7's War(セブンズ ウォー) 7つの物語

ノベルバユーザー177222

第2章エルフ編(1)「森の番人」

 771年、魔法の国・フレイ

 森に覆われているこの国はここに住んでいるエルフ以外の種族が入ってくるのは困難だ。その上結界を張っている。結界を張る事により国外そとからは見えない様になっている。

 その結界はかなり強い魔力を宿したものにしか任せられないとても大事なものである。

 彼女の名前はステラ。ステラは祠の中で1日に3回結界を張りなおしている。結界は1度張るとしばらくは展開しているが段々薄くなっていくので定期的に張らないと大変な事になってしまう。

 ステラはいつもの様に結界を張りなおしていた。それが終わると祠に一礼してその場を後にする。そしてまた夕方に張り替えに来るというのが彼女の日常だ。

 「さて、今日は何をしようかしら」

 ステラは歩きながら今後の予定を考えていた。それが彼女の楽しみでもあった。

 エルフの特徴は男女とも金髪で耳が長いのが特徴だ!そして緑と黄緑の族衣装を着ているのも特徴の1つだ。そして他の種族よりも寿命が長い。平均でも120はいっているが皆、20~30代ぐらいの肌の若さである。その中でもステラはエルフの中でも超絶の美人としても有名だ。

 街中に戻ると店の人達から声をかけられた。

 「ステラちゃん、いつもお疲れさま!良かったらミノタウロス肉のコロッケ持っていきなよ!!」

 「わあ~、おじさんいつもありがとうございます!」

 「ステラちゃん!アサリガキのカキフライも美味しいよ!どうだい?」

 「私カキフライ大好きなんです!ありがとうおばさん!!」

 「ステラちゃん、グルジュのワインが今年1番良いやつが出来たんだ!持っていきなよ!!」

 「ありがとう、お兄さん!ワイン飲みたかったんだあ~~~!!!」

 色んな人から食糧を頂きご満悦まんえつのステラ。何よりも食べることが大好きらしい。

 家につくと早速昼ごはんにしようとテーブルに貰ったものを並べた。

 「さあて、何から食べようかなあ~?取り敢えずワインは夜に飲むからワインセラーに置いといて、あ、あと、ご飯が欲しいなあ~!やっぱライズ米の白米よね♪」

 鼻歌交じりに食事の準備をするステラ。

 ---そして5分後、ご飯をどんぶり一杯に入れ皿にはおかずを5、6食入れてようやく食事の準備を終えたステラは急いで席に着いた。

 「それじゃあ、いただっきま~す!!!」

 ステラはがっつく様に食事を始めたのだった。





 

「7's War(セブンズ ウォー) 7つの物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く