とある英雄達の最終兵器

世界るい

第60話 情熱的な、大陸的な

「さて、テュール、言い残すことはあるかい?」


 ルチアはテュールに尋ねる。テュールは正座したまま、謝罪し、弁明のしようがないことを申し伝える。


「そうさね、まぁだが、あたしも息子同然に育ててきたあんたを殺したいわけじゃないさね、5人の意見を聞いてから罰を決めようじゃないか、ほれ、あんた達おいで」


 そう言って風呂上がりの少女たち5人が現れる。


「さて、あんた達テュールをどうしたい?」


「ん~、リリスはテューくんのお菓子が食べたいのだ! えぇと、ほら、みるみる、くるくるなんとか!」


「ん? そりゃミルクレープかい?」


「それ! それなのだ! あれがまた食べたいのだ!」


 入学する前の話だったな。ふとお菓子が作りたくなって、折角だから甘いものが好きそうなリリスに食べさせたっけ。どうやらミルクレープが俺の命を一つ救ったみたいだ……。


「私はへーき。あと、ししょーがいなくなったら困る」


 レーベはこんなんでもまだ師匠と呼んでくれた……。うぅ、こんな師匠で本当すみません……。


「私も特にありませんね~。テュールさんだけなら、その、恥ずかしいですけど、イヤじゃありませんし……」


 モジモジしながらもそう言ってくれるセシリア、そしてカグヤも――


「私もテュールくんが反省してくれればそれでいいかな……。けど、本当に恥ずかしかったんだからね? 分かった?」


 それに対し、コクリと頷くテュール。


「まぁ、私も今回の件は目を瞑ろう。責任の一端がないわけでもないしな。だが貸しは一つだ」


 そう言っていつものようにニヤリと笑うレフィー。こうなったらとことん貸しを返させていただきます、と気持ちを改めるテュールであった。


 そして、5人の意見を聞いたルチアが最後の審判を下す――


「カァ、テュール、お前は本当に幸せもんだね。この子達に感謝しな。ミルクレープは全員分用意するんだよ? んじゃ歯を食いしばりな、これはあたしからのけじめだよ」


 ルチアのミドルキックが正座をしていたテュールの顔面に入り、頭を吹き飛ばす。首がなんとか繋がっていたため身体も吹き飛んでいく。


 ズドンッッッ!!! 廊下の端の壁に強制的に速度をゼロにされなんとか身体が止まるテュール。


 一部始終を見ていたアンフィス、ヴァナル、テップは顔を青くしている。おいおい、俺らも覗いていたらあぁなっていたのか、と。


「あんた達もバカなこと考えたらあぁなるからね? 注意するさね、カカカ。さ、ベリトが準備をしてくれているんだ、上へ行こうじゃないか」


 そう言って歩き始めるルチア。テュールは生きていたようでなんとか立ち上がりよろよろと歩いてくる。


 そして少女たち5人に改めて謝罪し、ともに一階へ向かう。


「おや、テュール様、何やらお顔が腫れていますが、どうされたんです?」


「……ルチア」


「ほぅ、なるほど。それは仕方ありませんね。テュール様がおイタをしたのでしょう。さ、準備はできていますのでどうぞお掛けになって下さい」


 その言葉にテュールは頷き、椅子に腰掛ける。


 そして、ベリトが皆に飲み物を配り終えると――


「ホホ、では、みんな集まったようじゃの。あー、ここにおる者は種族も違えば、年齢も性別も違う。じゃが同じ屋根の下で寝食をともにし、笑い合い、理解できる家族じゃ。とは言うが、親しき中にも礼儀あり、じゃ。家族と言えど覗きはよくないことじゃからな?」


 一度言葉を切って、ニヤリとテュールを見る。もう懲りたから勘弁してくれ、とテュールは両手を上げて降参する。


「ホホ、さて、一度は俗世に嫌気が差したわしらじゃがこうしてまた自分たちの作った街へ戻ってこれた。おんしらを育ててたようで、わしらはそれより多くのものを貰ってたみたいじゃの、改めて礼を言う。ありがとう。ホホ、それじゃ新たな門出に乾杯じゃ」


 かんぱーい!! グラスを打ち付ける音が響き合う。


 今回はルチアとレフィー以外の女性陣はノンアルコールだ。前回の失態を思い返せば当然だろう。


 そして、宴は進み、機嫌が良くなった師匠達が楽器を生成し始める。


「ホホ、テュール、お前さんは何かできるかの?」


「まぁ、その、できるっちゃできる、かな。一応な? その、笑うなよ? ……ピアノだよ」


「ん? なんじゃって?」


「ピーアーノ! ピアノなら少し弾けるって言ったんだ」


「ホホ、そうか、それじゃほれ」


 そう言って、モヨモトはアップライトピアノを作り出す。どうやったらこんな複雑なものを生成魔法で作れるようになるんだよ……。


「ガハハハ、そりゃおめぇ、根性と執念だ。俺達がきちんとした楽器を生成するのに何年かかったと思う? 5年だよ。バカみてぇだろ? けどな、この世界の音楽史を塗り替えたのは間違いなく俺達だな。色んな楽器を生成して、それを元に本物の楽器を作ったからなぁ」


 テュールの呆れているような不思議がっているような顔を見てリオンが答える。


「フフ、懐かしいね~、最初に生成したギターは、ひどいできだったね~」


「カカ、昔話はよしな、老けてみえるさね。さ、つまらない話は終わりにして、今を楽しむさね」


「ガハハハ、だな」


 そう言って、リオンがパーカッションを叩き、身体を自然に揺らしたくなるような軽快なリズムを作る。


 そのリズムにのせツェペシュがアコギで小気味よいカッティングを刻む。


 ファフニールはコントラバスを爪弾き、その重低音から曲の構成が明確になってくる。


(おいおい、これってもしかして……)


 そして――


 モヨモトの情熱的なヴァイオリンが響き渡る――。


「っぶ!! ……あ、すまん。いや、まぁ、うん、これなら多少弾ける、かな」


 吹き出すテュールに不思議そうな目をする少年少女たち。いや、これをいきなり弾かれたら日本人なら誰だって吹くはずだ。


 そしてルチアもアルトサックスで加わり、重厚な旋律を奏ではじめるとテュールに目で合図を寄越してくる。


(そんな、上手くないからなっ?)


 テュールが鍵盤を叩く。みんながなんだ本当に弾けるじゃないか! と驚いた顔をする。ック、一応弾けるって言ったろうが!


 そして、その後もみんなで歌い、笑い、騒いで夜は更けていく――


「おい、テップ朝だぞ!! 起きろ!!」


「あと5分~」


「なんで俺が朝からお前の世話を見にゃならんのだ、ほれ起きろ、っと!」


 こうして次の朝からドタバタしながらもテュール達は学校へ通う――。


 基本的に平日は授業を受け、帰ってきたら訓練用のダンジョンで修行だ。地下1階で師匠達や第一団の面々で修行をしている。週末は冒険者稼業を、やはりこれも自然と第一団で集まって行い、生活費や小遣いを稼ぎながら絶賛社会勉強中だ。


 そんな生活が3ヶ月ほど続く。ちなみにテップはなんだかんだで泊まっていくことが多く、半ば住み込み状態だったが、ついにお金がもったいないと言い出して宿を引き払い、本格的に住み始めている。まぁこうなると思っていたから別にいいんだけどね?


 さて、そんな3ヶ月が経った頃、やけに最近ギルド依頼で増えてきたものがある。それが――


「また、ゾンビもどきの討伐依頼か……」

「とある英雄達の最終兵器 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く