とある英雄達の最終兵器

世界るい

第54話 我が名は魔槍グングニル。全てを貫く者なずべるぁッッ!!

 カインが再度駆け出すとリリスとセシリアとの距離は瞬く間に縮まっていく。


 二人は近付いてくるカインに恐怖し、走りながらも後ろを振り向き、がむしゃらに魔法を放つ。だが、とても集中できる状況ではなのだろう。魔法の威力、コントロール、速射性は見るに堪えないものとなっている。大雑把なリリスはもちろんのこと、元々速射が得意で魔法陣も綺麗に描けていたセシリアでさえ、明らかな歪みや不発の魔法陣すら見て取れる。


 そして、一緒に走っていたセシリアが徐々に減速しながらリリスに告げる――


「ふぅ、これじゃダメ。リリスちゃんだけでも辿り着いて。私はここで先生を足止めします。――振り向かないで!! 走って!!」


 一人は心細いのかリリスの足取りまで重くなったように見える。しかし、普段のぽやっとしたセシリアからは考えられないような鋭い声でそれを叱咤するのが聞こえた。


 そんなセシリアの声にビクリと震え、覚悟を決めたように前を向くリリス。


「う、うぐっ! がんばるのだ……、頑張るのだー!!」


 うん、ありがとう。そう小さく呟くとセシリアは立ち止まり、一呼吸し集中する。そして右手には綺麗な真円を描いた2m級の魔法が一瞬で浮かび――


「ストーム・ブラスト!!」


 セシリアとの距離が10m程に縮まっているカイン目掛けて猛烈な風が吹き荒れる。術者の前方から魔力の風は発生しているにも関わらず、セシリアの体操着は激しくはためく。


 これに真っ向から突っ込んだカインは上体が仰け反るが、地面に足を突き刺し踏みとどまる。そして50cm程の魔法陣を描き、魔力の盾を生成する――


「風か、実体がない魔法ってのは対処が難しいし、こっちが実体である以上影響を受けざるを得ない。足止めには最適だな。咄嗟にしちゃいい判断だ。お前には加点1だ。だが、SSクラスはこれくらいで歩みを止めるほどヤワな道を歩んでないんでな」


 そう言うと魔力の盾は錐状に尖りながらカインの身体を包みこみ、低く構えた姿勢から一気に加速を始める。それはまるで暴風を貫く一振りの槍の如く――


 行く末を見届けてしまっていたセシリアは、暴風の中加速を続けるカインに焦り、次の魔法陣を用意しようとするが――


 ポンッ


「退場だ」


 すれ違い様、肩を叩かれ退場宣言を受けてしまうのであった。


 しかし、その僅かに稼いだ時間で必死に走っていたリリスはテュール達との距離を残り100m程に縮めている。そんなリリスが心配そうに後ろを振り返るとセシリアが突破され、突進してくるカインが見えたのだろう。


「にょ……、にょわー!!  怖いのだー!! もうイヤなのだー!! テューくん助けてー!! うぅ……! うぅ……! うぐっ、えぐっ……、うぅ……」


 遂に一人になって、恐怖心が最高潮に達したリリスは走りながら泣きはじめてしまう。そんなことはお構いなしに迫りくる半裸の教師、逃げ惑う半ベソの幼女。常軌を逸した絵であった。


「ほれ、4人とも死んだぞー!? お前が辿り着いて俺の存在を知らせなければ、何も対処できないまま国がぶっ潰れちまうぞー!? オラオラー!!」


 半裸のオラオラ系教師は、訓告を叫びながら幼女との距離を縮めてきている。


「イヤなのだー!! もうやめて欲しいのだー!! テューくんっ!! テューーくんっ!! なんで! なんで助けてくれないのだ……、うぅ、もぅ、ダメなのだ……」


 そんな声が聞こえる頃には二人の距離は既に数mまで近付いており、一人のいたいけな幼女の顔に絶望の色が浮かび、一人の半裸変態が顔を愉悦に歪め、手を伸ばそうとする。そんな時――


「ぬぉおおりゃーーー!!! うちのリリスをなに泣かしとんじゃーーー!!!」


 テュールの飛び蹴りがカインの横っ面に突き刺さる。


「ずべるぁッッ!!!!」


 ズドンッ!! 真横からの衝撃で進行方向を校舎へと変えられた半裸の教師が錐揉み状に回転しながら壁に突き刺さる。


「テューくんっっ!! うわぁぁん!! 怖かったのだー!! もっと早く助けてほしかったのだー!! だけど来てくれて嬉しかったのだ……。うぅ……うぅ」


 テュールの足にしがみつき泣きじゃくるリリス。


「リリス遅くなってごめんな? 俺もつい教師だからと我慢していたのだが、リリスの怯えている顔と、嗜虐心に染まったカインの顔を見てようやく決心がついたよ。あれは教師じゃない脅威だ、敵だってな。本当にゴメン」


