とある英雄達の最終兵器

世界るい

第62話 ロメオ爆誕

 診療所を後にし、ギルドへと向かう道中――足早なテュールを呼び止める声がする。


「テュールさんっ」


「ん? なん――ら、せひりあ?」


 振り返るテュールの頬をセシリアが両手でぐにょーんと引っ張る。


「フフ、テュールさん、レフィーさんならきっと大丈夫ですよ。龍族の方はほとんど病気もしないですし、生命力がすごく強いんです。そんな怖い顔していると疲れちゃいますよ?」


 そう言われて、初めて自分の肩に力が入っていたことに気付く。普段賑やかなリリスもどうやら俺に遠慮してたようで静かだったようだ。ったく、不甲斐ないな……。


「すまない。セシリアの言う通りだな。ん~……! よしっ。レフィーのことは先生とカグヤに任せて俺達は俺達にできることしなきゃな?」


 テュールは一度伸びをしてから、わざとらしくおどけてそう言う。それを見てリリスとレーベもホッとしたように息をつく。


 こうして4人はギルドへ辿り着く。


「お、色男ロメオじゃねぇか! 今日はえらい早い上がりだな? ん? カグヤちゃんとレフィーちゃんがいねぇじゃねぇか」


 いつかの腕相撲をした人族の筋肉モジャ公、本名はフェルナンドとイケメンっぽくてイラつくのでモジャさんと呼んでいる。そのモジャさんがギルドに入ってくるテュールに目ざとく声を掛けてきた。


「はいはい、そのあだ名いい加減やめろよー? あー……、レフィーは診療所、カグヤは付き添いだよ」


 ガタンッ


「な「「「「なんだってー!!!」」」」」


 モジャさんが声を上げようとすると会話を聞いていたギルド内の冒険者達まで腰を浮かし、阿鼻叫喚の大合唱となる。そこからは矢継ぎ早にレフィーの様子を皆が尋ねてくる。中には、おいロメオ、てめぇレフィーちゃんに何かあったら成敗する! とか、今すぐ折り鶴折ってお見舞いに行こう! とか熱狂的な信者もいるみたいだ。


「落ち着け、別に怪我とか病気とかそういうんじゃなくて、ちょっとした体調不良だよ。大丈夫だ。つーか、みんなみたいなむさ苦しい連中が押し寄せたら迷惑だから見舞いはやめろ」


 こうしてギルド内の冒険者達に釘を差しつつ、テュール達は受付へ向かう。


「こんにちは、テュールさん。聞こえてきましたよ、大変でしたね。本日の依頼はどうしましょう? もしなんでしたら手の空いている他のパーティの方々にお願いしますが、討伐依頼はCランクからなので今だと……」


 と、受付嬢のレセさんがそう言う。


「あ、いや――」「おい、ロメオ、話は聞いたぜ? 俺達が代わりに行ってやるぞ? そうだな夕飯でも奢ってくれればな」


 テュールがレセに言葉を返そうとすると、横から狼の耳と尻尾を生やした強面の獣人が声を掛けてくる。が、今もウィンクしてくるあたり中身は結構オチャメな人だ。


「あ、ウォルフさんありがとうございます。でも――」「おいロメオ! 俺達ならエール一杯で代わってやるぞ!」


 テュールの言葉を遮り、なぜか変な所で張り合ってくるモジャさん。


「あぁ、モジャさんもありがと――」「俺達は無料で代わってやる!」「なら、俺達は代わってくれたらエール一杯つけるぞ!」「なら――――!」「俺達なんて――!」


 そしてあっという間に……


「家一軒とハウスキーパーを2名、向こう3年の食費、更にエールを12樽進呈するから依頼を譲れ、と?」


「リリスお菓子も食べたいのだ……」


 リリスは黙ってなさい。ほら、そこのおっさんども、お菓子を上乗せしだすのもやめなさい。


「みんなありがとう。だが、まだ日も高いし、4人だけでもなんとかなるから大丈夫だ。レセさん、今日はいつもより少し遅くなります。報酬は4人分にしておいて下さい。というわけで、もうひとっ走り行くか」


「おー!」「ん」「はいっ♪」


「分かりました、ありがとうございます。大変なところすみません、助かります。どうかお気をつけて」


 コクリとテュールは頷き、ギルドを後にしようとする――


「ロメオ、他の子達に怪我させたら許さねぇからなー!」「死んでも守り抜けよー!!」「けど死んだら嬢ちゃん達が悲しい顔するから死んでも生きて帰ってこいー!!」 ダハハハハ!!


 なんていう声を背に受けながらテュール達は再度南門を目指す。


「というか、マジでロメオってあだ名やめてくれないかな……」


「フフ、いいじゃないですか。仲良しの証拠ですよ」


 テュールが美少女5人に囲まれて依頼を受けていると、いつの間にかギルド内で色男ロメオが広がってしまい、Cランクで二つ名付きとは流石ですテュール様! と某執事にまでからかわれる始末だ。


 ちなみにCランクには異例の早さでの昇進だが、ゾンビ狩りが安全に行えるレベルの俺たちをカインがギルドマスターに推薦し、討伐依頼受注可能なCランクまで上げたって話だ。平日は他の冒険者がせっせとゾンビ駆除し、土日はテュール達が積極的に請け負うことで負担を減らしている。まぁ、家で休めばいいものをみんなギルドに出てきちゃっているけども。


「よし、んじゃゾンビお掃除再開だ。俺は空からみんなを見つつ魔法で援護する。早く終わらせてレフィーの顔見に行こうぜ?」


 そう言うと、テュールは空中に足場を作り、セシリア、レーベ、リリスを俯瞰ふかんできる位置に構える。


 そこから数時間で街の周辺のゾンビを狩り尽くす。


 疲れたかと問うテュールに余裕のある態度で返事をする3人。特に問題もなく依頼を終えた4人はギルドへと報告へ行く。


 レセさんに依頼を報告し報酬を貰う。6人分の報酬だったため返そうとするが、お見舞い金ですと言われ、そう言うことならば返すのも失礼に当たると思い、有難く受け取る。


 そして、ようやくレフィーの様子を見に行ける――と思ったら次々にギルド内にいる冒険者から見舞いの品を渡される。口々にロメオ以外のみんなで食べてくれ、と言いながら。ったく。


 抱えきれないほどの量になってしまったので、少しずつ3人にも持ってもらい、診療所へと足を運ぶ。


「あぁ、キミか。って、すごい量の見舞い品だね……。しかし彼女はもうカグヤ君と一緒に家へ戻ったよ。うん、安心しなさい、身体に異常はなかったよ」


「良かった……、先生ありがとうございます」


「ん。それじゃまぁ、念のため今夜休んでそれでも不調のようだったら、また連れてきてくれ」


 はい、と返事し、再度感謝の言葉を残し、診療所を後にする。


「フフ、テュールさん、よかったですね」


「よかったのだ!」


「ん、よかった」


「あぁ、そうだな」


 4人の顔は安堵し、足取り軽く家までの道を歩くのであった。

「とある英雄達の最終兵器 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 凛として葱

    モジャさん良い人だった

    1
コメントを書く