『ミナ』 ~吸血鬼に愛された人間~

しげぞうじいさん

14節

 そうか……あいつがこの近くにいるのか……お前の事を私は一瞬一秒足りとも忘れたことはない。だからお前を必ず殺す。絶対にだ。もう、私や妹のような存在をこの世に出させるわけにはいかない……首を洗って待っていろ……

 私はヒイさんからまた掃除を頼まれたので、城内を掃除していた。玉座の間は掃除しなくていいのかと聞いたが、玉座の間はカーミラ自身が掃除しているらしい。本当に人間のようだ。
「これからあなたに教えた場所はあなたの掃除担当場所です。もう私に聞かなくてもいいぐらいにピカピカに掃除しなさい」
 そう言うとヒイさんは自分の掃除場所に戻った。
 一階の広間と二階は私の掃除場所か……広いな、などと考えていた。
 ヒイさんに言われた通り、私は出来る限り綺麗に掃除した。掃除が終わった頃はもう外が赤くなっていた。
 晩御飯の時間になり、私は食堂に行った。するとそこにはまたカーミラがいた。
「お、来たか。待ちわびたぞ」
「食事しなくても生きられるんじゃなかったんですか?」
「いやなに、食事は私にとって娯楽のようなものだ。別に必要ではないが、今夜は皆で食べたい気分なんだ。さあ、お前もこっちに来い」
 カーミラに言われて私は隣に座った。
「よし、今日は食べるぞ、飲むぞ!」
 そう言うと皆は
「オー!」
と返した。
 私は予想外の事なので固まっていた。カーミラが葡萄酒を飲んで少し酔っぱらっていた。
「なんだミナ。お前ちっとも食べていないじゃないか。もっと食べろ。おい、ミナにもっと食べ物を与えろ!」
 酔っ払いの絡みのようにカーミラは私に抱き着いてきた。
「どこ触ってるんですか!?」
「いいじゃないか、今日は無礼講なんだ。好きにさせろ~」
「お嬢様はいつも好きにしているじゃないですか!」
「冷たいな~、なあヒイ、フウ、ミイ、ヨウ?」
「いや、お嬢様が悪いです」
 四人とも同じタイミングで同じセリフを言った。冷たい……この人達の方がよっぽど冷たい……!
「私に味方はいないのか~!」
 カーミラは大声を出して叫んでいた。皆それを見て笑っていた。
 その日の晩はとても賑やかな食事だった。まさかカーミラが葡萄酒で酔うなんて思わなかった。それにフウさんと料理の取り合いをしているなんて。どちらも負けずに取り合っていたが、最終的にはカーミラの胃袋に収まった。フウさんはがっかりして葡萄酒をたらふく飲んでいた。私は自分の部屋に戻り、明日の事を考えていた。明日、私が村に帰ったら皆どんな反応をするんだろう……驚くかな、連絡もしないでこの城で働いているなんて言ったら。
 私は想像を膨らませて布団に入り、眠った。そう……明日が鬼門だ。カーミラが吸血鬼だとバレないようにしないと……
 考えはそこで切れた。

 もうすぐあいつと戦う……それは避けられないな。ミナの為に、私たちの為に。
 部屋で夜風を体に浴びていると李狼が来た。
「眠れないのか?」
「ああ、どうやら緊張しているようだ。全くこれほど緊張することなどこの五百年なかったのにな。懐かしい気分だが、気持ちが悪い」
「そうか。だが体調だけは万全に整えておけ。お前は死闘を繰り広げるのだからな」
「なんだ、まるで私の未来がわかっているかのような口ぶりだな。もしかして千里眼なんかを持っているのか?」
「似たようなものだ。気にするな」
「ふん、その目には私は生き残っているのか?」
「さあな、俺に聞くより実際に体験した方が早いだろう。さっさと寝ろ」
 そう言って李狼は部屋から出て行った。
 私はしばらく風を浴びてそれからベッドに入った。もうすぐだ……

「『ミナ』 ~吸血鬼に愛された人間~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く