とある英雄達の最終兵器

世界るい

第56話 俺がお寿司で、お寿司が俺で

「今はそんなことはどうでもいい。問題はテュール、貴様が美少女5人、つまり美おっぱい5セットに囲まれて暮らすということだ」


 ビシッと指をさし、堂々と言い放つテップ。美おっぱい発言に少女たち5人の視線は急速冷却中だ。


「いや、待て待て、テップ聞いてくれ。信じてもらえないかも知れないが、ぶっちゃけ俺も今知った。あぁ、そうだ。またいつものように俺は置いてけぼりなんだよ。そして、それを言うならアンフィス、ヴァナル、ベリトだって同じ立場のはずだ」


 混乱しつつも冷静にそう返すテュール。それに対し、チッチッチと言いながら人差し指を左右に振るテップ。


「全然分かっていないよ。あぁそうだテュールお前は分かっていない。いいか? だいたいこういう時にラブイベントに巻き込まれるのは察しの悪い鈍感系主人公なんだ!!」


 再度ビシッと指をさし、宣言するテップ。ものすごいドヤ顔が腹立つ。そんなテップは尚も言葉を続ける。


「げーんにー! 貴様は今も慎ましやかな美おっぱい2セットと手を繋いでいるではないか!! 反論できるかねっ!!」


 私達をおっぱいでカウントするなー! とリリス。コラ、女の子がおっぱいとか大きな声で言っちゃいけません。


 ししょー、私おっぱいそんなないけど大丈夫? とレーベ。コラ、何と答えても死しか待っていない質問をしちゃいけません。


 やがて視線冷却が完璧に済んだレフィーが無言で扉をくぐり、カグヤも、セシリアを誘って中へと入る。それを見たアンフィス達3人もおじゃましまーす、とこの場から去ってしまう。


 残るはテップとテュールと幼女二人……。


 沈黙が場を支配し、どこからともなく吹きすさぶ無情な風に、木の葉が舞う。


「……あー、すまんテュール。お泊りイベントにテンション上がりすぎた」


「……あぁ、テップ。そんな時もあるさ、さ、中に入ろうぜ?」


 こうして4人もようやくモヨモト達の家に入る。


 そしてテュールが家の中に入り、目に映ったのは異世界と聞いて想像するような中世ヨーロッパ風の内装ではなかった。


 外観を見て薄々気付いていたさ。打ち付っぱなしのコンクリートでできた壁、なんか凸凹した構造、凝った窓の配置……、内装が心温まる朴訥ぼくとつとしたもののわけがないって。


「誰だよ、この超オシャレなデザイナーズマンション的な家作ったやつは……」


 吹き抜けになっているだだっ広いリビング、続くカウンターキッチン、陽光に照らされキラキラと光る透明な階段、照明は可動式のスポットライトだ。


「ん? ワシじゃよ?」


 テュールの独白に近い質問に律儀に答えるモヨモト。


「うぉっ、モヨモトいたのか……。というかネーミングセンスは最低なのに家を造るセンスはあったのな……」


「ホホ、いいじゃろ? 島にいた頃は某DAんんん!! 村を意識したから手作り感ある家にしたんじゃが、こっちはほれ、孫達も住むし、シャレてた方がいいかと思ってのぅ、ホホ」


 ホホ、国中をこれ捨てるんですか? 貰ってもいいですか? と尋ね歩いたもんじゃよ、と懐かしむモヨモト。


「して、そっちの子は友達かの?」


 そう言ってテップを視線に収めるモヨモト。


「あぁ、そうそう。クラスメイトで同じ班に所属しているテップって言う面白いヤツだよ。あぁテップ、こっちは俺の育ての親であり剣の師匠でありカグヤの爺さんでもあるモヨモトだ」


「どうも! テュールくんにはいつもお世話になっています! ステップって言いますが、みんなテップって呼ぶんでモヨモトさんもそう呼ん――、ん? カグヤの爺さん? ん? モヨモト? エスペラント王国の姫の爺さん? モヨモト?」


「ホホ、んむ、恐らくテップ君の考えているモヨモトじゃの。エスペラント王国の初代国王モヨモトじゃ。まぁ今はただの隠居ジジイじゃ、気楽にしとくれ、ホホホ」


「…………」


 あんぐりと口を開いて固まるテップ。おぉー、テップって飄々ひょうひょうとしていて驚く姿あんまり見たことなかったけどこんな顔もするんだな、変なところで感心するテュール。


「おぉ、テュールもよく来たな。――ん? ……おい、お前うちの孫娘に手出すとはやるじゃねぇか? 覚悟はできてんだろうな?」


 リオンがテュール達の来訪に気付き、リビングへ出てくると、まだ繋いだままの左手の先を見て視線を鋭くする。


 流石に親族に見られるのは恥ずかしいのかレーベはパッと手を離し、口を開く――


「手を繋いでただけ。おじーさま、過保護、うざい」


「――なっ! ウ、ウザい……だと? レーベが……、レーベが……、うちのレーベが反抗期だぁぁぁぁ!!」


 雄叫びを上げ床にドンッと両手を突き、嘆くリオン。そんなリオンに無言でつかつかと近付いていくルチア。


 五月蝿うるさいよ!! 四つ這いになったリオンの腹にサッカーボールキックを見舞う。おい、ちょっとリオン浮いたぞ……。


「おや、テュールいらっしゃい。リリスもおかえり~。フフ、リリスはホントテュールによく懐いているね~」


 ツェペシュも賑やかな様子に気付いて出てきたのであろう。そして、テュールと手を繋いだままのリリスを見て微笑みを浮かべる。


「ただいまなのだ! うん! テューくんはいつも優しいから好きなのだ!」


 おい、サラっと好きとか言うな。リリスの言う好きがまぁそういう好きじゃないのは分かっているが、童貞舐めんな。私お寿司好きって言われただけで俺が寿司なのか寿司が俺なのか分からなくなるくらいだぞ! ……俺は何を言っているんだ?


「ていうか、ちょっと待てツッコミが追いつかない。一旦みんな落ち着こう。まとめて紹介するから整列」


 テュールがそう言うと、師匠達がピクリと反応する。


「ほぅ、テュールが俺達に命令する、か。ガハハハ、偉くなったもんだなぁ? えぇ?」


「カァ、テュールも外へ出たらイッパシ気取りかい、まったく男ってのはこれだから……」


「ホホ、まぁそう言うでない。上京して修行から遠ざかれば師匠のありがたみも減るんじゃろ、のぅ?」


「フフ、ファフも呼ばなきゃねー。おーい、ファフ~。テュールがこっちへ来て並べって言ってるよ~」


「――我に並べと? ふむふむ。いいだろう。我を並ばすほどの男になったというのならば並んでやろうじゃないか」


 師匠達5人は不敵に笑いながらテュールの前に並ぶ。それはそれはとてつもない闘気と威圧感を放ちながら――。

「とある英雄達の最終兵器 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く