1人の男がジロジロと舐め回す様にステラを見ていた。

 「………」

 涙目になっているステラはもう言葉すら出なかった。

 「せっかくココまで来たんだしエルフの女と遊んでみて〜よなあ〜♪」

 もう1人の男がそう言うとステラにジリジリと近づいて行く男達!

 「イ、イヤ!来ないで!!」

 近づいて来る男達におびえるステラは手を使いながら後退あとずさりする。

 「イイじゃん!俺達と親睦しんぼく深めればきっとサラマンダーとエルフも仲を深めれられるかもしれないぜ〜!!」

 「そ、そんな訳ないじゃない!…だから絶対にイヤ!!」

 怯えながらも強気つよきの姿勢を見せるステラ。だがニヤニヤしながら近づいて来る男達。

 「分かってねえ〜な〜、姉ちゃん!俺達イヤつっても連れてくから!」

 その瞬間1人の男がステラの腕を掴んだ!

 「イヤ!!誰か助け……っゔ!」

 「うるせえな!!」

 ステラが大声で助けを呼ぼうとした時だった。男はステラの顔面を殴りステラは気絶してしまった。そしてそのまま男はステラを担ぎ上げどこかへと消えて行った。

 ---ステラの家は街中から大分だいぶ離れた所に建ててあった。木造建てで1人暮らしにはかなり大きな家だった。ちなみにステラがいつも結界を張りに行く祠はステラの家からは反対側にある。

 そして黒いフードを被った人物がステラの家に向かって歩いて行た。

「7's War(セブンズ ウォー) 7つの物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く