『ミナ』 ~吸血鬼に愛された人間~

しげぞうじいさん

2節

 緊迫した空気が流れる。この男は話すだけでも無駄な動作が無い。確実に達人の域に達している。私たちの師匠でもそこまで行けなかったという。そんな相手に私たちは勝てるのだろうか。いや、勝つんだ!何の為に辛い修行に耐えてきたのだ!
 私たちは同時に攻撃を仕掛けた。五方向からの集中攻撃、かわせるものならかわせてみろ!
 男に剣が届く刹那の瞬間、私は時の流れがゆっくり感じた。そして見えた。男が攻撃する瞬間を。背中から地面に向かって倒れ、手で受け身を取り、足を使って、五方向からくる私たちの顎に蹴りを喰らわせた。攻撃を喰らって立ち上がるまでその感覚は続いていた。ゆっくりと攻撃を受けたことを味わった。私達は怯んだ。だが、すぐに体制を立て直した。
「これ以上、俺に無駄な戦いをさせるな。お前たちを殺したくない。だから早く、去れ」
 今までは本気ではなかったのだろうか。殺すという言葉は私たちに恐怖を植え付け体を震えさせた。
 しかし、ここまで来て逃げ帰れるものか。私たち手には村の運命がかかっているのだから。
「なめるなぁ!」
 一人が男に斬りかかった。男はそれを軽くかわすと、一人の腹を思いっきり殴った。殴られた衝撃でそいつは後ろに大きく飛び、そして崖に落ちていった。叫び声が崖の下から聞こえてきた。
「貴様ぁ!」
 もう一人が男に斬りかかった。しかし、そいつも同じ運命をたどった。顔を掴まれ、めり込むほど地面に叩きつけられた。頭が割れたのか、頭から血が飛び出していた。
「……これでもまだ挑むつもりか?」
 男は血に濡れた手を持っていた布で拭いた。
 私たちは勝てない……絶対に……!
 その言葉が頭に浮かんだ。私たちでは吸血鬼はおろか、この門番にすら勝てない……!でも、殺るしかない。私たちに戻る道などないのだから。
 剣を持つ手が震える。そこにある絶対的な死を目の前にして怯えているのだ。
 それを見た男は、再び構えの姿勢に入った。斬りかかろうにも足が動かない。足も震えている。
「こい、次で楽にしてやる」
 男は動かない。動けば私たちは一瞬で殺られてしまう。でも、その前に……!
 私を除いた二人が男に向かって行った。
「駄目……!下手に動いたら……!」
 私の声が聞こえなかったのか、聞こえていても勝手に体が前に進んだのかわからない。二人は突進していった。
「……残念だ」
 男は近づいて来た二人の剣を素手でたたき折ると二人の腹に文字通り手を突き刺した。空いた穴から血が流れる。二人の口から血が噴き出す。もう二人は助からないだろう。
 突き刺した手を抜いて、二人を地面にやさしく降ろす。そして男は手を合わせた。まるで祈っているかのように。
 残った私は手も足も震えて動かなかった。
全滅だ……私たちの人生はここで終わった。男はこちらを向き、かかってこいと言っているのだろうか。手で合図した。
 しかし、たとえ刺し違えてもあいつは倒さなければいけない。私たちが殺られたと知った村の人はまた新しく討伐隊を組むだろう。その人たちが確実に吸血鬼を退治出来るようにここであいつを倒す。絶対に!
 私は深く深呼吸をして、体制を整えた。……覚悟は決まった。私は男に向かって一直線に走った。
 剣を突き刺すようにして持つ。横に避けても間髪入れず横なぎの攻撃に変換できる構えだ。これで決める。
 男はゆっくりと剣の横に避けた。だが無駄だ。師匠が編み出したこの技は避けられない。私は男のいる方向に横なぎの攻撃を繰り出した。
 だが、現実はそんなに甘くなかった。男は私の剣をたたき折ると、私の頭を掴んだ。足が地面から離れる。首だけで全身の体重を支えている。苦しい……でも、私は諦めない!
 背中に隠していた短剣を男の首に刺した。勝った!そう確信した。
「パキン!」
 そんな音が響いた。な、に……?私は確かに男の首に短剣を刺した。でも、負けたのは短剣の方だった。男の体には傷一つついていなかった。
 そんな……!最後に一矢報いることも出来ないのか……私は諦めた。ここで私の人生は終わるのか。辛い修行ばかりで楽しいことは何一つ出来なかったな。走馬灯のように今までの記憶がよみがえる。私は死を覚悟した。
「……合格だ」
 男はそう言って私の頭を離した。予想外の出来事なので、私は受け身を取れずに背中から地面に倒れた。一体何が起きたのだ……?
「お前の意志は確かに俺に届いた。さあ、中に入れ」
 何を言っているのだこいつは……?私は理解できなかった。
「お前なら中の化け物に屈したりはしないだろう」
 私は急いで体制を立て直し、距離を取った。まだ、あの男を倒していない!
「もう、お前とは戦わない。お前は試験に合格した。だから中に入れ。主は最上階にいる」
 男は門の扉を開けた。
「お前は、門番ではないのか!?」
「門番だ。俺は中にいる化け物を外に出さない為にいるのだ」
「何を言って……」
「我ら李一族が封じた化け物を世に出さない為に俺はここで門番をしている。だが、人の子よ。お前の運命がここで変わり、俺の目の前に現れたら、その時は再びこの門をくぐることは叶わないだろう」
 男はそう言って最初にいた場所に戻った。
 私は男が何を言っているのかわからなかった。だが、門は開いた。後はこの中にいる吸血鬼を……化け物を倒すのみ!
 私は唾を飲んで、門をくぐった。くぐると男はガシャンと音を出して門を閉めた

「『ミナ』 ~吸血鬼に愛された人間~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く