とある英雄達の最終兵器

世界るい

第59話 あいつこそが温泉の勇者様

「では、これより第一回女湯覗き隊の作戦会議を始める」


 覗き隊テップ隊長の宣言により、ド直球かつ最低にゲスな作戦会議が始まる。


「まず、この衝立てを調べる。ないとは思う、ないとは思うが、隙間を探そうと思う。そして万が一隙間があった場合、それは衝立ての設計上のミスであり、覗きがバレた場合でも衝立ての製作者に責任を転嫁できる」


(さ……、最低の発想だっ……!!)


「というわけで、諸君この衝立てを隅々まで調べてくれ、もしなんだったら各自の裁量で隙間を作ってしまってもいい。私はそれを責める気はまったくないっ!」


 そんなテップの発言に呆れながらもテュール、ヴァナル、アンフィスは仕方なく、あるわけもない隙間を探し始める。


 テップ隊長は衝立てを縦横無尽に重力とか慣性を無視した気持ち悪い動きでシャカシャカと移動し、隙間を探そうとしている。おい、誰かあいつに殺虫剤を吹きかけてくれ。


 あいつのあだ名は今日からゴキップだな、なんて思いながらテュールが衝立てを見ていると──。


(ん? いやいや、まさかな? こんなおあつらえ向きな覗き穴があるわけない、よな?)


 丁度テュールの目線の高さに穴が二つ空いていた。いや、まさかと思いながら吸い寄せられるように、テュールは両の眼を置く──。


「っぶ!!」


(モノホンの覗き穴ですやんけっ!! うぉ、マジか。いや、けどこれは──ぽわん、テュールよ、今すぐこの場から離れて覗き穴を塞ぎなさい。ぽわん、おい、テュール、これはチャンスだぞ? こんな小さい覗き穴がバレるわけねぇ。自分一人堪能してから塞げばバレはしねぇよケケケ)


 テュールの中の天使と悪魔が戦っていた。そして戦っている間もテュールの視線は女湯一直線だった。


 リリスは温泉の中を泳いでおり、小ぶりで可愛らしいおしりがあっちへ、こっちへ。


 レーベはセシリアの乳を揉み、どうしたらこんな大きくなる? と尋ねているようだ。フフ、さぁ? と乳を揉まれてもまったく動じず髪を洗い続けているセシリア、クソっ、セシリアの心とおっぱいはどこまで大きいんだ!! 


 お、あっちにはカグヤがっ!! ふぉ~!! くぅ~、あの引き締まった身体に丁度いいサイズの上をツンと向くお椀型、ぬぁー!! ご飯何杯でもイケるな!!


 こうなったらレフィーも探──。


「どうだ? 楽しいか?」


「あぁ、最高だ。テップをバカにしていたがこの光景に心が躍らない男子などいない」


「そうか、それはなによりだ。で、次は誰を探しているんだ?」


「あん? レフィーだよ。レフィー。あいつのおっぱいもいいぞ? やや小ぶりだがそれがいい。あいつの強気な性格と控えめなおっぱいのギャップがいいんだ。にしてもレフィーはどこ──」


(ん? 待て。俺は今、誰と話している???)


「ふむ、小ぶりですまなかったな。そんなに私の乳を見たいのか? ん?」


「レレレレレレ、レフィーさん……! え、その、あの、その……」


 衝立ての向こう、覗き穴のすぐ横に立っているであろう悪魔レフィーが言葉を続ける──。


「テュール、貴様は前回、着替えを偶然、事故で、見てしまったな? では今回はなんだ? 偶然穴が空いていて、事故でそこに顔がはまった、とそういうわけか? ん? 違うよな? ──さて、王族の裸は安くないぞ? クク」


 終わった……、レフィーに骨の髄まで搾り取られる人生確定だ……。


「クク、テュール、さぁこういう時はどうするんだったかな?」


「……黙っていて下さい」


「ん? 聞こえないなぁ?」


「すみませんでした……、お願いします、他のみんなには黙ってて──」


「ククク、さて、どうしたものかな。今、声を上げたらどうなるかな? っ──」


 レフィーが息を大きく吸い込む音が聞こえた。窮地に陥ったテュールの選択は──。


「ぬ、う、うぉぉおお!!!!」


 突然雄叫びを上げるテュールに男性陣の目が集まる。


「どうした!? テュール!? まさか見つかったのか!? 例のあれが見つかったのか!?」


 すぐさま反応するテップ。そしてその問いかけに対して答えはなく、テュールは飛んでいた。衝立ての向こうへ飛んでいた。


「おいおいおいおい、勇者かよ……、あいつは勇者かよ……」


 それを呆然と見送るテップ。


「あいつは普段いい子ちゃんだが、たまにわけわからないところで暴走するよなー」


「そうだねー、さ、じゃあ覗きのミッションも完了したし、ボク達は温泉に入ろー?」


「だな、ほれテップも諦めろ。もう覗きもクソもねぇよ」


「う、確かに……。仕方ない、勇者テュールにあとでおすそ分けしてもらおう」


 そう言うと、3人は衝立ての向こうへ旅立った勇者テュールに一度敬礼し、温泉へ入る。


「ホホ、若さよのぅ」


「ガハハハ、中途半端なバカより振り切ったバカの方が救いはある、が、あれは救いようがないバカだな、ガハハハ」


「いやしかし我の孫娘を二度も辱めようとするとは豪胆な男になったものだな。責任をとってもらわねばな」


「フフ、ダメだよ~? テュールはリリスのお婿さんにする予定なんだからー」


 ダハハハと笑い声が木霊し、男湯はのんびりと平和な時間を過ごすのであった。


 一方、女湯では──。


「お、おいテュール正気か? お前、自分が何をしているのか分かっているのか?」


 一応タオルで前を隠しているがお湯で張り付き、むしろエロくなっているレフィーにそう問い詰められる。


「HAHAHA~、俺は正気だぜ? 何を恥ずかしがっているんだ、レフィー? 俺の地元の文化には混浴という文化がある。それすなわち、神聖なる温泉に穢れた心を持ち込まず、性別の垣根を越え、ともに湯を楽しもうという文化だ。俺はそれを伝えに来た。いわば混浴の伝導師だな」


