とある英雄達の最終兵器

世界るい

第55話 あ、ブレンド一つ。砂糖とミルク多めで、あとヌルくして下さい。

 少女たち5人は和気藹々と喋りながら下校する。テュールを囲み半ば連行状態で。


 あれ? これ俺必要? 少女たちの真ん中でそう思いながらも聞き役に徹し適当に相槌を打つテュール。


 そんな和やかな下校途中――


「……最近リリスはししょーに甘え過ぎだと思う」


 少女たちの会話の中から不穏な一言が聞こえてくる。


「……う、うぐ。そ、そんなことないのだ! リリスとテューくんは友達なんだからこれくらい普通なのだ!」


 今もテュールの右手を白くて小さい左手で握っているリリスがそう言い返す。


「ししょーは、もう少し弟子に目をかけるべき。リリスばっかり……そんなの変」


 視線を前方から逸らすことなく歩くレーベが無表情を装ったまま、テュールを責める。


「え? あ、そうだな……。ほら、リリス。レーベが拗ねるからここま――」


「拗ねてない。私はそんな子供じゃない。ただ一般論として弟子をないがしろにするししょーはろくでなしって言いたいだけ」


 レーベにしては珍しくやや早口でテュールの言葉を遮る。そしてそれを聞いてニヤけ始めるリリス――


「なんだ? レーベテューくんに甘えたいのか? ならそう言えばいいのに、ねー? テューくんっ」


 こいつ、自分が甘えているって自供しちゃったよ。「も」って言っちゃったよ……。まぁ、しかし、こんな時に非モテ前世+女子と関わることのなかった転生十ウン年の俺にはご機嫌をどうやって取っていいかなど分から――


「フフ、喧嘩はダメですよ~? 仲良く、ね? こうすれば、ほら仲直りっ」


 なんて思っていると、様子をうかがってたセシリアがひんやりした手でテュールの手を持つ。反対の手はレーベの手だ。そして徐々に近づけ、ピトリ。レーベの可愛らしい手がテュールの手のひらへと収まる。


「む……」


 レーベは何か言おうとするが、途中で口を閉ざし、やや下を向きながら手はそのままに歩みを続ける。


 恥ずかしがってるのか、嬉しいのか、拗ねたままなのか……。女性慣れしていないテュールには判断がつかない。


 が、とりあえず振りほどく様子もなく、文句を言う気配もないのであればこのまま事なきを得よう。悲しいまでの童貞処世術であった。


 しかし、思い返せば前世での学生時代に女子と手を繋いで帰ることなど一度もなかった……。それが入学2日目で叶っている。異世界SUGEEEE!!! しかも二人同時だ。俺SUGEEEE!!! ただし幼女だ……。はいAUTOー。


「るんるん、テューくんと下校っ、下校っ♪」


 ご機嫌なリリスは歌いながらぶんぶんと手を振る。


「…………」


 一方のレーベは静かだが、キュっと握り返された手は放すなと言っているようにも思える。


 後ろからは――


(ヒソヒソ、ヴァナルの奥さん、聞きました? 最近幼女を誘拐する事件が起きてるらしいのよ! 物騒な世の中ねぇ)


(ヒソヒソ、あらあら、アンフィスの奥さんも聞いたんですー? 私も娘の登下校が心配で、心配で! いい年した大人が幼女を……嘆かわしいですわねー)


 バカ二人がヒソヒソとテュールに聞こえるようにそんなことを言い合ってる。


 うるさい。俺も周りからの微笑ましい視線と、ドン引きの視線のブレンドに胃がモタれそうなんだ。


 そんなことを思っているとカグヤが――


「フフ、到着だね」


 ん? 確かに到着だが、ここはモヨモト達の家――。って、あー! そりゃそうだ! モヨモト達の家ってことは今日のパーティに孫ーズであるカグヤ達も呼ばれているに決まっている。ハハ、なんだそうと分かれば――


「いらっしゃい、テュールくん。わが家へようこそっ、と言っても今日から住むんだから私もまだ中には入ったことないんだけどね」


 ヘヘ、と笑ってそう言うカグヤ。


「あぁ、流石に俺も分かっている。カグヤ達もパーティに呼ばれ――、…………へ?」


 遂に俺も察することが出来た。みなまで言うな分かっている。とドヤ顔で言おうとしたテュールは言葉を失う。


「うむ、テューくん歓迎するのだ! これで毎日登下校できるのだー! 楽しみなのだ! フハハハハ!」


「ししょーいらっしゃい。私は弟子だからししょーの家に住むって言ったけど、ししょーは狼だからダメって言われた。でも裏だからすぐに会える。いっぱい稽古できる、よかった」


「フフ、これでテュールさんとたくさんお喋りできますね~、ほら丁度私の部屋があちらで、テュールさんの部屋があちらですので窓を開ければ、ね?」


 そう言って向かい合った家同士の窓と窓を指差すセシリア。


「あぁ、テュール。ちなみに私の部屋はあそこだ。女性の身体に興味津々なお前のために着替える時は窓を魔法でノックしてやる。覗きたければ覗いてもいいぞ? 貸しにも徐々に利息をつけていくがな」


 そう言ってテュールの部屋の窓から斜向いの窓を指差すレフィー。


「な、な、なにー!!!! テュール、お前美少女5人を隣の家に囲うとはなんたる鬼畜の所業だ!! クルードに言いつけるぞ!!」


「へ?」


 テュールの脳が情報を処理しきれていない内に、そんな声が後ろから聞こえてくる。


 振り返るとそこには、今から魔王討伐の旅に出るのか? と聞きたくなるほどの大きなリュックを背負ったテップがいた。


「いや、お前速すぎるし、それよりなにより荷物多すぎるだろ……」


 とりあえず、処理しきれない情報は後回しにして目の前のツッコミやすい所にツッコんでおくテュールであった。

「とある英雄達の最終兵器 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 世界るい

    これはわざとですw

    1
  • Shinki

    多分だと思いますが、AutoとOUT間違えてますよ

    0
コメントを書く