 いいのだ、来てくれたからいいのだ。そう言ってぎゅーっと抱きつくリリス。


 ガラガラガラ……。校舎の壁を崩壊させながら半裸の男が立ち上がる。


「……おい、テュール君や? これはルール違反じゃないかね?」


 土埃で肉体美が茶色に染まった教師がパンパンっと身体を手で払いながらニコリと笑ってそんなことを言う。


 うっ……。どうしよう。確かにふっ飛ばしたのはやり過ぎた気がしてきた……。カインだしいっかって思っちゃったとは言えないし……。テュールがバツの悪そうな顔でどう言い訳しようか考えていると、隣から――


「せんせー、撤退戦非常に有意義だと思いますー。俺も脅威側になって殲滅してみたいでーす」


「はーい、ボクも大賛成ですー。脅威側楽しs……、から見た撤退の良し悪しを感じ取りたいので脅威側やってみたいでーす」


 アンフィスとヴァナルが助け舟を――! 助け舟を……? 助け船ェ……。


「ほぉ、そうか。意欲的な生徒は大歓迎だ。さっきは一人の脅威に対し、5人の味方がいたが、戦場ってのはいつもそんな甘くはない。数の不利なんて当たり前だ。お、ちょうど元気が有り余ってそうなテュール君、きみが情報をベリト君とステップ君に持ち帰りたまえ、脅威側は俺とヴァナル、アンフィスでやろう。3対1だ。まぁ戦場ではあって当然な状況だな。二班は見学がてら休憩していたまえ」


「そん――」


 リリスをはじめ、駆けつけた他の少女たちから流石にそれはと抗議の声が上がりかけるが、テュールはそれを制する。


「いや、今回のは俺がでしゃばり過ぎたんだ。まぁそれにこのルールならそんな危険もないから――」


 テュールがそう言いかけているとカインは思い出したような顔で――


「おっと、言い忘れてた! 男連中の時は気絶したら死亡扱いな? つまりお互い魔法あり、直接攻撃ありだ。本当に死んだら俺が叱られるから殺しはしないぞー。安心しろ」


 そんなことを言う。


「…………。すみません、ベリト君を仲間に入れたいんですけど、それが無理ならテップ君だけでも……」


 すみません、持病のひざがしらむずむず病が酷くて……、とベリト。


 すまないテュール、俺は女の子の前で負けると分かっている戦いには参加しないで済むならしない主義なんだ! とテップ。


 おい、心の友たち……?


 こうして、結局3対1で始まった撤退戦と言う名の殲滅戦はテュールが善戦したもののやはり数の暴力には勝てず最終的にボコボコにされる。そんなテュールはタイマンでいつか借りは返すと心に強く誓うのであった。


 それから何回か脅威側、撤退側の人数を増減したり、入れ替えたりしながら撤退戦を繰り返す。やがて時間になると――


「うーし、ここまでだ。カカカ、逃げるのがどれだけ難しいか分かったろ? 逃げる時ってのは大抵相手の方が格上だったり、人数が多かったりと不利な状況だ。常にチームで逃げることを想定して動けよ。まぁ何度か訓練して要領が掴めてきたら遮蔽物の多いところでもやるからな。脅威側も情報を握られた相手をおめおめと逃すなんてことはできないから逃がさないような動き方を覚えていくぞ。つまり俺の授業はしばらく鬼ごっこと隠れんぼばっかりだ。な? 俺の授業は遊び心満載で楽しいだろ?」


 そう言って笑う半裸の教師。あなたいい加減服着て下さいません? とは思うがどうせ他人の意見など聞きそうにないカインには言っても無駄だろうと言葉を飲み込む。


 よーし、戻るぞー。そう言って訓練場に戻る背中を見ながらルーナ先生に怒られてしまえ、と思ってしまうテュールであった。


 そして――


「カイン!! 貴様、どこへ行っていた!! 移動するなら私に一言伝えてから動け!! それになんだその格好は!! 生徒の前で――ガミガミガミガミ!」


 案の定怒られていた。


 何はともあれこんな感じで初めての授業が終わり、ホームルームが済むと放課後となる。そこで昼休みに家に戻った時ルチアから言われたことを思い出す――。


「あっ、そうだ。今日俺の家族の家が完成したんで祝いのパーティをやるって言ってたんだ。折角だしテップも来ないか?」


 そう誘うテュール。


「おぉ~、いいね! そうとなれば家に戻ってお泊りセットを持ってこなければ! 場所を教えておいてくれ!」


 一切の遠慮を見せず泊まる気満々のテップが勢いよくそう言う。まぁ、別に部屋は余っているからいいけども……。


 ほい、ここな。テュールが学校からの道筋と近くの目印になる建物を教えるとテップはすぐさま駆け出す。あいつ元気だなぁ。


 そしてアンフィス、ヴァナル、ベリトと教室を出ようとすると――


 少女たち5人が待っており――


「さ、帰ろ?」


「??? ん? お、おう?」


 あれ、おかしいな? 5人はたしか宿暮らしで方角もバラバラだったはずだが……、そう思うも少女たち5人は自然に歩きはじめ、リリスに至ってはテュールの手を握り、引っ張り始める始末だ。ちょっと他の生徒からの視線が恥ずかしい……。


 まぁ、どうせテップも準備に時間がかかるだろうから送ってってもいいか、なんて思ったテュールは5人と歩き始める。


 その後ろを歩く3人がそれはそれはニヤニヤしていたことに気付かないまま――

「とある英雄達の最終兵器 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く