「あ、あぁ、何を言っているかは分からないが、分かった。分かったから、その、前を隠してくれ。そして悪いことは言わない、今すぐ戻ったほうがいい。私が悪かった。今日のことは忘れよう。だから、な?」


 そう言われ、しぶしぶと頭に乗っていたタオルを腰に巻くテュール。そして巻き終わると、向こうから──。


「おぉ~! テューくんも来たのか! 温泉は最高なのだー!!」


 温泉でテンションマックスに上がっている全裸のリリスが飛びついてきた。ピトリ、ふにゃり、背中に張り付く。


「フハハハ、そうだろう? 温泉は最高だろ? よし、リリス、温泉を楽しむぞー!」


「おー!」


「おい、待てテュ──」


 右手を伸ばしたまま呆然と立ち尽くすレフィーを置きざりに、リリスを背負ったテュールは温泉へと歩きだす。


 そして乳白色の露天にリリスとつかり、目を閉じ温泉を楽しむ。すると隣からちゃぽんという音が聞こえる──。


「あら、テュールさん、こんにちは奇遇ですね?」


「おう、セシリア、温泉楽しんでるかー、ハハハ温泉は肌にもいいぞ? うむ、セシリアの肌は綺麗だがもっと綺麗になるはずだ。いやぁ素晴らしいな!」


「ししょー、ここ女湯」


 セシリアにくっついてきたレーベも温泉へと入ってきたようだ。


「チッチッチ、レーベ、いいか? 俺の地元には混浴という文化が──」


「な、な、な、なんでこっちにいるの!? テュールくんっ!?」


 混浴文化を語ろうとしたところで後ろから声がして振り向くと、カグヤがいた。こっち見ないで! と叫ぶと、カグヤは急いで温泉へと入り、顔の半分まで沈め、ジト目でテュールを睨んでくる。


「それはだな、混浴という素晴らしい文化を伝えるためだ。ハハハ~、まぁ細かいことはさておき温泉を楽し──」


「めると思ったのかい? テュール、お前覚悟はできているんだろうね? 自分がどれだけバカなことをしでかしているか自覚は……、どうやらないようさね。こりゃちょっとキツめのお灸を据えなきゃいけないね」



 ギギギと振り返ると、そこにはバスタオルを巻いたルチアが仁王立ちしていた。


「ア、アハハ、ルチア、俺の地元には混浴──」


 ギロッ。


「アハ、アハハ、すみませんでした。……僕に罰を下さい」


「あぁ、温泉を楽しんだ後たっぷり灸を据えてやるさね、さ、分かったのなら今すぐここから出ていきな」


「ッハ! 畏まりましたであります!」


 ザパンっと立ち上がり、サッとタオルで前を隠したテュールは男湯の方へと走り、衝立ての向こうへと飛び去る。


 ついでに覗き穴を魔法で塞いでおく。二度とこの惨劇を生まないために……。


 そして男湯へと戻ると──。


「おぉ、勇者よ! 逃げ帰ってきてしまうとは情けない! で、どうだったんだ? どうだったんだ? 見たのか? どんなだった? ん? ん?」


「んー、コホン、一応親族ここにいるからの?」


「ガハハハ、テップって言ったか? 俺の孫娘の裸を想像したら首跳ね飛ばすからな?」


「フハハハ、右に同じ!!」


「フフフ、ボクもあんまりいい気はしないからね?」


 師匠4人の圧力に二の句を継げなくなるテップ。


「ホホ、まぁルチアにどやされたってとこかの? 嫁入り前の娘の裸を堂々と見たんじゃ、まぁ死ぬ覚悟はできておろう? 最後の温泉を楽しむんじゃな、ホホホ」


「ガハハハ!! テュール、ルチアは俺よりつえぇぞ? 気合入れねぇとワンパンで死ぬぜ? ガハハハ!!」


 バシンバシン叩きながらそう言うリオン。痛い、痛いっ。


「で、テュールよ、うちのレフィーを嫁に貰う覚悟でいったのだろうな?」


「フフ、テュール? うちのリリスだよね?」


 いーや、うちのレフィーだ。ううん、リリスだよー。レフィー。リリス。


 本人の意見ド無視ですけどね? まぁリリスはもしかしたら分からないままOKしそうだが、間違ってもレフィーはOK出さないだろ……。


「ガハハハ!! うちのレーベの裸を見たくらいで貰った気になっているなら100年早いぞ!! 欲しければ俺を倒していくんだな」


 立ち上がり、ニヤリと笑う獣人。あのぉ全裸でカッコつけるのやめてもらいます?


 そんなこんなで色んな意味で温泉を堪能したテュールは最後の贅沢を楽しませてもらった死刑囚さながらで死刑台に昇る気持ちで温泉から上がる。


 ノロノロと身支度を済まし、男湯の暖簾のれんをくぐると──。


「どうだい? テュール、こっちに来て最初で最後の温泉は気持ちよかったかい? えぇ?」


 死刑執行人が待ち構えていた。

「とある英雄達の最終兵器 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    乙です...w

    1
  • 世界るい

    ありがとうございます!
    修正しました!
    そして気になる部分も修正しました!
    そして気になるところが多すぎて死にそうです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

    2
  • Shinki

    ばかなこをしでかしているか→ばかなことをしでかしてるか

    1
コメントを書く